School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

フィリピンが全国規模でインターネット環境を整備|無料Wi-Fi網の構築に向け約67億円を投入

Wi-Fi

経済成長が著しく進むフィリピンですが、たびたび問題視されているのがインターネット環境の不安定さでしょう。

これについてはフィリピン政府も課題として考えており、これまでも積極的に改善の姿勢を見せてきました。

そしてついに、フィリピン政府は全国規模でのインターネット環境整備に乗り出し、国内の無料Wi-Fi網の構築に向けて、30億ペソ(約67億円)を投入していきます。

【PR】

1万3,000ヶ所のWi-Fiスポットを設置予定

ドゥテルテ大統領は、昨年の一般教書演説にて全国をカバーするブロードバンドネットワークの構築を公約の一つに掲げていました。

それに基づいて、情報通信技術省が中心となって、都市部だけでなくルソン島の農村部やビサヤ島、ミンダナオ島でもネット環境の整備を進め、今年度中に1万3,000ヶ所のホットスポットを設置することを計画しています。

また情報通信技術省によると、現在のホットスポットは318ヶ所で、今後は学校、病院、空港などの公共施設を中心に無料Wi-Fiスポットを設置していくようです。

実際にフィリピン政府は6月24日に、マニラ首都圏を通る全長24キロのエピファニア・デ・ロス・サントス(エドサ)通り沿いで、試験運用を開始しています。

今後のインターネット環境の改善に期待

フィリピンに滞在された経験がある方であればご存知かと思いますが、フィリピンのWi-Fiは非常に不安定で、日本のようにスムーズにインターネットに接続できないことが多いです。

Wi-Fiありのホテルでも昼間しか利用できなかったり、ロビーでしか利用できないといったことも多々あります。

今回の政策によって、フィリピンのインターネット事情が改善されることに期待です。
(参照:Business World Online

留学のギモンを解消!はじめての留学ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

School With 留学ブログ編集部

School With 留学ブログ編集部

School With 留学ブログ編集部です。一人ひとりのベストな留学の実現を目指すべく、留学生活や英語学習などに役立つ情報を発信しています!

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。