School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

ハワイ観光するなら必見!ハワイ・ホノルルの基本情報・オススメな楽しみ方まとめ

ハワイ

Hello!!ライターのルルです。
私はハワイが好きすぎて、毎年ハワイへ旅行にいきます。最近は1ヶ月ほどまとまって滞在することが多いですね。

ハワイ、海も綺麗でのんびりできて、本当にいいところなんですよ!
もっと多くの方にハワイの魅力を知ってもらいたい!!

そこで、今回はハワイってどんなところなのか、基本情報からオススメな楽しみ方までまとめて紹介したいと思います。これから初めてハワイへ旅行や留学をする予定の方、ぜひ読んでみてください!

【PR】

132の島でできている?ハワイの基本情報

ひとことでハワイと言っても実はとても大きくて、132の島から出来ているのはご存知でしょうか?

その中でも観光客が訪れるのはハワイ島、オアフ島、カウアイ島、マウイ島、ラナイ島、モロカイ島です。皆さんがイメージする「The ハワイ」は、ダイヤモンドヘッドがあり、この木なんの木があり、ホノルルマラソンが行われるオアフ島が一般的です。

日本とハワイの時差は?

日本とハワイの時差はマイナス19時間。日本が深夜0時の場合、ハワイは日付が戻り前日の早朝5時です。夜に空港を出発したのに、また朝からやり直せる感覚なので1日得した気分になりますよ!

ちなみにハワイではサマータイムを導入していないので、1年を通してマイナス19時間となります。

日本からハワイまではどれくらいかかるの?

日本からホノルルまでは飛行機で7時間程度。機内食を食べて、映画を2、3本みていればあっという間に着いてしまいますよ。しかし、時差が19時間あるので、現地に着いてから時差ボケにならないように、飛行機の中で寝ておくのをオススメします。

ハワイにも寒暖の差がある!

ハワイのビーチ

ホノルルは常夏の国、いつでも半袖短パンで過ごせる気候ですが、その中にも寒暖の差があります。雨季、乾季、ハリケーンが多い季節もあるんです。

わたしが1月にハワイへ行った時は水温が低く、紫の唇になりながらプールに入ったことがあります。基本的には4月から9月が乾季、10月から3月が雨季となります

日本とは違い、バスやスーパーの中は冷房がガンガンに効いているので、羽織物を持ち歩くことをオススメします。私は寒さに耐えられず、気に入りもしないパーカーを現地で購入する羽目になったことがあります(笑)。

ホノルル市内の交通手段はバスが便利!

ホノルルでの移動方法はトロリーやタクシーを利用することが多いと思いますが、ザ・バスというとても便利な公共交通サービスがあります。

乗車料金は2ドル50セント。地元の方も通勤や通学で利用しているので路線や時間によっては混むこともありますが、慣れてくれば簡単に乗り降りできるので、是非利用してみてください。

ハワイ・ホノルル観光を楽しむ4つのポイント

ハワイ

ホノルルの街は、色々な国からの観光客がいて日本語、英語、韓国語、タイ語など多国籍な言葉が聞こえてきます。現地で働く方々も日本人や日系人が遠く日本語が通じるお店も多いです。

英語が出来なくても安心して海外旅行できるのがハワイです。

1)ハワイの綺麗なビーチを堪能しよう

ハワイと言えば、なんといっても海でしょう!たくさんの綺麗なビーチを楽しめるのがホノルルのいいところ

1番賑わっているのはやはりワイキキビーチです。所狭しと敷かれたゴザに、日焼けをする人や砂遊びをする子供達は平日でも土日でもいっぱいです。

またワイマナロビーチは白砂とエメラルドグリーンのコントラストが美しいく、観光客があまり行かないビーチですが一見の価値ありです。2015年の全米No.1ビーチに選ばれたこともあります!

ワイマナロビーチ(Waimanalo, Hawaii)
ワイマナロビーチ(Waimanalo)

アラモアナビーチもオススメ。近くに大型のショッピングセンターであるアラモアナセンターがあり、ワイキキからほど近くアクセスも良いため、お買い物帰りの海遊びにもバッチリ!波が穏やかなので、家族連れにオススメのビーチですね。周辺のカカアコ地区はここ最近開発が進んでいて、散策するのも私の楽しみのひとつです。

このほかにも、カイルアハナウマベイノースショアなどたくさんのビーチがあるので、ハワイで自分のお気に入りのビーチを見つけるのもいいですね!

2)ハワイはショッピングも楽しい!

ハワイにはショッピングセンターから個人経営のセレクトショップまで、お土産を買い場所に困ることはないでしょう。特に、ホノルルでショッピングを楽しむなら、ホノルル最大のショッピングセンター「アラモアナセンター」が1番のオススメ。先ほど紹介したアラモアナビーチの近くです!レストラン・カフェ・バーを含む、およそ340もの店舗が集まっています。

ホノルル最大のショッピングセンター「アラモアナセンター」

ノードストローム、ニーマンマーカス、ブルーミングデールズと高級店がずらりと並び、ハイブランドからサーフショップ、子供服など揃わないものはないですね。観光客から地元の方までいつも人で賑わっています。ハワイでしか手に入らないお土産もあるので、ぜひ色々探してみましょう!

アラモアナセンターに新しくできたエヴァウィングには、日本でも人気のルルレモンやイヴァヴァなどのヨガウェア専門店もオススメです。まだまだ拡張工事が続くアラモアナセンターに目が離せません!

3)いろいろなジャンルの食事も楽しめちゃう!

ホノルルではあらゆる国の料理が食べられます!アメリカンな食事に飽きても心配要りません。日本人シェフの作る日本食はもちろん、韓国料理もベトナム料理も美味しいお店がたくさんあります。

韓国料理でのオススメのレストランはアラモアナの近くにある「ソラボル」。こちらのケジャンが最高に美味しくて、手も口も真っ赤にしながら無心に頂くケジャンは最高です。

イタリアンでは「アランチーノ」がオススメのレストラン。テラス席があるので小さなお子様連れでも気兼ねなく入ることができ、ぬりえやクレヨンをくれるキッズフレンドリーなお店です。何を食べてもはずれがないのですが、生ウニのクリームパスタは絶対に外せない美味しさです。

4)ホテルでのんびり穏やかな時間を楽しむのもオススメ

ザ・カハラホテル
Photo by : THE KAHALA

ハワイにはワイキキのような賑やかな町だけではなく、穏やかな時間が流れる町もあります。

「ザ・カハラホテル」はワイキキの喧騒から離れ、大人の雰囲気で心を解放することができるオススメのホテル。ダイヤモンドヘッドの東側、高級住宅街のカハラ地区に位置しています。

わたしはホノルル滞在中の3日間は、必ずカハラホテルで過ごすことにしています。あえて賑やかなワイキキへは行かず、ホテルの中でのんびり過ごせるのも、ハワイを楽しむ醍醐味。

ロビーに踏み入れると、シンボルにもなっているベネチアングラスで作られた大きなシャンデリアがあり、とても優雅で落ち着いた雰囲気。ホテルの中で日頃の疲れを癒し、のんびりと贅沢な時間の使い方ができる素敵なホテルは、ワイキキとは違った過ごし方ができますよ!

ハワイのオススメ観光スポット

カイルアタウン

カイルアタウン(Kailua-Kona)

カイルアタウンはホノルルの北東にある街。ワイキキからはバスで50分、車だと30~40分ほどの距離にあります。ツーリスティックなワイキキを離れ、ローカルなハワイの雰囲気を味わいたい人にオススメのスポットです

カイルアビーチからしばらく行くと、そこは天国の海と呼ばれる絶景「ラニカイ・ビーチ」が広がります。そこまで自転車を借りて爽やかな風を感じながらのサイクリングは、最高に気持ちがいいですよ!アップダウンの激しい坂道が多いので、電動自転車だと便利。

わたしは「カイルアバイシクル」で自転車をレンタルをしました。小さい子供がいたのでどうしたら良いか尋ねたところ、後ろにチャイルドシートをつけてくれました。まさかのハワイでママチャリ仕様です!

またカイルアにはたくさんの雑貨屋、洋服屋があり、ショッピングも楽しめます。カイルアタウンに観光で来る際は、パンケーキがオススメのお店「ブーツ&キモズ」へぜひ立ち寄ってみてください!マカダミアナッツパンケーキが絶品ですよ!

■カイルアバイシクル

URL kailuabicycle.com/
営業時間 9:00〜17:00
定休日 祝日
住所 18 Kainehe St, Kailua, Hawaii 96734, USA.

■Boots & Kimo's ブーツ&キモズ

URL bootsnkimos.com
営業時間 7:30〜14:00(土、日曜日 7:00〜14:30)
定休日 火曜日、11/26、12/25
住所 151 Hekili Street, Kailua, HI 96734

ザ・カハラホテル ドルフィンクエスト

ホノルル市内にあるザ・カハラホテル&リゾートでは、ラグーンでイルカと触れ合うことができるプログラム「ドルフィンクエスト」が開催されています。

水族館のようにあふれる人にまみれることなく、ゆったりとイルカと触れ合うことができるんです!わたしは日本からあらかじめ予約をしていきました。子供が5歳だったので、海に住む生き物について少しお勉強をしてから、イルカに餌をあげたり触ったりするプログラムに参加しました。

この日は2組だけの予約だったので、1人1頭ずつイルカを独り占め状態!イルカに手渡しで餌をあげて撫でて写真を撮って、私も子供も初めての経験に大興奮しました。11歳以上の場合は、イルカと一緒にラグーンの中に一緒に入って触れ合うことも出来ますよ!

■ザ・カハラホテル ドルフィンクエスト

URL dolphinquest.com
住所 5000 KAHALA AVE HONOLULU, HI 96816-5498

ワイケレ・プレミアム・アウトレット

ワイケレ・プレミアム・アウトレット
Photo by : Google Map

お買い物好きな方に是非おすすめしたいのが「ワイケレ・プレミアム・アウトレット」です。誰もが知っているような人気のアパレルブランドが、驚きの割引率で販売されていますよ

日本で人気のUGG、ラルフローレン、バナナリパブリック、アディダスなどもあります。子供服はカーターズやジンボリーが可愛くてオススメ!わたしは古くなったスーツケースを、アウトレットのTUMIで買い換えてから帰国しました。

掘り出しものがたくさん眠っているので、半日かけてじっくり欲しいものを探すのも面白いですね。

■ワイケレ・プレミアム・アウトレット

URL premiumoutlets.com
営業時間 9:00-21:00(月〜土)、10:00-18:00(日)
定休日 年中無休(12月25日を除く)
住所 94-790 Lumiaina Street Waipahu, HI 96797

ローカルなハワイも楽しもう!

せっかくのハワイ、ガイドブックに載っている観光客ばかりのお店ばかりでなく、ローカルなお店に行ってみるのも楽しみのひとつです!

わたしはレストランでたまたまお隣の席になった地元のマダムと話す機会があり、オススメのハンバーガー屋「W&M B-B-Q Burgers」を教えてもらいました。お店の窓口でメニューをオーダーするローカルスタイルに驚きましたが、わたしの中では本当にハワイで1番美味しいハンバーガーとなりました!

また地元のスーパーで食材を買って、自分で調理するのもとっても楽しいですよ。見たことのないハワイの調味料や食材を見比べるのも新鮮です。

ツーリスティックなハワイだけではなく、ぜひ気になるものには色々飛びついて楽しんでみては?


いかがでしたか?
ハワイはまだまだここでは紹介しきれないほど、たくさんの魅力が詰まった場所。

行く度に新たな発見があり、何度も私を楽しませてくれます!
みなさんも、ぜひおもいっきりハワイを楽しんできてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

ルル

ルル

ハワイに延べ20回以上渡航した経験。子供が生まれた今では、1ヶ月以上のロングステイをすることが多いです。夫は日本にいるので、母と子の二人でホノルルに滞在しています。旅行というより、「暮らす」ハワイを堪能中!

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。