School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

セブ島でエンジニア留学?初心者が英語とプログラミングを学べる語学学校「NexSeed」の授業レポート

はじめまして。
School With 編集部の三上です。

フィリピンにある語学学校には、英語のみならず、特殊なスキルも合わせて学べる学校がいくつかあるんです。その中でも個人的に特に興味深いのが、プログラミング

英語とプログラミングはこれからの時代に必須なスキルだとか、よく聞きますよね。
それらを一度に学べる学校が、なんとフィリピンのセブ島にあるんです!

今回はそんなエンジニアに特化した留学プログラムを初心者向けに運営している、「NexSeed(ネクシード)」さんを取材してきました!!

「英語もプログラミングもどっちも勉強したい!」そんな欲張りな方は、ぜひチェックしておくべきですよ。

それではさっそく行ってみましょう!

【PR】

NexSeedのエンジニアコースとは?

「NexSeed(ネクシード)」はフィリピンのセブ島にある語学学校。場所はセブ市内の中心地、「ビジネスパーク」という超好立地。

NexSeedの一番の特徴は、英語とプログラミングを同時に学べるエンジニア留学コースがあること。カリキュラムは以下の2つがあります。

iPhoneアプリ開発コース 3ヶ月でプログラミング言語「Swift」を用いたアプリ開発を学びます。
WEBサービス開発コース 3ヶ月でプログラミング言語「PHP」を中心にした、WEBサービス開発を学びます。

どちらのコースに属していても、3週目までは共通で

  • ・WEBの仕組み
  • ・HTML / CSS
  • ・必要な情報の集め方(つまりは”ググり力”)
  • ・サーバーやデータベースなどへの理解
  • ・PHPの基礎

など基本的な部分を学び、4週目から希望によりWEBコースとiphoneコースに別れます。3ヶ月後には簡単なWEBサイト or iPhoneアプリを、チームで作れるレベルを目指すそうです。

また、半年間でアプリとWEB開発をみっちり学ぶ「WEB×iOS長期コース」もあります。

もちろんエンジニア留学コースはプログラミングだけでなく、英語のマンツーマンレッスンも受けることができますよ。

午前中に50分のプログラミング授業を3コマ、午後に英語の授業を3コマ、その逆のスケジュールもあるようです。

さっそくエンジニア留学コースの授業へ潜入してみた!!

今回見学したのは、留学開始から3週間目のクラス。2日間だけ見学させてもらいました。

すでにHTMLとCSS、WEBの仕組みなど基礎的な部分は学んでいて、これからデータベースやサーバー周りを勉強していくとのこと。

こちらは教室の様子。現在留学生は12名。基本的に1クラス15人の少人数を、2〜3人ほどの先生が担当・サポートするようです

せっかくなので僕も授業に参加してみました!!

ちなみにプログラミング経験はほとんどありません。完全なる初心者です。HTMLやCSSはなんとなく分かるレベル。ですが、以前からエンジニア留学は興味があったので、取材できるのを密かに楽しみにしていたのです!!

でも途中からなので、ついていけるのかな・・やや不安。

まずは初日の授業の様子

こちらが本日の授業内容。まずはFilezilla(ファイルジラ)を用いて、ローカル環境からレンタルサーバーにデータをアップロードする方法を学ぶようです。

なるほど、聞いたことはあるな、さーばー。さっぱり分かんないけど・・(笑)。

授業ではスライドを用いて丁寧に解説していきます。ちなみにプログラミングの授業は日本語なので、英語ができない人も安心してくださいね

授業で使う資料は、事前にGoogleドライブやGithubなどを用いてネット上で共有しているようです。予習も復習もスムーズにできるようになっています。

講師の方々も生徒の進捗を小まめに確認していきながら、授業を進めていきます。

えええ、何どういうこと?全然よくわかんない。。謎に設定がうまくできない・・早くも苦戦。頼む誰か助けてくれ〜!!

そんなときも安心。分からないことがあっても、講師の方に直ぐに聞いて疑問を解決できます。

「なるほど。それならここをこうして、こうして、と。はいもう大丈夫ですよ!」

「うおおおぉぉ!なるほど!!そんな風に解決するとは!」

講師の方がフォローしてくれたおかげて、何とか解決しました。エンジニアの方って魔術師か何かなの?スゴすぎ。

僕が途中から参加したというのもありますが、授業の進むスピードはなかなか早く感じましたね。予習や復習は必須なようです。どうしても分からなければ、休憩時間や授業の後でも気軽に講師の方に質問できますよ。充実したサポート体制ですね!

休憩中の様子。休憩中でもみなさん真剣に勉強したり、作業の進捗を話しあってたり。

わざわざフィリピンまで来て勉強しに来ているということもあり、エンジニアコースの方の勉強へのモチベーションはかなり高いようです。みんな意識高いな・・

今日は他にもバージョン管理ツールのGITについて、基本的な用語解説からコマンドの使い方を練習したり、ソースツリーの使い方を勉強したりと、盛りだくさんな内容でした。

そして宿題も結構でました!!明日までの授業でやってこなくてはいけないようです。大変ですね。

エンジニア留学コース見学二日目

さて二日目の授業にも参加してきました。

まずは昨日出された宿題の確認と、授業内容を軽く振り返り、新しい内容にはいっていきます。今回は簡単なオンライン投稿掲示板に機能を追加していくみたいです。(既に以前の授業である程度完成していたよう。)

こちらが今回授業で扱う掲示板のイメージ。
「ニックネーム」と「つぶやき」を投稿する機能があるようです。

どうやら、投稿内容を編集したり、この掲示板の特定の部位につけたリンクが押されたのか確認する機能を、プログラミング言語「PHP」や「SQL」文でつくっていくみたいです。まぁよく意味がわかりませんよね。

で、出た〜!!なんか知らないけど、黒くてカッコいい画面!!でも全然わからん!!

みなさんこれまで以上に真剣な眼差しです!!

SQL文を使って編集したいデータを習得し、編集を実行する機能を実装したり、データをどう処理していくのかを学んでいます。
ある程度できたら、これから掲示板を自分風にアレンジしていくようです。

僕も最後の方になってきてようやくPHPの意味や使い方が分かってきました!
少しでもわかってくると一気に楽しくなってくる!!プログラミング超楽しい!うわ~僕もこのまま留学したい・・

来週からはこちらのクラスも、留学開始から4週目。来週以降の授業では希望に応じてiPhoneアプリ開発コースと、WEB開発コースに別れます。Swift or PHPをより深めて学んでいき、個人やグループで実際に制作の演習をしていくようですよ。

みなさん3ヶ月後には立派なエンジニアの卵になっているのでしょう!!
とても楽しみです!

エンジニア留学コースを担当している先生がたをご紹介!

今回お世話になった、エンジニア留学コースを担当している先生がた!
左から平井さんと、一戸さん。お2人とも超ベテランのエンジニア。

平井さんは日本とセブ島にて活躍中のフリーランスエンジニア。プログラミングの勉強を初めたのは大学時代。このエンジニア留学の立ち上げに大きく貢献されたとのことです。

一戸さんは、ニュージーランド・オーストラリアでも開発経験があるベテラン女性エンジニア。OracleMasterももっているとか。PHP、JavaScriptを始め15以上の言語使用経験を持っていて、とにかくすごい。

丁寧に教えていただき、ありがとうございました!

英語マンツーマンレッスンにも参加してみた!

エンジニア留学コースでは、プログラミングはもちろん、英語の授業も同時に受けることになります。1回50分のマンツーマンレッスンの授業を、1日3回受けることができます

こちらがマンツーマンレッスンの教室。ブースで区切られているようです。

ブースは先生によってだいぶカラーが異なるようですね。

僕もマンツーマンレッスンに参加させてもらいました。

今回のレッスンでは、文章のリーディングから発音の練習をしました。リーディングをして先生が違和感を感じた「she」と「see」の発音をひたすら練習!

めっちゃムズいですね・・あんま発音とか意識してこなかったし、でもとてもためになりました。英語も勉強し直さないとな・・

ラウンジの様子。留学生が授業の合間に休憩したり、勉強したりするスペースです。

休憩スペースにある本棚には、たまに技術書も入荷するようです。

留学生にエンジニアコースを選んだ理由を聞いてみた!

せっかくなので、エンジニア留学の学生に話を聞いてみました。

世界で活躍するプログラマーに

沖縄県出身の豊永一心さんは、NexSeedに6ヶ月留学予定です。今年の6月末から12月にかけて、WEB開発コースとiPhoneアプリ開発コースのどっちも受講します。

- どうしてエンジニア留学されたんですか?

もともと、いつか海外で活躍するプログラマーになりたい!と思っていました。NexSeedのエンジニア留学では、プログラミングと英語の両方を学べます。自分の夢を最短で実現できる手段だと思い、ここに留学することを決断したんです。

- 留学生活はどうですか?

先生がたは教えるのも上手いし、授業で使う資料や議事録もあるので、勉強しやすい環境だと思います。先生に質問すればすぐ聞ける環境があるのもありがたいですね!

自分の手でWEBサービスを作りたい!

市岡紗英さんは、3ヶ月のWEB開発コースに留学しています。

- どうしてエンジニア留学されたんですか?

以前は日本で広告マーケティングやディレクション、プランナーとしてWEB制作に携わっていました。そうしているうちに、自分でもWEBのサービスを作りたい、手に職をつけたい!、と考えるようになりました。

以前3ヶ月ほど自分だけで勉強していたのですが、それだとやはり厳しかったです。プログラミングについて相談できたり、集中できる環境を求めて、またこれから海外でもやりたいことがあるので、英語とプログラミングを学べるエンジニア留学をすることにしました。

- 授業内容は難しいですか?ついていけます?

授業の進捗はかなり早く、課題もあるのでけっこう大変です。しかもプログラミングだけでなく、英語の勉強もあるので、学習時間を確保するのが大変ですね。

- 1日どれくらい勉強するんですか?自習は?

授業の復習に特に時間をかけています。自習は平日でも6、7時間する時もあります。

エンジニア留学の担当者の方にも話を聞いてみた

最後にNexSeedのマーケティングスタッフで、エンジニア留学のPR・広報を担当している笠間さんにも、お話を聞いてみました!

エンジニア留学はどんな人が多いんですか?

そうですね、基本的にほぼプログラミングに関して未経験の方がほとんどなります。まったくWEBの知識がない、第二新卒の25歳くらいの方が多いですね

30歳くらいの方だと、前職でWEBディレククション経験など、ある程度はWEBの知識がある方が比較的多いです。

英語に関してはみなさんブランクがあり、日常会話ができる程度の「ハイビギナー」から始めていますよ。

留学生は卒業後、どういった進路を取る方が多いんですか?

卒業後は日本でエンジニアとして働く方が多いです。最近だと誰もが知っている大手のIT企業に就職した人も、何人かいますね。

そのままセブ島や、他の海外でエンジニアといて働く方も少数ですがいたりはします。
また個人で事業を始める方や、過去には同じエンジニア留学生同士の3人で、マーケティング支援サービスで起業した人たちもいたりと、みなさん活躍していらっしゃいますよ!

NexSeedでエンジニア留学するメリットとは?

まず、セブ島でバックエンドのプログラミングを教えているのはNexSeedだけです。セブには日本と比べて誘惑が少ないので、勉強にはかなり集中できる環境かと思います。

エンジニア留学のカリキュラムも日々アップデートしていて、留学生のサポート体制も万全です

またNexSeedでは講師は厳選して採用していて、どの講師も現場での開発経験が豊富です。フリーランスとして独立していたり、エンジニアとして海外での経験があったりと、留学生にとって身近なロールモデルとなっていますね!

留学生にとっては、プログラミングを学ぶのに最適な環境かと思います。

今回はご協力ありがとうございました!!

NexSeedのみなさん、今回は取材にご協力いただきありがとうございました。

世界で羽ばたくエンジニアになりたい方は、是非NexSeedでのエンジニア留学をチェックしてみてはいかがでしょうか。

NexSeedの学校情報、口コミは以下から見れますよ!次回エンジニアコースの開講スケジュールについても、ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。↓↓
「NexSeed(ネクシード)」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

三上 泰徳

三上 泰徳

School With ディレクター/編集者。神奈川出身。フィリピン・ダバオに語学留学後、1年間の世界一周で30カ国以上を旅する。お気に入りの国はモロッコとラオス。

カテゴリーから記事を探す

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。