School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

オーストラリア人気の都市メルボルン!観光地や気候まとめ

オーストラリアといえば、シドニーをはじめパース、ゴールドコーストなどたくさんの有名都市があります。他にも主要都市としてあげられるのがメルボルン、キャンベラ、ケアンズなどなど。

オーストラリアの各都市を巡ってきましたが、メルボルンが非常に印象に残りました。

今回はあまり知られていないメルボルンの魅力に迫るべく、気候や時差、おすすめの観光地などをご紹介します。これから留学や観光でメルボルンに行くことを検討されている方、ぜひ参考になさってください!

【PR】

オーストラリアのメルボルンってどんなところ?基本情報

オーストラリア、メルボルンの青空

日本からオーストラリア・メルボルンへのフライト

メルボルンはオーストラリアの南東部の州都であるビクトリア州に位置しています。

フィリップ湾に面した港町で人口はシドニーの次に多く、オーストラリア国内で第2位の都市。日本からメルボルンへのフライト時間は、成田空港から直行便で約10時間。
時差はオーストラリアが日本よりプラス1時間で進んでいます。オーストラリアのサマータイム導入時にはプラス2時間になるので、時差には要注意です。

オーストラリアで最も住みやすい街、メルボルンの気候

メルボルンはオーストラリアで人気の都市ケアンズやシドニーを抑えて、世界で最も住みやすい街にも選ばれています。

オーストラリアは南半球なので日本とは気候が真逆。日本が夏の時期にはメルボルンは冬です。メルボルンは年間を通してはっきりとした四季はないと言われていて、最も気温が下がる冬季は7月で最低気温は平均6度。夏季は1月で平均最高気温25.9度くらいです。

夏季には砂漠地帯から吹き抜けるフェーン現象で、40度を超える日も多くあります。

メルボルンならではの特徴的な街並み!

1. メルボルンの歴史ある美しい建築物

オーストラリア、メルボルンの美しい建造物

メルボルンの起源はオーストラリア先住民のアボリジニにさかのぼり、そこから徐々に移民が入植して街の歴史が形成されきています。

世界遺産である王立博覧会ビルやメルボルン刑務所など、当時の歴史の姿を映し出した建物がメルボルンには多くあります。

1850年代に、ゴールドラッシュによってメルボルンは不動産ブームになとなり、素晴らしい建築物が競い合うように建てられました。南半球の宝石と言われるほど美しい建築物は、オーストラリア何よりメルボルンの誇りと言っても過言ではないでしょう。

メルボルンは普通の住宅においてもデザインが傑出した住宅が多く見られ、重要指定されている建物も数多くあります。緻密に計算されたデザインやフォルムによって建築された建物は、見る者の心を惹きつけ魅了してくれますよ。

2. オーストラリアの自然で生きる野生動物

オーストラリア、メルボルンの野生動物

メルボルンはオーストラリアの中でも、シドニーに次いで人口が多い都市。都会でありながら、自然と触れ合える庭園や公園が多く緑豊かな街が広がっています。
都会の緑の中には静かに野生動物が生息しており、人間と共存しています。

メルボルンのビクトリア州は野鳥の宝庫で、バードウォッチングを楽しむには最適。イルカやアザラシはポートフィリップ湾の南端に生息していて、7月から9月にかけてはワーナンブールでホエールウォッチングが行われています。

ペンギン島とも言われるフィリップ島には野生のペンギンがたくさんいて、可愛い姿を見せてくれますよ。

オーストラリアには動物がたくさんいますが、メルボルンは自然の中で生きる動物達に近くで出会って触れ合える街としてオススメです!

3. メルボルンでワインとグルメを堪能しよう!

オーストラリア、メルボルンのワインとグルメ

オーストラリアは移民の国で、多くの人種が存在しています。メルボルンも食の面で多文化ならではの魅力を備えていて、街にはあらゆるレストランがあり世界中の料理を味わうことができる街。どのレストランも、本格的な各国の料理を提供しています。

チャイナタウンやリトルイタリーなどその国の人々や飲食店が立ち並ぶ区域があるので、お気に入りの場所を探して散策してみるのもいいでしょう。

また、オーストラリアワインは低価格でも美味しいものがたくさんあり、ワインをレストランに持ち込みが出来るBYOというシステムを取り入れているお店も多いです。

好きなワインを買って世界のグルメを楽しめるのも、メルボルンの魅力でしょう。

メルボルンのおすすめ観光スポット

1. セント・パトリック大聖堂

オーストラリア、メルボルンのセント・パトリック大聖堂

たくさんの教会があるメルボルンですが、セント・パトリック大聖堂はオーストラリアで一番大きくて高い教会。

80年以上かけて建設されたと言われていて、塔の上には尖塔が3つ聳えています。尖塔は、当初の計画よりも27m高く変更したため、さらに建設に時間を要したそうです。

セント・パトリック大聖堂の外観はブルーストーンという石でできていて、その美しさには目を見張るものがあります。
聖堂内に入れば静かな音楽とステンドグラスで、心が洗われるような気持ちになりますよ。

夜にはライトアップもされるので、昼間とはまた違う美しい姿を見せてくれるセント・パトリック大聖堂。メルボルンでぜひ足を運んでおきたい観光スポットです。

2. ロイヤルボタニックガーデン

オーストラリア、メルボルンのロイヤルボタニックガーデン

1842年に造園された英国式庭園。オーストラリアの中でも、歴史のある植物園です。
50種類以上の野鳥が生息しており植物は1万2000種類以上植えられています。メルボルンの市民からも愛されていますよ!

ロイヤルボタニックガーデンでは、7kmの遊歩道を散策して歩くのがおすすめ。
遊歩道は整備されており、四季によって咲き誇る花を見ながら散歩すればゆったりとした気持ちになり、オーストラリアの自然を満喫できるでしょう。

園内ではウォーキングツアーも行われているので、参加してみるのいいかもしれません。

メルボルンの文化や歴史をより詳しく知ることができるチャンスです。

夏にはアウトドアシネマやイベントも開催されているので、予定が合えば楽しんでみてください!

3. グレート・オーシャン・ロード

オーストラリア、メルボルンのグレート・オーシャン・ロード

世界一美しい道と言われている、グレート・オーシャン・ロードがメルボルンにあります。

中でもジーロング〜ウォーナンブール間の道は、最高に美しい景色。ロンドンアーチを含む自然岩とバス海峡とインド洋の海の青さは、絶景です。

大自然を感じ森を眺めながらドライブすれば、これぞオーストラリアと言った気持ちになるでしょう。

ダイナミックな光景の中にも自然が持つ優美さも感じられ、メルボルンならではの野生動物にも出会えるかもしれません。

早朝や夕暮れ時も美しく、余裕があれば時間帯を変えて訪れてみたい場所です!

オーストラリアのメルボルンへ、ぜひ訪れてみよう!

オーストラリア、メルボルンの街並み

オーストラリアはメルボルンの観光地・気候などを紹介してみました。

メルボルンは、シドニーやケアンズといった人気の都市とはまた違った顔を持っています。おしゃれなカフェやお店があり、少し街から離れると美しい自然が溢れる素晴らしいところです。

世界一住みやすい都市に選ばれるのも納得のメルボルン、ぜひ皆さんも楽しんでいってください!

【ロンドンに留学する方は、こちらもチェック!】
ワーホリに行くのに大した理由なんて要らない!大学生で就活中だった私がオーストラリアでワーホリした理由

オーストラリア・パースで大人気!「ミステリーツアー」でピナクルズに行ってきた話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

School With 留学ブログ編集部

School With 留学ブログ編集部

School With 留学ブログ編集部です。一人ひとりのベストな留学の実現を目指すべく、留学生活や英語学習などに役立つ情報を発信しています!

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。