7/9(金)は社員研修のため、いただきましたお問い合わせは翌日以降順次回答いたします。

バレッタでの滞在方法は何がある?滞在期間ごとにおすすめをご紹介!

バレッタ 滞在

バレッタを訪れる方の中には、現地でどのような滞在方法があるのか気になっている方もいるのではないでしょうか。

バレッタには、滞在期間に応じて以下の滞在方法があります。

  • 【1カ月未満の短期滞在向き】
  • ・ホテル
  • ・ゲストハウス
  • ・ホームステイ
  • ・コンドミニアム
  • 【1カ月以上の長期滞在向き】
  • ・シェアハウスやルームシェア
  • ・アパート
  • ・学生寮

とはいえ各滞在方法の特徴や滞在先の探し方はわからない方もいるかもしれません。

そこで今回はバレッタでの滞在方法の種類、滞在先の探し方、滞在する際の注意点について紹介します。バレッタへの渡航に際し、現地での滞在先を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

バレッタで滞在におすすめのエリア

バレッタ 滞在

具体的な滞在方法を紹介する前に、ここではバレッタで滞在する際におすすめのエリアをご紹介します。

おすすめエリア(1)Republic street (リパブリックストリート)

バレッタはマルタ共和国の首都であり、マルタ島東部に位置する小さな街です。

バレッタのメインストリートがリパブリックストリートです。観光客向けの店が立ち並び、マルタのトレンドの発信地でもあります。

訪れるのは観光客が多いですが、裏通りには現地の人々の憩いの場所も多く、隠れ家のようなカフェやレストランを散策するのも旅の楽しみの一つです。

おすすめエリア(2)Upper Barrakka Gardens(アッパーバラッカガーデン)

美しい花々や噴水がある公園でベンチで読書をしたり、のんびり過ごすのにおすすめのエリアです。

この公園には展望台があり、上からはグランド・ハーバーを眺めることができます。その美しい眺めからバレッタで随一の人気スポットなので、通常このエリアは観光客で混み合あいます。

おすすめエリア(3)Lower Barrakka Gardens (ロウワーバラッカガーデン)

アッパーバラッカガーデンから聖エルモ砦に向けて徒歩12分ほどの場所に、ロウワーバラッカガーデンがあります。

ここにはヤシの木や美しい花々が植えられており、訪れる人の目を楽しませてくれます。公園のベンチに座りながら、美しい海を眺められるスポットとして観光客に人気の場所となっています。

ロウワーバラッカガーデン周辺エリアは観光客も多いですが、地元の方も多く訪れます。

おすすめエリア(4)Waterfront(ウォーターフロント)

バレッタの街のはずれに位置するウォーターフロントは、観光客に人気のエリアです。

もともとは倉庫だったエリア一帯を再開発した場所で、お洒落なレストランやショップが立ち並びます。目の前の海の景色を見ながら、楽しい時を過ごせるマルタならではのスポットです。

この辺りも観光客で賑わうエリアになります。

LINE留学相談

短期滞在におすすめの方法

まずは短期滞在者におすすめの方法をご紹介します。

滞在方法(1)ホテル

バレッタ 滞在 ホテル

海外に滞在する際に、最も一般的な宿泊先ではないでしょうか。ホテルはサービスの質はもちろん、セキュリティも高いため、旅慣れしていない方にはおすすめです。

おすすめのエリア

リパブリックストリート周辺がホテルの数も多く、リーズナブルな場所も探しやすいのでおすすめです。

相場の料金(1日当たり)

バレッタはリゾートとして人気の街なので物価は少し高めです。ホテルの宿泊費もシーズンやグレードによりますが、およそ1日あたり2〜3万円が相場となっています。

カジュアルなホテルであれば1万円前後でも宿泊できるところがあります。

滞在先を探す方法

Booking.com

滞在方法(2)ホステル

ホステルはホテルより簡易な宿泊施設ですが、一人部屋を完備していたり、学生の旅行など滞在費を削りたい方にはおすすめの施設です。

おすすめのエリア

リパブリックストリート周辺が施設の数も多く、観光地へのアクセスも良いのでおすすめです。

相場の料金(1日当たり)

場所や中心地への距離にもよりますが、およそ1万円前後が相場です。

滞在先を探す方法

エクスペディア

滞在方法(3)ゲストハウス

バレッタ 滞在 ゲストハウス

ゲストハウスは個人が運営する宿泊施設です。個室なども完備されていますが、基本的にシャワールームやキッチンは共有となるので、プライバシーを重視したい方には向かないかもしれません。

おすすめのエリア

リパブリックストリート沿いに比較的安価なゲストハウスが多いです。

相場の料金(1日当たり)

およそ1万円前後が相場です。

滞在先を探す方法

Booking.com

滞在方法(4)コンドミニアム

バレッタ 滞在 コンドミニアム

キッチンや洗濯機などが備え付けられている宿泊施設です。短期の滞在であっても、大人数の家族で宿泊する場合などはおすすめです。

おすすめのエリア

バレッタでは個人が貸し出すタイプの部屋が多いため、街中に借りられる部屋が点在しています。街の中心部よりは少し離れた場所の方が、料金が安いのでおすすめです。

相場の料金(1日当たり)

リーズナブルな場所も多く、1万円前後で借りられる部屋も多いです。

滞在先を探す方法

Booking.com

長期滞在におすすめの方法

続いては、長期での滞在におすすめの方法をご紹介します。

滞在方法(5)ホームステイ

バレッタ 滞在 ホームステイ

現地のホストファミリーの自宅でお世話になる方法です。語学留学を利用する方はもちろん、ワーキングホリデーで現地に滞在している方が多く利用します。

おすすめのエリア

ホームステイは個人宅が多いので、バレッタの市街地が多いでしょう。とはいえ小さな街なのでバスを使えば、すぐに市の中心に出ることができます。

相場の料金(1日当たり)

マルタのホームステイは1ヶ月30〜40万円ほどが相場です。これらは留学費用込みの値段となります。そのため、ホームステイそのものにかかる料金は1日1万円以下でしょう。

滞在先を探す方法

留学エージェントや現地語学学校にご相談ください。

滞在方法(6)シェアハウス・ルームシェア

バレッタ 滞在 シェアハウス ルームシェア

現地で中長期の滞在を予定している方は、シェアハウスを契約するのもおすすめです。多国籍なルームメイトと一生に残る思い出を作ることができます。

おすすめのエリア

バレッタでシェアハウスを探すなら、市中心部が物件も多くおすすめです。

相場の料金(1日当たり)

1ヶ月5〜6万円が相場です。ルームメイトが多く安いところであれば、3、4万円で借りることも可能です。1日に換算するとおよそ2,000円以下です。

滞在先を探す方法

sharehouse.in

滞在方法(7)アパート

バレッタ 滞在 アパート

長期で滞在する方は思い切ってアパートを契約するのもいいかもしれません。日本と全く違うマルタの生活を肌身で感じることができます。

おすすめのエリア

物件が多いのは市内中心部、リパブリックストリート沿いですが賃料は高くなります。そのため中心から少し外れた場所で物件を探すのがおすすめです。

相場の料金(1日当たり)

およそ1ヶ月6〜7万円が相場です。そのため1日に換算すると、2,000円程度です。

滞在先を探す方法

以下のサイトも参考になりますが、現地の不動産やエージェントと相談しながら物件を決めることをおすすめします。
Airbnb

滞在方法(8)学生寮

バレッタ 滞在 学生寮

大学や語学学校に通う留学生が利用するのが学生寮です。多くの場合、学校の周辺に寮が併設されており、学生は安い料金で利用することができます。

おすすめのエリア

学校から徒歩圏、または交通の便のいい中心部に位置する寮がおすすめです。

相場の料金(1日当たり)

通常、学生寮の費用は留学プランとセットになっていますが、寮の費用は1ヶ月で4〜8万円ほどが相場です。1日に換算すると1,500〜2,500円ほどです。

ツインルームなどシェアルームを選択すれば、費用を抑えることができます。

滞在先を探す方法

留学エージェントや現地語学学校にご相談ください。

LINE留学相談

バレッタで滞在する際の注意点

バレッタ 滞在 注意点

最後にバレッタに滞在するあたり注意しておきたいポイントについて紹介します。トラブルに巻き込まれないためにも、事前に確認しておきましょう。

注意点(1)宿泊施設での盗難に注意!

マルタは治安の良い国としても有名ですが、日本と比べると盗難件数は多いです。そのため、いくら宿泊施設とはいえ、気を抜かずに貴重品の管理をすることが肝心です。

外出するときは、現金・クレジットカード・パスポートは持ち歩くようにしましょう。そのほかのパソコンやカメラなどの貴重品もできれば鍵をかけたスーツケースにしまっておくか、金庫に預けるのが無難です。

注意点(2)家を探すときは慎重に!

マルタでアパートを借りる際に気をつけたいのが、場所選びと契約内容の確認です。特に女性の場合は少し遠くても人通りが多いエリアを選択しましょう。

外国人は犯罪に巻き込まれやすいので、治安のいいエリアを選びましょう。また大家さんと契約を交わすときも、契約書に書かれた内容をしっかり確認し、不明点がない状態にしておきましょう。

そうすれば後々トラブルになる心配もありません。

注意点(3)滞在先のルールはしっかり守るようにする

短期の滞在でホテルやゲストハウスを利用する際はもちろん、中期の滞在でホームステイや学生寮を利用する際も、滞在先のルールを守ることは大切です。

特にホームステイでは、ホストファミリーごとに生活に関するルールが定められている場合も多いです。お世話になる家族に迷惑をかけないように、あらかじめ決められたルールはしっかり守り、お互いに良い思い出に残る滞在期間を過ごしましょう。

バレッタの滞在方法まとめ

いかがでしたでしょうか。

バレッタでは、短期滞在にホテルやゲストハウス 、長期滞在にはシェアハウスや学生寮などの滞在先がおすすめです。

これからバレッタを訪れる予定のある方は今回紹介したポイントを踏まえ、現地での滞在先を検討してみてください。

バレッタ留学に戻る

LINE留学相談

バレッタ留学ガイド

バレッタ留学の特徴とメリット・デメリット

バレッタへ渡航する前に知っておきたい両替情報

バレッタの交通事情まとめ

バレッタの滞在先の種類と特徴

バレッタでできるアクティビティ情報

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学カウンセラーが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学カウンセラーへ相談する

03-4500-8346

お気軽にお問い合わせください。

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

無料留学相談は
こちらから

留学カウンセラーへ相談する

03-4500-8346

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。