【徹底解説】フィリピンでの英語留学とは?特徴やメリット、おすすめの都市をまとめて解説!

フィリピン 英語留学

こんにちは、フィリピン・クラークで語学留学経験のあるAyakaです。

突然ですが、「安くて質の高い英語留学をできる国」と聞いて、どの国を思い浮かべますか?私の答えはずばり「フィリピン」です。

フィリピン=英語留学のイメージがない人も多いと思いますが、フィリピンでは小さい頃から英語教育が行われ、その甲斐あって多くの人が英語を話します。また、物価も日本と比べ1/3程度と安く、欧米諸国での留学に比べ費用も節約できます。

今回はフィリピン留学の特徴から、おすすめ都市、どのくらいの費用がかかるかまで、余すことなくフィリピン留学の良さや魅力を紹介します!

フィリピン留学に興味がある人、気になっているけれど心配がある人はぜひ最後までチェックして、参考にしてくださいね。

フィリピンで英語留学って何ができるの?概要と人気の理由をまずはチェック

フィリピン 英語留学

まず、フィリピン留学では何ができるのか概要と日本人に人気の理由をチェックしていきましょう。

フィリピンは英語留学に最適な国

フィリピンは、英語留学に適している国です。先ほどもご紹介した通り、フィリピンでは小さい頃から英語での授業が義務付けられています。母国語はタガログ語ですが、英語もタガログ語と同様に習得していきます。英語は、フィリピンの公用語でもあるのです。

また、フィリピン人にとって英語は第二言語です。英語でうまく言えないことでも、フィリピンの講師は私たちが何を言いたいのか推測して、とことん付き合ってくれます。

第二言語としての英語をどうやって習得するのかという視点に基づいた指導方法が確立されているので、初心者でも安心して留学ができますよ。

年々フィリピンに英語留学をする日本人が増えている

フィリピン留学では、語学留学が主流です。具体的には、英語の特に会話力をアップさせたい人向けの「日常会話コース」、英語資格のスコアアップを目指す「TOEFL/IELTSコース」などが主なコースとなっています。留学中は極力母国語を使わないように、English Only Policy(EOP)というルールを作っている学校もあります。

日本では、小学校で英語教育が義務化されるなるなど、英語力アップに向けた政策が進められています。「英語ができて当たり前の時代」に向けて、初心者レベルから上級者を目指したい日本人がフィリピン英語留学に訪れています。

LINE留学相談

フィリピン英語留学の特徴

次に、フィリピン英語留学の特徴を3つご紹介していきます。

特徴(1)初心者〜中級者のレベルに対応

フィリピンの英語留学に向いているのは、中学卒業程度の英語力がある初級者〜中級者です。文法に不安がある人から正規留学に向けて英語力をアップしたい人まで、幅広い人にフィリピン留学は選ばれています。

ほどんどの語学学校では、入学時にレベルテストを実施し、レベルごとのクラスやカリキュラムを提供してくれます。レベルに合った最適な学習内容をが準備されており、自分に合った環境で英語力を磨くことが可能です。

特徴(2)欧米諸国での留学に比べ費用が安い

留学と聞くと非常に高いとイメージする人も多いでしょう。フィリピン留学は、欧米諸国での留学に比べ非常に安価です。私が留学した時、1ヶ月の学費・滞在費・食費は15万円程度、航空券や滞在費などを含めても総額23万円ほどでした。

一方で、オーストラリアで1ヶ月留学をすると、学費だけで15万円程度、それ以外に物価が高いため、最低でも30万円ほど必要になります。

「フィリピン留学は安いから質が低いのでは?」と思うかもしれませんが、現地にはたくさんの語学学校があるため、各校切磋琢磨し合い、高いレベルが保たれています。

質が高く安い留学が受けられるのは、フィリピン留学最大の魅力ですね。

特徴(3)日本人はフィリピン講師たちとの相性がいい

フィリピンはアメリカのGallup International Associationによる「世界幸福度ランキング2019」で、第3位にランクインしました。フィリピン講師の多くはいつも明るくハッピーです。初対面の人でも打ち解けやすい性格で、恥ずかしがり屋の日本人でも、きっとすぐ仲良くなれるでしょう。

講師と生徒という関係ではあるものの、好きなものや考えていることを共有することで、帰国後は友人として、未だにメッセージのやり取りをしている人が何人かいます。フィリピン人の考え方や姿勢はとても共感でき、日本人との相性の良さを感じています。

フィリピンで英語留学をするメリット3つ

フィリピン留学の特徴を押さえたところで、フィリピン留学にはどのようなメリットがあるかを確認していきましょう。

メリット(1)費用を抑えられる

フィリピン留学の一番のメリットは、費用を抑えることができる点です。留学費用は膨大になりがちですが、フィリピンでは質の高い英語教育を安価で提供しています。

決して、安かろう悪かろうではなく、それぞれのニーズや英語力にあったコースが準備されているので、心配はいりません。

メリット(2)初心者でも安心

フィリピン人にとって英語は第二言語です。ノンネイティブ同士だと、うまく英語で表現できなくても、ニュアンスや言いたいことを汲み取ってくれる良さがあります。

私が留学した当時は、単語を数個つなげた会話しかできないレベルでしたが、講師陣が根気強く言いたいことを聞き取ってくれたので、話せないことへのストレスは感じませんでした。

むしろ、「もっと英語がうまくなって先生たちとすらすら話したい」という意欲が湧きました。もし、この記事を読んでいる人が初心者でも、心配はいりません。初心者でも楽しく英語を学んで欲しいという環境が、フィリピン留学には整っています。

メリット(3)日本からの時差や移動時間が短い

どんな人でも家族や友人から離れると、寂しい気持ちが募るものです。時差が大きい地域だと、思うように連絡が取れずストレスになります。また、移動時間が長いのも想像以上に大変です。

その時差という点で、フィリピン留学は優れています。成田からマニラまでは直行便で約5時間のフライトです。マニラ以外にもセブ、クラークなど語学留学先として人気の都市への直行便もそろっています。時差も1時間と、日本との連絡も取りやすい環境です。

また、LCCが運航しているので、費用が抑えられる点も嬉しいですね。

LINE留学相談

フィリピンで英語留学をするデメリット3つ

次に、英語留学先をフィリピンに選ぶデメリットを3つご紹介します。

デメリット(1)フィリピンは日本ほど安全ではない

日本は世界のどの国と比べても世界トップクラスで安全だと言われています。一方、フィリピンは連日、スリなどの軽犯罪から、強盗などの重犯罪までが頻繁に起きています。

私たちは気がつきませんが、日本人は服装や持ち物などとても目立つ存在です。地域によっては犯罪に巻き込まれる可能性があるため、常に用心して過ごす必要があることは心得ておいてください。

もちろん、注意すれば危険から自分の身を守れるので、過剰に心配する必要はありません。

デメリット(2)短期留学では効果が出にくい

「フィリピン留学は効果がない」という口コミを目にしたことがある人もいるのではないでしょうか。フィリピン留学で効果がないと言われてしまう最大の理由は、留学期間の短さにあります。

私が留学していた時は、数ヶ月留学している人は稀で、ほとんどが1週間〜1ヶ月でした。フィリピン留学は安く手軽に留学できる反面、英語力が伸びたと実感する前に帰国してしまうと、効果を実感できません。

英語力アップには、努力と時間が必要であると覚えてきましょう。 

デメリット(3)ネイティブと対等に話せるレベルには時間がかかる

フィリピン留学のカリキュラムの質は高いものが多いですが、長く滞在したからといってネイティブレベルに到達するわけではありません。

フィリピンで使われている英語はスラングや発音、スピードなどにおいてネイティブの使う英語とは異なる部分もあります。

また、フィリピン人にとって英語が第二言語であるがゆえ、私たちの言いたいことを汲み取りすぎることも否めません。

フィリピンでの英語留学はあくまでも基礎や話すアウトプットの練習だと捉えておく方が無難でしょう。

【1週間】フィリピンで英語留学したときにかかる費用相場

次に、フィリピンで英語留学する際にかかる費用をご紹介していきます。ここでは主に1週間の短期留学での費用をチェックしてみましょう。

1週間の留学にかかる費用は約18.2万円!

まずは、合計から確認します。フィリピン留学の1週間の費用は18.2万円が相場です。ただこの金額はマンツーマンレッスンにするか・1人部屋にするかなどオプションによって大きく左右します。

それぞれの詳しい内訳は次に紹介していきますね。

授業料・滞在費・食費 6万円
その他諸経費 4万円
航空券 5万円
海外旅行保険 7,000円
ビザ(SSP) 1.5万円
現地生活費(お小遣い) 1万円
総額 18.2万円

費用(1)学費

学費には入学金、教材費、授業代が含まれます。レッスンのコマ数が多ければ多いほど金額が大きくなり、またネイティブとの授業が多い場合も費用が高くなります。

費用(2)滞在費・食費

フィリピンの語学学校では、基本的に学費+滞在費が一般的です。多くの学校では1〜6人部屋が用意されており、予算に合った部屋のタイプを選ぶことが可能です。

学校によって安いけど部屋が古かったり、高くても施設が充実していたりと、それぞれ特徴があるので、自分の希望に合った滞在先を学校選びの基準にしてもいいでしょう。

費用(3)現地生活費(お小遣い)

1週間の現地生活費は交通費、娯楽費、お土産代などを含めて1万円程度です。
フィリピンの物価はとても安いので、1ヶ月の留学でも4万円程度で納まります。

費用(4)航空券代

日本からフィリピンへは、マニラ、セブ、クラーク行きの直行便が就航しています。費用は通常往復で4〜5万円程度です。

フィリピンの場合、LCC(格安航空会社)のフライトも数多く利用できるため、タイミングによってはもっと安い航空券の手配も可能です。

費用(5)ビザ代(SSP)

フィリピンで1週間の留学をする場合は、ビザは無料です。語学学校は観光ビザでOKですが、30日以上滞在する場合は、延長の手続きが必要になります。

しかし、フィリピンでは、滞在期間に関わらず海外からの留学生全員に、”SSP”(Special Study Permit)と呼ばれる特別就学許可証の取得が義務付けられています。

SSPの取得は大体語学学校が代行してくれますが、申請日として約7,000ペソ(約15,000円)が必要です。

費用(6)海外留学保険

トラブルや急な怪我・病気など、フィリピン留学に限らず、海外に行く際は必ず保険に加入しておきましょう。海外留学保険でなく、一般の海外旅行保険でカバーできます。

中にはクレジットカードの保険利用を考えている人もいると思います。クレジットカードの保険は、適用条件を設けている場合があるので、自分が適応されるのかを必ず確認してから渡航してください。

【期間別】フィリピンに英語留学したときに伸びる英語力の目安

費用やメリット・デメリットを確認できたところで、留学期間の検討を始めましょう。ここでは英語初心者を想定したときに、留学期間別にどのような英語力が身につくかをご紹介します。

1週間

1週間程度の留学では、「英語を使う環境に慣れる」「英語コミュニケーションの楽しさを体験できる」という成果を得られます。ただし、体感として英語ができるようになったと感じるには期間が短いため、お試し留学として位置付けましょう。

1ヶ月

「英語が伝わる楽しさを体験できる」「発音の改善」を感じられるようになります。簡単な会話であれば、そつなくこなせるようになっているはずです。簡単な表現や単語を用いて、自分の意見を伝えられるようになります。

2ヶ月

日常的なやりとりで困ることが減ります。しっかり勉強すれば海外旅行などで困らないレベルに到達することも可能です。語彙や文法など正しい英語を使う感覚が身につきます。

3ヶ月

私が一番おすすめの留学期間は3ヶ月です。初心者でも600時間ほどの学習時間を経ると、TOEICで400~500点代の人であれば、700点代も十分に狙えるレベルに達することが可能です。ようやく英語が少しはできるようになったかなと思えるレベルです。

半年

自分の意見英語で表現するだけでなく、相手の言いたいことを理解できるレベルに到達します。多くの人は、基礎力が構築され、中級レベル以上になるでしょう。日常会話に困らないレベルで、TOEICなら700~800点代に到達できます。

フィリピンでの英語留学におすすめの都市3つ

ここでは、フィリピンで英語留学する際におすすめ都市を3つご紹介します。

都市(1)セブ島

都市の特徴

フィリピン留学の代名詞といえば、セブ島留学ですね。語学はもちろんのこと、周辺には様々なアクティビティの機会が揃っており、観光も楽しみたいという人にも向いています。

おすすめポイント

セブ島はフィリピン留学のメッカとして知られ、多種多様な学校やコースが充実しています。観光地として発展しているので、買い物や食事をする場所も多く、留学生活を送るのに困ることはありません。勉強も、遊びもバランスよく楽しみたい人に向いています。

都市(2)バギオ

都市の特徴

マニラからバスで6時間ほどの距離に位置するバギオ。標高は1500メートルの高地にあり、年中涼しい気候が特徴です。雨季の7~10月は激しい雨が降るため、アクティビティを重視したい人は物足りなさを感じるかもしれません。

おすすめポイント

フィリピンの教育都市として知られるバギオには、国内の有名大学がキャンパスを構えています。遊ぶ場所が少なく、徹底的に英語を叩き込む「スパルタ教育」の聖地としても知られます。本気で英語力をアップさせたい人におすすめです。

都市(3)クラーク

都市の特徴

マニラから約2時間の位置にあるクラークは、かつてアメリカ空軍の基地があったことから、欧米人が数多く住んでいる地域です。海に面していない内陸部にあり、ほどよい都会感が特徴の街です。

おすすめポイント

クラーク留学の最大の魅力は、ネイティブ講師とのマンツーマン、グループレッスンです。他の都市に比べ、ネイティブ講師が多いため、2カ国留学を考えている人やフィリピンなまりが気になる人におすすめの地域です。

フィリピンでの英語留学の効果を高めるためのポイント3つ

次に、フィリピン留学での効果を高めるために知っておきたいポイントを3つご紹介します。ここでは私自身がフィリピン留学後に、「事前にこうすればよかったな」と思う点を中心に解説していきます。

ポイント(1)復習を徹底する

みなさんは「エビングハウスの忘却曲線」を知っていますか?人間の記憶がどのように変化していくかを科学的に示したものです。調査の結果、人間の脳は復習しなければ忘れてしまうことが証明されています。

フィリピン留学中に大切なのはレッスンの中で覚えた表現や単語を、その日のうちに復習することで記憶を定着させることです。

留学したての頃は環境の変化や、やるべきことがたくさんありすぎて、毎日があっという間に過ぎてしまうと思います。ただ、1日の中でその日のレッスンを振り返る時間を必ず設けましょう。小さな積み重ねが、英語力アップに直結します。

ポイント(2)適度なストレス発散を忘れずに

渡航した直後は、いつもと違う環境にわくわくどきどきします。見るもの全てが新鮮に映ります。勉強も寝る時間を削ってまで頑張って、充実していると実感できると思います。

注意して欲しいのは、留学後1〜2週間が経過した頃です。自分では気がついていなくても、環境の変化に体が追いつかず、疲れやストレスが蓄積しています。

私はちょうどそのタイミングで、体調を壊し、緊急外来を受診しました。お金と時間をかけて留学するので、失敗したくないという思いはみんな同じですよね。

だからこそ、ストレスを発散する時間を大切にしてください。週末に近くのモールのカフェでゆったりする、家族とテレビ電話するなど、自分の心がほっとする時間を設けるだけでもストレスは軽減します。

ポイント(3)英語を間違えることは恥ずかしくない!

フィリピンに着いたばかりの頃、グループレッスンがとても苦痛でした。私は少しレベルの高いクラスを受講しており、自分よりも英語がうまい生徒の前で、拙い英語を話したくなかったからです。

でも、この考えは間違いです。英語の授業で間違えることは何も恥ずかしくありません。合っていなくてもチャレンジすること、そして間違えた場合は同じことを繰り返さないように復習を徹底することで、英語力がアップします。

英語を勉強するために留学していることを忘れず、前向きに留学を楽しみましょう!

フィリピンでの英語留学でよくあるQ&A

ここでは、フィリピン留学前に気になる質問にお答えしていきます。

Q.1フィリピン人の英語になまりはありますか?

A.フィリピンなまりはありますが、英語圏で通じるレベルのなまりです。

日本英語があるように、全く同じ抑揚で英語を話す国はありません。フィリピンも例に漏れずフィリピン訛りがあります。

フィリピンの英語はアメリカ英語寄りで、日本人にとっては聞き取りやすいでしょう。語学学校にいる講師陣の中には、フィリピンなまりが強い人もいるため、気になる人は学校選びの際にネイティブ講師とのレッスンを取り入れるなど工夫しましょう。

Q.2フィリピンの治安は悪くないですか?

A.日本と比べるとフィリピンの治安は悪いですが、注意すれば心配はいりません。

フィリピンの治安は、残念ながら日本に比べるとよくありません。ただ、日本の安全さは世界でもトップクラスです。それ以外の国と比べて、フィリピンが特に危険というわけではありません。

貴重品を手放さない、危ない地域へ行かない、学校からの危機管理情報に目を通すなど、当たり前のことをしていれば自分の身は守れます。

Q.3食事は日本人の口に合いますか?

A.学校や留学者の味の嗜好によります。
ただし、フィリピンの味付けは比較的甘め・濃いめです。また学校の食事は韓国系の場合もあります。

フィリピンの語学学校は主に韓国系、日系の学校が多いです。経営者によって提供される食事内容が異なるため、味や素材にこだわりがある人は学校選びの際にチェックすることをおすすめします。

まとめ

今回は、フィリピン英語留学の良さや魅力をまるっと解説してきました。もう一度フィリピン英語留学の特徴とメリットを確認しておきましょう。

【特徴】
・初心者〜中級者のレベルに対応
・欧米諸国での留学に比べ費用が安い
・日本人はフィリピン講師たちとの相性がいい

【メリット】
・費用を抑えられる
・初心者でも安心
・日本からの時差や移動時間が短い

フィリピン英語留学の学習の様子や、留学生活がイメージできたでしょうか?今回ご紹介した内容を参考にしていただき、ぜひ充実したフィリピン英語留学を実現してくださいね。

School With(スクールウィズ)では留学経験豊富なカウンセラーによる留学相談を受け付けています。

学校選びはもちろん、国や都市選びなど少しでも留学で気になることがあれば、お気軽に問い合わせください!
【無料】LINE・メール相談 / 個別相談 / 説明会はこちらから

LINE留学相談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

Ayaka

Ayaka

編集者・ライター。18歳の時に初めてタイを訪れてから、ひとり旅に魅せられ以後ライフワークに。「Where am I?」すら英語にできないレベルから、10年経って、ようやく普通の会話には困らないレベルになりました。夢の海外移住のためもう一歩上の英語力を目指して日夜勉強中です。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学カウンセラーへ相談する

03-6416-0980

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。