マルタでチップは必要?渡航前に知っておきたいチップ事情まとめ

マルタ

マルタは地中海に浮かぶ小国で、その温暖な気候とリゾート施設の多さから、ヨーロッパをはじめ世界中から観光客が集まります。近年は日本でも人気の旅行先となり、毎年多くの日本人観光客が現地を訪れています。

そんなマルタへ渡航する際に注意しなければいけないのがチップ。

海外ではチップを支払う文化を持つ国もあり、日本人が知らずに訪れると思わぬトラブルに巻き込まれてしまう恐れがあります。

そこで今回は、そんなマルタのチップ事情について紹介したいと思います。

【PR】

なぜ海外ではチップを払うの?

はてな

日本ではあまり見かけないチップを支払う文化は、海外に出ると頻繁に見かけます。そのためチップ文化を知らない日本人が海外に出ると、どのように支払えば良いか、そもそもチップとは何かと当惑してしまう恐れがあります。

ここではそもそもなぜチップを支払うのか、その理由を紹介します。

理由(1)サービス業従事者の賃金が安いため

国によっては、サービス業に従事する人の給料が安く、十分な生活を送れない人もいます。そういった人にとってチップは重要な収入源になり得ます。

この場合チップに支払いは半ば義務にような意味合いで行われ、チップが支払われないと、スタッフとの間でトラブルが発生してしまうこともあるので注意が必要です。

理由(2)サービスに対しての満足度を表すため

チップは良いサービスを受けた際に感謝の意を込めて支払われることもあります。この場合支払いは心づけであり、義務ではありません。

そのため、チップを支払うかどうかは自分がそのサービスに満足したかという基準で決めるようにしましょう。

マルタでチップは必要?

マルタ

マルタではチップ制度があります。そのためレストラン、ホテルなどでサービスを受けた際にはチップの支払いが必要です。

しかしお店によっては、あらかじめサービス料が代金に含まれていたり、そもそもサービス料が発生しない場合もあるので、状況に応じた対応を取る必要があります。

また、マルタではチップの支払いの多くが硬貨で行われるため、小銭を多めに持ち歩くなど、スムーズにチップを支払える準備をしても良いかもしれません。

シチュエーション別チップの相場

マルタでは、シチュエーションに応じてチップの支払いの有無、支払う場合の金額などが変わります。いざそういった状況に置かれ、対応に慌てないために事前に確認しましょう。

シチュエーション(1)ホテル

ホテル

マルタにあるホテルの多くは、宿泊料金にサービス料が含まれるため、ホテルに対しチップを支払う必要はありません。

しかし部屋の清掃に入るハウスキーパーには、心付けとしてチップを渡した方が良いでしょう。

相場は1ユーロ(130円)ほど。チップを部屋に置く場合は、机や電気スタンドのそばなど目立つ位置に置くようにしましょう。

また、係員が荷物を運んでくれた際にも、1ユーロほどのチップを渡すと良いです。

シチュエーション(2)レストラン

レストラン

レストランでは基本的にチップを渡します。相場は飲食代の10%程度です。

チップの渡し方は料金の支払い方法によって異なります。現金払いの場合、支払い金額にチップ代を上乗せした金額を伝票に挟んで渡します。一方クレジットカード払いの場合、店員が提示するカードリーダーにどのくらいの金額チップを支払いかを入力し、支払いを行います。

一点注意したいこととしては、レストランによって請求金額にあらかじめチップ代としてサービス料が含まれる場合があることです。たいていの場合伝票に記載されていますが、もしわからなかった場合はスタッフに「Is this tip included in the bill?」などと尋ねてみましょう。

シチュエーション(3)タクシー

タクシー

タクシーの利用する場合、支払い料金の10%ほどをチップとして渡しましょう。加えて重い荷物などを運んでくれた場合には、追加でチップを支払っても良いかもしれません。

しかし中には高額のチップを請求してくる悪質なドライバーもいます。

安全にタクシーを利用するためにも、利用するタクシーはホテルなどで予約した信頼の置けるものを選んでください。

シチュエーション(4)公共交通機関

マルタでは、バスなど公共交通機関を利用する際はチップを支払い必要はありません。そのため移動の際にはチップを気にせず乗れるバスの利用がおすすめです。

マルタチップ情報まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はマルタのチップについてお伝えしました。

マルタでは基本的にはチップ制がありますが、やはり渡す必要があるかの判断はサービスの質などにより異なってきます。

これからマルタへ行く予定の方は、今回お伝えしたことを踏まえ、マルタでの滞在を快適にお過ごしください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

School With マルタ編集部

School With マルタ編集部

マルタで実際に滞在経験のあるライター、今も生活をしているライターによる編集チームです。マルタでの留学を考えている皆さんに役立つ情報をお届けします。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。