School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

マルタでボランティアするには?ボランティアの種類や参加方法・条件を徹底解説

ボランティア

「マルタでボランティアしてみたいけれど、どうすればいいのかな?」

と思っている方。

地中海に浮かぶ小さな国マルタは、欧州連合の最南端の島国です。小さな3つの有人島と2つの無人島から成り、ヨーロッパ各国のリゾート地として知られています。

英語圏であり優雅なリゾート気分を味わえるマルタは、若者の留学先としても人気。ボランティア先としても楽しい経験ができることは間違いありません。

とはいえ、なかなか海外でのボランティアはイメージしにくいですよね。

そこで今回は、マルタのボランティア事情について紹介したいと思います。

マルタでのボランティアはハードルが高そうに感じますが、押さえるポイントはそれほど多くありません。まずはマルタでのボランティア活動について知りましょう!

【PR】

そもそも海外ボランティアとは?

ボランティア

最近は、日本にとどまらずボランティアを希望する人が増えています。海外ボランティアを希望する人の多くは「自己成長」を望んでおり、ボランティア活動を通して多様な国籍の人に触れることで、さまざまな経験を得ることが可能です。

海外ボランティアとは、シンプルに言うと海外の社会活動などにお金をもらわずに参加すること。無償で働くことは一見損なように感じますが、そこから得られる体験は決してお金に変えられるものではありません。

マルタのボランティア状況

ねこ

小さな国ながら、人口密度でいえば世界4位、住宅街や商業施設、観光施設が密集しているマルタ。ここでは、マルタで募集しているボランティアの種類や、仕事内容について大まかにお伝えします。

明るくフレンドリーな人柄、猫の楽園マルタならではのボランティアが人気

マルタは日本と同じく島国で、なんといっても人柄の良さで有名です。ユーモアと優しさあふれるマルタでは、ボランティア活動も活発。首都バレッタを中心に多くの募集がかかっており、インターネットを通じても応募が可能です。

マルタは「猫の楽園」とも呼ばれているほど猫が多く、そのケアを行うボランティアも人気を集めています。

マルタのボランティア求人例

マルタでは、主に以下のボランティアを募集しています。

・修道院でシスターのお手伝い、チャイルドケア
・難民センターや病院での折り紙ボランティア
・猫の保護活動

学生と社会人それぞれにおすすめのボランティア

マルタ

ここでは、学生と社会人それぞれにおすすめのボランティアをお伝えします。学生と社会人であることの大きな違いは、「年齢」と「経験」の差です。どちらが良いというものではなく、それぞれの特徴や強みを活かしてボランティアに参加できれば、より貢献度の高い時間を過ごせるでしょう。

学生(大学生、高校生)向けにおすすめの活動

高校生や大学生におすすめのボランティアは以下の通りです。

・折り紙ボランティア
・日本語を教える先生
・チャイルドケア

日本の文化や、日本語をそのまま活かせるボランティアは現地でも重宝されるのでオススメです。また若い方であれば、小さい子どもとも仲良くなりやすくチャイルドケアに適しています。

社会人向けにおすすめの活動

社会人の方は、これまでの勤務経験などを活かせるボランティアに参加できればベストです。おすすめのボランティアは以下の通りです。

・ホテルスタッフ
・猫の保護活動

マルタは世界でも有数のリゾート地であることからホテルスタッフの募集も多くかかっています。またマルタ特有のボランティアとして猫の保護活動もオススメです。

マルタでボランティアをするメリットは?

マルタ

マルタでボランティアをするメリットは、

・英語を学びながらボランティアが体験できる
・ボランティア証明書がもらえる
・リゾート気分を味わえる

の3つです。

メリット(1)英語を学びながらボランティアが体験できる

1つ目のメリットは、英語を学びながらボランティアが体験できることです。

マルタは、欧州でも数少ない英語を公用語としている国です。主として使われているはマルタ語ですが、英語も十分通じます。ボランティア中に使われる言語は英語なので、指示のやり取りなどを通じて英語力を高めることが可能です。「ボランティアのついでに英語も学びたい」という方にはピッタリといえます。

メリット(2)ボランティア証明書がもらえる

2つ目のメリットは、ボランティア証明書がもらえることです。

マルタでは、20時間以上ボランティア活動をするとボランティア活動証明書が発行されます。文化教育交流会(CECボランティア)と、マルタ大使アンドレ氏のサイン入りの証明書をゲットすることも可能ですよ。

メリット(3)リゾート気分を味わえる

3つ目のメリットは、リゾート気分を味わえることです。

マルタは気候も良く、青い海と白い建物のコントラストが美しい、ヨーロッパでも有数のリゾート地です。ボランティアをしながらも、そのようなマルタで過ごせることはとても貴重な体験になるでしょう。

マルタはヨーロッパの中央近くに位置しているため、周囲の国へ観光する際も便利です。

ボランティア参加に求められる語学力やスキル

英語

マルタのボランティア活動には、どれくらいの語学力やスキルがあれば良いのでしょうか?求められる語学力と人物像やスキルについてお伝えします。

マルタのボランティアは英語を押さえておけば問題なし

マルタで使われている言語は、

・マルタ語
・英語
・フランス語

の3つです。メインはマルタ語ですが、英語も十分通じます。ボランティアに行くのであれば、英語を押さえておけば問題ありません。最低でもTOEIC400〜600点くらいの英語力は、ボランティア活動が始まる前に身につけておきましょう。

求められる人物像やスキルは「積極性」

ボランティア活動で求められる人物像やスキルをひと言で言うと「積極性」です。仕事ではないからといって受け身であっては、望んでいる経験は得られません。

海外では自分の意見をしっかりと言う必要があります。ボランティアにおいても積極的な発言や行動を心がけてください。

マルタのボランティア活動参加の条件

条件

ここでは、マルタでボランティアに参加するために必要な「参加費」と「ビザ」についてお伝えします。

マルタのボランティアは無料で参加可能

基本的にボランティアは、無料で参加できます。福祉施設やホステルなどでボランティアする場合、宿泊先・食事が施設から無料で提供されることが多いです。

マルタでのボランティア参加にビザは不要

日本人がマルタでボランティアに参加する場合、3ヶ月以内の滞在であればビザの必要はありません。3ヶ月を超える滞在の場合は、

・学生許可証
・労働許可証

などのビザを取得する必要があります。

1週間のマルタボランティアでかかる費用

お金

続いて、マルタで1週間のボランティア活動に参加した場合にかかる費用を解説します。1週間のボランティアには、平均13〜20万円かかります。内訳は以下の通りです。

【1週間のボランティアでかかる費用の目安】(1ユーロ=130円で計算)
・家賃(寮):約110ユーロ(約2万円)
・食費:約70ユーロ(約9千円)
・交通費:約20ユーロ(約3千円)
・渡航費(往復航空券):10~15万円(時期によって変動)
・海外旅行保険:1〜2万円

渡航のタイミングによって航空券の値段が大きく変わるので注意が必要です。住み込みでボランティアできる場合は食費と宿泊費をかなり抑えることができます。

マルタでのボランティアの探し方3つ

パソコン

マルタでのボランティアを探し方は、

・直接コンタクトを取って申し込む
・語学学校や大学から紹介してもらう
・エージェントに登録する

の3つがあります。

探し方(1)直接コンタクトを取って申し込む

1つ目の探し方は、直接コンタクトを取って申し込む方法です。

インターネットを通じてさまざまなボランティアの募集がかかっています。気になるボランティアがあれば、直接コンタクトを取って申し込むことが可能です。

探し方(2)語学学校や大学から紹介してもらう

2つ目の探し方は、語学学校や大学から紹介してもらう方法です。

ボランティア先から学校へ依頼が来ていることも多く、その場合スムーズにボランティア先を紹介してもらうことができます。

探し方(3)エージェントに登録する

3つ目の探し方は、エージェントに登録する方法です。

海外ボランティアをするにあたっては、専門のエージェントに登録してサポートしてもらうことができます。もちろん有料ですが、初めての海外で不安な方や手続きに時間をかける時間が無い方は利用すると良いでしょう。

まとめ

今回は、マルタのボランティアについて紹介しました。

マルタは日本と同じく島国で、人柄の良さで有名です。ユーモアと優しさあふれるマルタでは、ボランティア活動が活発に行われています。

マルタでボランティアをするメリットは、

・英語を学びながらボランティアが体験できる
・ボランティア証明書がもらえる
・リゾート気分を味わえる

の3つです。

マルタは欧州でも数少ない英語が使える国なので、英語を学びながらボランティアに参加したい方にピッタリです。世界有数のリゾート地でもあるため、美しい景色や街並みに囲まれながら過ごすことは貴重な体験になることでしょう。

マルタでのボランティア先を探す際には、

・直接コンタクトを取って申し込む
・語学学校や大学から紹介してもらう
・エージェントに登録する

の3つから自分に合った方法を選んでください。もちろんボランティアの内容も自分の興味・関心の高いものを選んでくださいね。(猫好きの方はマルタならではの猫ボランティアがおすすめです!)

皆さんの海外ボランティアが貴重な経験となることを祈っています!

社会人の超短期留学って、ぶっちゃけ意味ありますか?イベント詳細

留学のギモンを解消!はじめての留学ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

長濱 裕作

長濱 裕作

学生時代はお金を貯めて海外各地を放浪。異文化に触れる楽しさや多様性の価値を知る。学生結婚を経て12年に渡り大手アミューズメント企業に勤めるも、家族と過ごす時間を増やすために退職。現在は田舎に引っ越して古民家を購入、半農半ライターとして生活。子どもたちの留学の在り方についても勉強中。妻ラブな3児の父。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。