School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

フィリピン留学をイメージできる!フィリピン留学の1日のスケジュールを時系列で紹介

Palette School

こんにちは。憧れのフィリピン留学に来てから2週間が経過しました。ライターのニシシマモトゲン(@inkoinko666)です。

僕は、フィリピンの首都マニラから2時間ほど離れた田舎にある「Palette School」という学校で英語留学をしています。

「Palette School」は、GKと呼ばれるフィリピン最大級のNGOが運営する施設内にあり、留学で来ている日本人の他にも現地のフィリピン人やGK内で働いている外国人、特にフランス人が多くいます。そのため、日本人経営の他の語学学校よりも英語が話せる環境だと思ったので、この学校に入学しました。

さて、今回は語学学校での1日のスケジュールをご紹介したいと思います。皆さんが、実際のフィリピン留学の1日のスケジュールがどんなものなのかをイメージできるようにお伝えしていきたいです。

【PR】

フィリピン留学生活の1日

8:00〜 - 朝食

朝食

朝食はバイキング形式なので、自分が食べられる分だけ皿に盛りつけて食べます。そして朝は唯一ホットコーヒーが飲めるので、僕は必ずコーヒーを飲み集中力を高めるのです。

僕の場合は、授業開始が9時半からなので、それまで自分の教室でブログの執筆や写真の編集など自由時間を満喫したりしています。

教室

ちなみ、こちらが僕の教室です。

どのクラスよりもエアコンの音が静かで、食堂とドミトリーからも近いので、ありがたい立地の中で勉強をしています。

9:30〜10:20 - Talk Talk Talk

授業

授業は50分1コマで、僕は6コマを受講しているので、1日5時間は英語の勉強をしています。そしてこの授業「Talk Talk Talk」で学ぶのは、便利な英語の会話技法です。

例えば、以下のように誰かに質問したりする時のフレーズを覚えます。

「Do you like meat?」

「Do you like playing tennis?」

自分の考えを持って質問に答えることで、授業中にアウトプットができるので、身体に英語を染み込ませることができます。

10:30〜11:20 - Pronunciation

授業

続いては英語の発音の勉強です。日本の英語授業では、こういった英語の発音練習をしないことを先生に言ったら、驚いていました。この授業に参加すると、英語らしい発音ができるようになります。

おそらく、日本人が義務教育で英語を6年間勉強してもできるようにならない理由は、発音の勉強をしていないからでしょう。

例えば、この授業では『B』と『V』、『P』と『F』の発音の違いを学んだりしました。

英語の発音も分かり、音も分かれば、英語の理解力が増すことは間違いなしだと思います。

11:30〜12:20 - Impact Issue

授業

Impact Issueは、テーマを設定して先生と議論をする、ディベートのような授業になります。自分の意見を英語で発言するので、英語のアウトプットがしやすいです。最近の題材は、「国際結婚による男女間のすれ違い」でした。

そのテーマに対して、何個か質問されます。

例えば、「あなたは国際結婚することを理解できますか?」「異文化の違いを理解できますか?」などです。

このような質問に対して、自分の意見を英語でアウトプットしていく授業になります。

12:20〜13:30 - 昼食と昼休憩

昼食

教室が食堂から近いので、授業が終わったらすぐに食堂に行けるのが僕の教室の良い点です。昼食後は、部屋に戻って午前中の授業の復習をしたり、ブログを書いたりして好きな時間を過ごしながらダラけています。

13:30〜14:20 - Sound Advice

授業

授業内容は話す英語で、話す英語と書く英語はまったく違います。省略する音も文もたくさんあり、その法則を知ることで話す英語がマスターできますし、自分のリスニング能力も上がること間違いなしです。

14:30〜15:20 - Daily Useful Expression

授業

こちらの授業で学べるのは日常生活で使える、便利な英語表現です。実際に授業中に学んだ英語表現を使って例文を作成するので、英語のライティング力がつきます。先生が、間違った使い方などを訂正してくださるので何を間違えたのかがすぐに分かります。

最近学んだのは、I don’t remember〜 〜思い出せない。

この言葉を使って、例文や会話文を作って、学習効率を高めています。

15:20〜16:30 - Break Time

休憩中はお昼寝をしたりして、後半の授業に向けて体力を回復させる時間です。シエスタと呼ばれる昼寝をすることで、体力が回復し、勉強の効率もあげることができます。30分睡眠ですが、眠気がなくなるのでとてもオススメです。

16:30〜17:20 - グループレッスン

グループレッスンでは、1人ではなく、2〜3人の生徒と先生と一緒に英語を使ってゲームをしながら、勉強を楽しみます。

この前の金曜日には、全生徒と全先生が集結してグループクラスを行い、みんなで「ズンバ」というダンスをして盛り上がりました。

17:20〜19:00 - オフィスで作業

僕の学校では17時半から、教室を使って作業や勉強ができなくなるので、オフィスに移動です。ドミトリーでも勉強や作業はできるのですが、ベッドがあると寝落ちしてしまうので、オフィスでやるようにしています。

19:00〜 - 夕食

夕食

そして19時には、オフィスでの勉強と作業を切り上げ、食堂に直行します。夕食は、朝、昼よりも料理の質が上がるので毎日楽しみにしています。たまに、期待外れのご飯に出会った時の絶望感は半端ないです。

また日曜日は、食堂で夕食が出ないので、近くの町まで行って外食しています。

19:30〜24:00 - フリータイム、そして就寝へ

夕食を食べたあとは、完全にフリータイムです。

僕の学校では飲酒ができないので、学校近くの売店に行ったり、近くの町に行ったりして遊んでいます。他にも、勉強したり、遊んだり、記事を書いたり、みんなで好きなことをしています。

まとめ

虹

僕の1日のスケジュールはいかがでしたか。

1日のスケジュールは、基本的にこの様な感じで過ごしています。学内は日本人以外にも海外の人がたくさんいるので、英語を使える環境です。生徒の中には、夜遊びしに行く人もいたり、寮にこもって英語をひたすら勉強する人もいます。

個人的に集団生活が初めてなので、すべてが新鮮です。久しぶりの学生気分を楽しみながら、残りの留学生活を楽しもうと思います!

僕が通っている学校はココ!
Palette School

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

ニシシマモトゲン

ニシシマモトゲン

28歳大阪在住のインコ好き。野生のインコを撮るついでに海外へというテーマになる雑記ブログ「全人類インコ飼計画」を運営しています。拠点を大阪からフィリピン、フィリピンからオーストラリアへ。現地のリアルな海外情報をお届けしていきます。

カテゴリーから記事を探す

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。