School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

英語学習に近道なし!留学中に英語を話せるようになるスピーキング勉強法

こんにちは。
アイルランドの首都ダブリンに留学中のモモです。

留学前の私もそうでしたが、
「語学留学をして本当に英語を話せるようになるのか?」は、誰もが疑問に思うことではないでしょうか?

正直なところ、いくら英語圏の国に長期で滞在していても、残念ながら学校に行っているだけ・滞在してるだけでは、英語を話せるようにはなりません。一切英語を使わなくても、現地での最低限の生活は意外と何とかなることも多いです。

でもせっかくお金をかけて海外まで留学しにきているわけですから、英語をできるようになりたいですよね!

そこで今回の記事では、語学留学生の1番の目標とも言えるスピーキング能力の向上のために、私が留学中に実践している勉強法をお話ししたいと思います!

皆さんの参考になればうれしいです。
それではどうぞ!

【PR】

留学開始から10ヶ月目の、今の私の英語力は??

アイルランドの街並み

私は今アイルランドに留学してから10か月目に突入しています。英語に関して言えば、発音や細かい文法などの点はまだまだな点もありますが、基本的な日常会話はほぼ問題ないほどまで話せるようになりました

10ヶ月前私がアイルランドに来た当初、どのくらい英語を話せたかというと...まあせいぜい頑張っても自己紹介と、残りは身振り手振りで言いたいことを伝え毎日乗り切っていたくらいでした。

学生時代、英語はそこまで苦手ではありませんでしたし、文法は一通りわかっていたのですが、いざ英語で話をしようと思って口を開くとあら不思議。言葉が出てこないんです(笑)

これは私だけではなく、アジア人の傾向だと思います。英語の文法などの構造はわかっていても、それを話す場で応用できるかはまた別問題。ほかの韓国人の友達も似たようなことを言っていました。

一方、ブラジルやヨーロッパの留学生たちは真逆です。文法や読み書きができなくても喋る喋る!
どうやって話してるんだ!?と思うほどに喋ってきます。彼らを見ていると、英語の知識と、話す能力は必ずしも比例しないんだと学びました。

外に出て友達をつくって、とにかく英語を話し倒す!!

それでは具体的にどのように勉強していけば英語を話せるようになるのでしょうか?
どうすれば憧れのネイティブスピーカーに少しでも近づけるのでしょうか?

私の最も効果的だった学習法は、いたって簡単「とにかく英語で話す!」です。

ここまできて一体何を...とお思いかもしれません。しかしこれ、ネイティブの語学学校の先生にも言われました。

たとえ英語がわかんなくても、辛くても、恥ずかしくても、とにかく話しかけて友達をたくさん作って、たくさん外に出てコミュニケーションをとる!

アイルランドのテンプルバー

放課後部屋にこもってプリントや単語帳と向き合うのも大事です。しかし周囲の留学生の友だちは、外に出てコミュニケーションをとってる人ほど早く英語を話せるようになっていました。

英語のスピーキング力をつけるのに近道はありません。留学しているなら、その環境を無駄にせず、とにかく英語をつかって話しまくりましょう!

私自身も学校の休憩中にラウンジに行って英語で喋って、お昼もみんなと一緒に食べて喋って、放課後も学校に残って喋って、夜も外に出て遊んで英語を使い倒していました。

アイルランドのパブ

学校の先生からの宿題が「友達と英語を使って話しておいで!」なんて時もあったほどです。その時はクラスのみんなも大喜び。なんて幸せな宿題なんでしょう!ビール片手に宿題を終えられちゃいます。あの時間のおかげで交流もたくさんできたし、英語力もだいぶついたと思います。その分お金も飛んでいきましたけど(笑)

買い物だって英語の勉強になる!

以前買い物をしている時に、「レジ袋をもらってもいいですか?」と自分なりに英語で店員さんに言ったら伝わらないことがありました。なんとか伝えたはいいものの、正解を知りたかったので「こういうときなんて言えばいいんですか?」とそのまま聞いて英語のお勉強。店員さんに話しかけるのも、英語を話す有効な手段かもしれませんね

ダブリンのマーケット

余談ですが、アイルランドではお会計の時間はおしゃべりの時間なのかと思うほど、お客さん店員さん問わずみんなよく喋ってきます。レジのお会計の時に「そのバッグかわいい!」「このシャンプー使い心地どう?」など、普通に話しかけてくるんです。

服を買ったときも、店員さに「あなたのメイク好き!このスカートもかわいいよね!」と言われてそのまま少しおしゃべりしたり。日本とはだいぶ違いますね。

外に出ればいろんな場面で英語を話せる機会があるので、そうした会話もぜひ楽しんでみてください(^^♪

自分より英語レベルが高い人と仲良くなる!

それともう1つ、自分よりも英語が話せる人と話すことも、スピーキング能力向上のための大きな手助けになると思います

留学先の学校のラウンジで友達と話しているとき、上位のクラスの人たちから学ぶ表現や単語がかなりありました。

また先生と話す機会があれば、いくら世間話でも考えようによっては英語のマンツーマン授業です!
私の留学先の学校の先生はとてもフレンドリーな人ばかりで、階段ですれ違うだけでも「モモ~元気?昨日は何してたの?」と話しかけてくれて、いつも楽しかったです(^^)

実を言うと、私はそこまで長時間人と話すのは得意ではありません。しかしせっかく留学に来たので、「自己打破」をモットーに、いろいろと頑張って話してみると、友達と英語のスピーキング力の両方を得られることができました。友達から学ぶこともたくさんありますよ。ぜひ積極的に色々な人に話しかけてみましょう!

ある程度英語を話せるようになったら・・

とにかく話すことが大事!ということをここまで書いてきました。しかし英語のスピーキング力がある程度のレベルまでいくと、「ただ話す」だけではその先のステップに行くには難しくなってきます

単語や熟語、類義語などをもっと覚えたり、高度な文法の知識、もっと正確に話すための細かい文法(a,theや前置詞など)も必要になってきます。

ネットで探すとわかりやすく説明しているサイトがあったり、日本人が苦手としている分野を学校の先生が知っている場合もあるので、うまく組み合わせて自分なりの勉強方法を見つけると、さらに充実した留学生活を送れるのではないかと思います。

また、ある先生に言われて最も印象的だったのは「日本語から英語の文章を作るのを止めること」です。正直私はこれが一番難しいです。ですがまだまだ上のステップまで行きたいので、今後も頑張りたいと思います!


ということで長くなりましが、留学中に英語のスピーキング力を伸ばす私なりの勉強方法をまとめてみました。

英語を話せるようになるには、近道はありません。とにかく話しまくりましょう!

最後までありがとうございました(^^)
ぜひぜひ、一緒に頑張りましょう♪

次回もよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

Momo

Momo

周りの友達が就活をしている中、大学4年の後期から休学を決意して「日本人が少ない」「ヨーロッパ留学かっこいい!」というだけの理由で2015年10月よりアイルランドに1年の予定で語学留学。現在6ヶ月を終えちょうど折り返し地点に到達。留学情報が少ない国ですがリアルなアイルランド情報を発信していきます!

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。