School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

フィリピンのダウンタウンを全力で楽しむ4つのコツ

首都マニラやセブを始め、観光・娯楽産業を中心に急速な発展を見せているフィリピン。しかしその発展の陰に脆弱なインフラ、表面化した教育経済格差といった課題を抱えているのも事実です。

フィリピンのダウンタウンへ足を運んでみると、観光エリアで見れる表面だけのフィリピンではなくもっと生のフィリピンを体験することができるんです。

フィリピンへ留学する上で楽しむべきは、リゾートだけじゃない!

そんな持論と、私が実際に体験したフィリピン・セブのダウンタウン地域での留学生活をもとに、ダウンタウンを存分に楽しむコツをお伝えします。

【PR】

1. まずは路地を歩いてみよう

フィリピンのダウンタウン

私が2ヶ月間生活をした語学学校は、フィリピン・セブの繁華街から少し外れたダウンタウンの中に建つ老舗でした。古くからあったホテルを改装した建物で、周囲は小さな家々がひしめき合い、朝から晩まで喧騒が絶えない地域でした。

まず初めにしたいのは、ダウンタウンに足を踏み入れてみること。
セブのアヤラやITパークといった繁華街、外資系企業が進出するビジネスエリアとはその雰囲気が一変します。隙間なく敷き詰められた家を背に多くの子どもたちが路上で走り回り、道沿いにはバーベキューなどのストリートフードを売る露店が点々としています。

子どもも大人も皆気さくで、私たち日本人を見かけると笑顔で話しかけてくれますし、子どもたちは「一緒に遊んで!」とも言わんばかりに集まってきます。

中心部では目にすることのできない、フィリピン独特のビビッドな生活感に触れることができると思います。

2. 道端の人々と積極的にコミュニケーションをとってみる

フィリピンのダウンタウン

道端では、

「Are you Korean?(Japaneseですけどね)」

「Which school are you in?」

など住民から積極的に声をかけてくれます。ぜひ進んで会話に参加しましょう!
留学で鍛えた英語を実践に移すチャンスです!

宗教や言語、文化、そして暮らす環境も大きく異なる彼らが一体何を考え、どのように生きているのか。学校にいる講師との会話では知り得ないような話もたくさん聞けます。何よりも皆気さくです。

私も毎週のように出向き、何度か一緒にお酒を飲んだりもしました。市内のおすすめスポットもたくさん教えてもらえましたよ。

*もちろん怪しい人には十分注意です。少しでも違和感を感じたらその場をすぐに立ち去りましょう!

*ストリートチルドレンにも注意する必要があります。大人数に囲まれないように、全力で振り切りましょう!

3. マーケットに足を運ぼう

フィリピンのマーケット

フィリピンに限らず、東南アジア地域の大きな魅力として上がるのが現地住民の生活の要であるマーケット。野菜や果物、衣類まで、生活する上で欠かせない安価な物品が大量に並ぶのがマーケットの特徴です。

マーケットにも、昼間から開いているものと、夜に催されるナイト・マーケットがあり、また違った雰囲気を醸し出すことで知られます。強烈な匂いで有名なドリアンもあれば、食用の鳥、獲れたての魚介類、どこから流れ着いたのか分からない日本語がプリントされたTシャツまで様々です。

4. エキゾチックフードに挑戦する

フィリピン生活において私のイチオシがこれ、エキゾチックフードです。

フィリピン関連の記事ではよく紹介される「バロット」(=孵化しかけのアヒルの卵をボイルしたもの)や、「チキン・ヘッド」(=その名の通り、チキンの頭を串焼きにしたもの)など、日本では決して味わえないようなものが山ほどあります。

フィリピンはとても広いですし、私たちが訪れていない場所も山ほどあります。まだまだ知らないエキゾチックフードがたくさんあるので、是非面白そうなものを見かけたら挑戦してみてください。

まとめ

以上、フィリピンのダウンタウンを楽しむコツを4つに分けてご紹介しました。
ただしダウンタウンを訪れる際は中心部同様、携行品等には十分注意して、決して一人ではなく友人と複数名で行くことを心がけてください

リゾートやクラブなどの娯楽的イメージに隠されてしまったフィリピンのダウンタウンの魅力を、その目で確かめてみてください。

「一カ月15万円から、英語留学ができる!?マンツーマンレッスン中心だから英語初心者でも安心!

常夏の島国フィリピンで、あなたも英語留学に挑戦してみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

masato

masato

都内の大学にて社会学を専攻。語学留学を終えて、ベトナムとバングラデシュのIT系制作会社にて開発に関わるインターン。豊かな資源と成長性を持つアジア圏が好き。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。