EC マルタ

行きたい学校リストに追加すると
新しいキャンペーンや口コミをお知らせします!

× 閉じる

世界70カ国からの学生が集まるECの本校 世界水準の英語教育が受けられる!

  • 1ヶ月20万円〜
  • 1週間5万円〜
  • 日本語対応

School Withなら最低価格保証!

KJRさんのEC マルタの口コミ

35才 初めての語学学校通い

  • KJRさんの口コミ(男性/30代/無職)
  • 2019年02月02日
  • SW留学

この口コミは KJR さんが留学された当時の主観的なご意見・ご感想であり、 学校の提供するサービスを客観的に評価するものではありません。 あくまでも学校選定の一つの参考としてご活用ください。 現在と異なる場合がありますので、最新の情報はお問い合わせください。 詳しくは口コミに対する 口コミ運営ポリシーをご覧ください。

4.00
  • 期間2週間(2019年01月〜2019年01月)

英語
レベル

留学前LEVEL2 単語や文法が少しだけわかる

TOEIC 400 | TOEFL - | IELTS -

留学後LEVEL1 学習するのが初めて

TOEIC - | TOEFL - | IELTS -

項目別評価 / コメント

  • 授業・カリキュラム
    5.00
  • 講師
    5.00
  • 運営・スタッフ対応
    5.00
  • 施設・設備
    5.00
  • アクティビティ
    5.00
アクティビティ

クラスよりもアクティビティで友達ができた。

交通機関充実度

ホームステイ先が遠すぎる。終バスが22時はきつい。せめて歩いて20分以内の距離とかの場所がよかった。

総評コメント

1月中旬に通うのに、12月上旬に申込むという滑り込み!

タイミング的にPayPayでエアチケット取れたから代金の2割バックは良かった。

さて、準備時期は年末年始の飲み会でほぼ二日酔い。
事前勉強なく、久しぶりの英語。
そもそも英語は話せない。笑



パッキングだけしてホームステイ向けにお土産入れてレツゴー。

天気チェックすると、気温は東京とほぼ同じかな?

インスタで直近写真見て旅行者の服装チェックしたけどダウン着てるな。。

まーかさばるから、薄着の重ね着で行こう。


さて、早速成田へ。
WILLERが安いな。
成田を夜出発!

12時間後、イスタンブール到着!
ターキッシュはフットレストあって良いね!

そして
ちょいチャレンジして、
トランジットのイスタンブール空港のコーヒー屋で、相席になった外国人じいちゃんに話しかけてみる。
相手はなんとマルタ人。
なるほど?


英語…聞き取れないが判明した。笑

タイル貼りの職業、55才、1人旅行でトルコに来た帰りなどはわかった。
そして、エジプト人の英語訛りの可笑しさのお笑い鉄板ネタを披露してくれたが、、
おれはほぼ聞き取れてはない 笑

ははっ (空気読んだ笑い)

まー、そんなもんかな。笑

程よく会話が途切れ、笑

マルタ着くまで、程よい距離感でちょいちょい会話して写真撮ってさよならしてきた。

ちゃおパウロ!笑


で、現地マルタ空港ついて、
スクールのスタッフを見つけ、
待つ間、他の生徒も集まっていた。

日本人いたから少し話したもののアパートメントが別なのでその後は送迎車から別行動。

ぼくと同じ送迎車に乗る2人が待機しているので見てみると…


日本人?韓国?

わからないので一応英語で話しかけてみると、、

韓国人
17才の双子の女の子
1人は日本語通訳目指して日本語がわかる!
もう1人は英語の通訳目指してるとか。
えらいなー
意識高いなー
わかいのにー


移動中、
日本語と、英語で話しつつわかったのは、
日本語できる方は日本語で演劇もやってて韓国で賞取ったから副賞で2月は日本に来るとのこと。

意識高いなー
とゆうか、え?すごいな?笑


と、思いつつぼくのホームステイ先に着きバイバイする。


ホームステイ先では
ホストペアレンツに挨拶。
ドリンザとジョー よろしくね

はい、お土産の日本クラフトビールと
日本酒スパークリングと
チャルメラの豚骨ラーメン。

(食えるかな?笑
って思ってたけど美味しかったと喜んでくれた)


おれの部屋はなんかすごーい古い部屋。
ベッドはシングルが3つ。

だいたい八畳くらいかな?

奥にはトイレと洗面台とシャワールーム。

日当たりは…ほぼないけど、

ま、そんなもんか。

さっそく、荷物を置き、
お家のルールと、学校までのルートを教えてもらう。

が、

鍵が難しい!

なに?押しドアなのに、
ドアノブを掴んで自分側にドアを引きながら、

鍵を回し、

中の鍵が動いたら、

ドアノブを回し、押すと

開く。

中の鍵が開く気配が全くわからん。

2週間いたけど結局スムーズには開けず、
だいたい毎回3分はドア前でガチャガチャやっていた。

…ドア開けたらすぐそこがリビングで、
いつも話し声聞こえる…
居るなら…近いし、おれがガチャガチャやってるのは聞こえてるはずだから開けてくれても。。

でもそうね、慣れなきゃね。
(慣れなかったけど 笑)


ホームステイ先はアパートメントだから、
アパートメントの入り口もドアがある。

これの鍵もまた独特で…

なんか、カチャってなっても開かず、、
練習はしたんだけどね。。


初日の日曜日夜はさっそく飲みがあったから
22時過ぎに帰ってきて、
ホストはもうまったりタイムだったけど、
外のドアが全く開かず、

雨も降ってきた。

だめだ、街灯1つの
知らない街の
1人も歩いてない夜中の通りで
びしょ濡れでドア鍵と格闘してる…

五分やったけど心細くなり、
WhatsAppでホストペアレンツにヘルプ。

なんとか開けてくれたー

トランクス姿のホストファザー、thanks!
(ガチャガチャやり過ぎて遠隔自動ロックをおかしくしたらしい 笑 すぐ直せてよかった)

そして部屋へ戻ると…

激さむ!
さむい!

もう、すぐベッドに滑り込み!

うん、独特の香り。


さてさて、、
明日は初登校だー

そのまま寝てしまう。

朝、シャワーを浴びる。


なんとかお湯が出るが、、

水圧めっちゃよわ!

やはり日本のエコシャワーヘッド持ってくるのが正解だったか。、


ま、慣れればええかと。

思ったけど、

シャワー終えた瞬間からすげーさむい!


ん?

日当たりほぼないけど、
ちゃんとある窓は…スキマあるね。。


それはさむいな。。

古いから仕方ない。。

トイレ…
水洗ではあるが

もちろん便座は冷え冷えなので

毎回、ハズキルーペに。きゃ!


(ちなみに水洗トイレを流す際も、
レバー二回引くとちゃんと流れるのだが、このタイミングがまた難しい…)


部屋はね、エアコンは設置されてるけど、

スキマあるし、
エアコン古いし、
海外って電気代高いし、
ってことで使えないんです。

もしくは有料なんだってよ。

でも、めっちゃ古そうなエアコンで、
つけたらきっと埃が凄そうな状態だから諦めた。



さて、朝ごはんは基本8時。

ホストペアレンツと一緒に食べます。

コーヒーとパンとマーガリンとイチゴのジャム、
そしてケロッグの砂糖なしのコーンフレークとミルク。

うん、毎朝これね。

甘いな…
寒いな…

コーヒーが救いだ…

マルタ期間、暖をとるのはこのコーヒーしかなかった…


でもスクールメイトのルームシェア用アパートメントは、
ちょー綺麗アンドちょーあったかい。
快適。

ホームパーティ後に朝まで寝てしまった。

次回あれば、絶対こっち。

ホームステイとかホストとそんなに絡まなかった。
(だいたい飲んで帰ってくるしw)

夏は別にどっちでもいいと思うけどね。


さて、
本題の学校ですが、

逆にこっちのほうがネタが少ない。


僕のクラスは小学生並みのエレメンタリーコース。

クラスメイトは
ブラジル、コロンビア、韓国、トルコとか。

でもみんなすごい話せるなー。
なんでだ?

インテンシブクラスは、
チェコ、ギニア、ブラジル、コロンビア、韓国、ロシアなどなど。


こっちは元々幅広い英語力の人もいるクラスだから話せるのはわかる。

エレメンタリーもピンキリだな。


で、ぼくは初の
英語での授業、
英語のテキスト、
英語の意見交換で、ちんぷんかんぷんです。

でも、まぁ楽しかったかな。
日本人はクラスに1人だし。
英語だけの環境は素晴らしい。



飲み友達はクラスではできなかったけど
スクール主催の夜のイベントでの飲み、ディスコ、地元歴史ツアーなどで知り合った人たちとそのまま飲んだり、

同じ国のグループがたくさん出来る中で、
日本人もしかりなんだけど、

各自が仲良くなった外国人と
おれらが一緒に飲みにいくなど、

幅が広がって楽しかった。


空いた時間は、
けっこうみんな部屋で寝てたり、
フラフラして観光してるらしくおれもそうしてた。


1人観光してる時に知り合った現地の人と話した30分が1番英語を使った気がする。笑

バス乗るとお金が崩れないため、
立ち往生のやつがいたから、
まぁ旅行者かな?ってことで、

ぼくがバス代くらい奢るよと言って払ったら

それは悪いから!

っておれの残った小銭と交換した。
(百円増えたくらい)


そのまま隣同士で座ってお互い話してみたら

なんと地元民。


なんやねん。


小銭もってろや。

ってか、バスカード持てや。

とか、思いつつ

でもなんで?
こんな田舎から朝に小銭なくバレッタに向かうってシチュエーションおかしくない?

って聞いたらポーランド人の彼女の家から朝帰りとのこと。



でもまぁ、そうか
そうゆうことから仕方ない(なにが?)


で、そのまま彼女の話聞いたり、

男の話聞いたり
年齢聞いて30才、
仕事聞いて小学校の先生、

ポーランド人てどこで知り合うの?
とか、
よく海外行くの?とか
スペインが最高だとか、

日本知ってる?
なに?サムライが好き?
おれはサムライ知らねぇよ 笑

とか呑気に話して、

なんでか、

日本語の

おおきに!

って関西弁教えて


楽しく過ごしたバスの30分間。


学校よりもいい体験じゃん!
とか思いました。笑


でも、学校はやはり英語の勉強の仕方が楽しくはある。

日本でもこんな風にやってほしかったなぁと勝手に思うこの頃。



んで、話は変わって、

1週目はさむすぎて、風邪をひく。

初、英語でドクターに会う。

なんていうかはネットで検索して、

予習はおっけー!

で、薬ももらい、

カード出払い、

保険対策も完璧。

で、あの寒い部屋で寝ると。笑

で最初の金曜日は風邪で登校するも、
授業どころではなかったので帰ってねる。
土曜はそこそこ元気なので、
1人観光へ
夕方にたまたま学校の日本人グループと出会い、そのままご飯へ。

日曜日はその日本人グループとゴゾ島へ。

夜ご飯食べて、ホームパーティプラン立てて、解散。

2週目は学校にも慣れ、

各曜日の各ツアーにも参加して、

ホームパーティでも


わいわいやりつつ金曜日に卒業と。


早い。

2週間ずっと観光と飲んでた。

とゆーか英語力は変わんなかった 笑

友達ができたのが楽しかったわ。

わざわざ30+コースではなく、
下の年齢コースにした甲斐があった。
30+コースの人とも話したけど、
本当にそこまで他の外国人と絡むことが少ないようだ。

友達とかではない。とのこと。


夏ならまた行きたいなーマルタ!

あとは、ヨーロッパ各地への移動費が往復で2万もしないとかすげー安い。


これはすごい。

ヨーロッパのいい勉強になった。

英語以外の言葉にも興味もできた。
(なんでブラジルとコロンビアで会話出来るのか、ギニアもフランス語やし。とかルーツを調べたくなる)

この口コミは参考になりましたか? 参考になった!
お申込み・お見積りはこちらから

School Withなら最低価格保証

代理店手数料0円!
学校へ直接申込むのと同じ費用で無料のサポートを受けることができます。
最低価格保証
SchoolWithで申込み可能な学校の最低価格を保証。安心してお申込みください。

School Withで申し込むメリット

経験豊富なカウンセラーが皆さんの留学をサポートします

留学説明会の予約やメール相談、お電話でのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。

カウンセラーに相談する(無料)

この学校を検討中の方はこちらもチェック

留学説明会の予約やメール相談、お電話でのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。

この学校に興味を持っている方へ

まずはお見積りをしてみましょう!

無料でお見積り依頼をする

この学校への留学を決めている方へ

School Withなら手数料無料で様々な割引やサポートが受けられます!

この学校にお申込みをする

最低価格保証

最低価格保証

オンライン上の同一内容のプランにおいて、どのウェブサイトよりもお得な最低価格を保証します。

School Withの申し込み特典

お電話でのご相談はこちら

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30
(祝日除く)

留学する学校を直接相談して決めたい方へ

無料で留学個別面談をする

この学校に留学したユーザー(15人)

最近閲覧した学校

    最近閲覧した学校の履歴はありません。

留学ガイド

1時間以内に見積り/申込した人がいます!

×

この学校に興味がある人が53人います!

×

あなたにオススメな同じエリアの語学学校

この学校を閲覧したあなたにオススメの語学学校

マルタセントジュリアンにある語学学校「EC マルタ」の学校情報、口コミと評判、様子や雰囲気がわかる写真、寮・宿泊施設の説明、費用や授業料などをEC マルタで留学するために必要な情報を細かく掲載しています!

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。