フィリピン留学リアルレポート

Akira NezuさんのQQ English レポート

【QQ Englishの留学体験レポート2】
授業と一日の流れを紹介

10月18日〜11月18日の1ヶ月間、フィリピンはセブ島にあるQQ Englishという学校に留学体験してきました。

前回の記事では、日本から出発して、学校に到着、初日のオリエンテーションまでの流れを紹介しました。今回は、僕が留学中に受けた授業や流れについて紹介していこうと思います。

授業はスタンダートプラン(1日8コマ)

受けたコースはスタンダートプランで、マンツーマンレッスンが6コマ、グループレッスンが2コマの合計8コマです。
下記ページのカリキュラムの項目を参照して下さい。
QQ Englishのコース料金

コース

前回の記事で紹介した通り、僕は31番のBasic Conversationコースを選択しました。文字が見にくいかと思うので、列挙しておくと、このコースは下記の授業があります。

SpeakingA
Reading
Callan
SpeakingB
Pronunciation
News
GRP1
GRP2
※GRP = グループレッスン

SpeakingAとBの違いはちょっとわかっていません笑
各授業に指定の教科書が割り振られています。教科書は"一冊購入する" or "授業で利用する部分を毎回コピーする"の2パターンなのですが、大半の人がコピーしていましたね。

時間割は下記の通りです。

授業の時間割

授業がある平日はこの時間割通りに進んでいきます。

1コマ目8:00 〜 8:50CALLAN
2コマ目9:00 〜 9:50Reading
3コマ目10:00 〜 10:50GRP
4コマ目11:00 〜 11:50Speaking
ランチ12:00 〜 12:50-
5コマ目13:00 〜 13:50Pronounciation
6コマ目14:00 〜 14:50Speaking
7コマ目15:00 〜 15:50GRP
8コマ目16:00 〜 16:50News

8時〜17時のスケジュールで1コマ50分、授業間の休憩は10分になります。

授業の教室

QQ Englishでは教室が2フロアに分かれています。ビルの7階10階です。7階と10階では全然雰囲気が違います。ちなみに、10階は2013年の夏頃にオープンしたとのことです。

教室

廊下

こちらが7階の教室。
7階の教室は完全個室制になっており、廊下に複数の個室制の教室がずらっと並んでいます。数は数えていませんが、たぶん100部屋くらい。授業を受ける際は先生と2人きりになります。またこの他にも4名ほど入れるグループレッスンの教室があります。

オープン席

一方で、こちらが10階の建物。
7階とは異なり、10階はオープン席になっています。個室ではないため、周りの席の声も聞こえてきますが、特に気になることはありませんでした。

授業の内容

さて、それぞれの授業の内容についてです。
中身といっても、人によってレベルや進め方も違いますし、先生に「◯◯を知りたい!」など要望すれば対応してくれるので、万人がこの通りではありません。あくまで僕の場合の内容です。

1コマ目 CALLAN
QQ English独特のカランメソッドコースです。カランメソッドとは簡単に言うと徹底した反復練習です。1つのセンテンスを先生が言って、それに追いかける形で生徒も発言します。
最初は簡単な『This is a pen』という誰でも知っているけど一生使わないであろうセンテンスから、比較やif文まで、ひたすら喋ります。文を理解して覚えるというよりは話すことで反射的に言葉にできるようにするトレーニングですね。
尋常じゃない量を話すので、たった50分でもかなり疲れます。僕の場合朝一番でこの授業だったので、かなりきつかったですね笑

2コマ目 Reading
Readingの授業は、日本の学校でやるようなReadingと同じでした。与えられた文章を呼んで、先生と一緒に意味や論旨を考えて、問題に答えていく形ですね。日本でもできそうですが、このおかげで文章を読むスピードはかなり早くなった気がします。

3コマ目 GRP
続いて、グループレッスンですが、この授業はWritingでした。短い動画や物語を見て、そのサマリーを書いたり、意見を書いて先生や生徒と意見交換する形式ですね。
Writingも日本でできるじゃん!という感じですが、やはりこの授業のおかけで書くスキルはかなり上がりました。
ちなみに、グループレッスンは最大4名なんですが、僕のクラスはロシア人と僕の2人でした。

4コマ目 Speaking
4コマ目はSpeakingの授業。Speakingということですが、形式は2コマのReadingに近いです。テーマが決まった文章を読んでそれについて意見を交わす形です。異なる点は、自分の意見を先生が掘り下げてくるところですね。『Why do you think?』『What else?』など毎回聞かれます。

5コマ目 Pronounciation
ランチを終えて、5コマ目。Pronounciationということで、発音ですね。先生が厳しかったけど、一番タメになった授業です。発音記号ごとに"どう発音するか"、"その発音をする単語"、"似ている単語との違い"を学びます。
1ヶ月では母音(短母音、二重母音)の発音しか学べなかったのが残念。

6コマ目 Speaking
2回目のSpeakingの授業です。この授業は写真を見て、その写真が何を表しているかを説明する授業でした。また、その写真に関するイディオムなどを覚えます。
写真を説明するのってほんと難しい。このへんは朝から英語漬け&食後ということもあり、常に眠気との戦いでした。

7コマ目 GRP
2回目のグループレッスン。この授業、2回しか出席しませんでした。先生がイヤだったわけでもないんですが、集中力が持たなかったですね...。この時間は休憩にしていました。

8コマ目 News
最後の授業。Newsということですが、最新のNewsについてディスカッションするのかと思いきや、そうではありませんでした。僕の場合は英語でよく使うフレーズを事例を混じえて実践するシチュエーションイングリッシュでした。まあ英会話の基本ができてないので、逆にありがたい授業でした。

単語テスト
僕の授業風景。単語のテストをゲーム形式でやっている時。

授業の後は...

さて、こんな感じで1日8コマを毎平日やります。授業のあとは夕食になります。

夕食
こちらがご飯を食べるカフェ

食事はだいたいバッチメイトと食べてました。
食べ終わった後は、授業の復習を含めた勉強をしたり、バッチメイトと出かけたりします。最初の週は観光がてらモールにいったりする人が多いですね。
復習については、毎日2〜4時間程度近くのカフェで勉強してました。QQ English内にも自習室があるのですが、気分転換をしたかったのと、カフェにはほとんど日本人がいないので日本語に気を取られないためです。コーピー1杯100ペソくらいするので割高ですが、勉強する環境としては快適でした。

要約すると、僕の平日の生活は
朝飯 → 午前の授業 → 昼食 → 午後の授業 → 夕食 → 勉強(復習) → 飲み
という流れです。
勉強後に、ほぼ毎日バッチメイトと飲んでた気がします。
なお、休日の生活については別記事にて改めて紹介します。

授業のコマ数について

ざっくりですが、僕が受けた授業の内容や一日のスケジュールを紹介しました。
ちょっと話はズレますが『1日何コマ受けたらいいの?』という点について、述べてみようかと思います。

8コマだと集中力を維持できない
授業のコマ数ですが、僕は8コマでした。他の学校と比較してみても、8コマというのはわりと平均かと思います。まあ実際は1コマ出席していなかったので、実質7コマですけどね。
あくまで個人的な感想ですが『1日8コマは多い』と感じました。
というのも、一日中英語漬けになるにあたって、もちろん英語が聞けない&話せないので、かなりの集中力が必要になるわけです。僕には400分(50分×8コマ)英語を集中して聞く体力がなかったですね。授業を受けてても集中が切れてしまうので、『ん?今何ていった?』みたいなことが多発してました。特に午後。
集中して授業を受けてきちんと復習することを要点にしたかったので、6コマのコースにしておけばよかったかなーと今になって思います。もちろん8コマでもちゃんと継続出来ている方はいます。
集中が切れても英語を話す環境にいることを優先したい!と考えている方はコマ数が多くてもいいかと思います。

"授業の復習"と"自分の学習"が意外と大切
授業の復習はほんと大切です。どんなテーマで話したか、新しく覚えたフレーズ、単語、これらはきちんと振り返っておいたほうがいいです。
授業で『そういえば、この場合の文法ってなんだっけ』みたいなシーンがけっこうあります。そういったときの復習用に日本から参考書を持参しておくいいかも。

また、授業を受けていると、自分の弱点がなんとなく見えてきます。単語力だったり、文法理解だったり。復習ついでに、そういった弱点を補うための勉強も同時並行でしてました。
僕の場合の一番の弱点は"英語を話すための度胸"だったので、授業以外で毎日フレーズを3つほど覚えて、それを次の日の授業で使うということをやってました。

ちなみに、基本的な文法(文型や時制)、単語を知らない人は、絶対に事前に日本で勉強しておいたほうがいいですよ。
「日本語話すとき文法を意識していないし、大丈夫!」
こう考えるのもわかりますが、文法や単語をの基礎理解があると習得スピードが違います。なので、時間に余裕のある方はできるだけ事前に復習しておきましょう。勉強方法がわからないという方は下記記事を読んでみてください。
【記事】英語初心者がフィリピン留学をする前にやるべき勉強方法

さて、ざっと僕のフィリピン留学における授業や一日の流れ、受けてみて思った授業に対する考えを書いてみました。あくまでも僕個人の感覚なので参考程度に。

次回はQQ Englishの校舎、寮、食事について紹介しようと思います。

でわでわ。

体験した学校

QQ English ITパーク校

学校の詳細情報はこちら

体験した人

根津

Akira Nezu

Web業界で企画とか開発をしてます。英語は読めるけど、聞けない、書けない、話せない典型的日本人タイプ。個人でブログを運営してたりします。
ブログはこちら → 『NEZU.log

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学コーディネーターが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30 (祝日除く)

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。