ベトナム留学の特徴とは?メリット・デメリットを徹底解説!

メリットとデメリット

ベトナムは東南アジア東部、南シナ海に面する国で、近年はハノイやホーチミンといった都市を中心に経済成長目覚ましく、世界中から注目が集まっています。

しかしその一方でまだまだ留学先としての知名度は低く、留学を考えている日本人にはあまり知られていないのが現状です。

そこで今回は、ベトナム留学について知っておきたいという人のために、ベトナム留学の特徴や魅力、メリット・デメリット、最後に注意事項までをステップごとに解説していきます。これを読んでぜひベトナムを留学先の候補に入れていただければ嬉しいです。

なおこの記事は2018年5月26日現在での情報を元に作成されています。

ベトナムの基本情報

ベトナム

ベトナムは東南アジアのインドシナ半島東側に位置する、南北に長い国土をもつ国です。国の正式名称は「Socialist Republic of Vietnam」で、日本語ではベトナム社会主義共和国と言います。

国の総面積は32万9241平方キロメートルで、日本の総面積より少し小さいです。日本のように縦に長い形をしており、北部と南部では気候や文化、歴史も異なることが多いです。

ベトナムの人口は約9,370万人で、民族は主要民族であるキン族が86%を占めていますが、他にもタイ族やムオン族など50を超える民族で構成されています。宗教としては、国民の約70%が仏教徒ですが、キリスト教やイスラム教、カオダイ教も信仰している人がいます。

ベトナムの通貨は、ベトナムドン(VND)。ベトナムドンは数字の桁が大きくなりやすく、1VNDは約0.0048円となっています。

言語としては、最大民族であるキン族が話す言語をベトナム語として公用語にしています。日本と同様に英語教育にも力を入れているため、大学や公共施設、観光地等では英語が通じることも。

またベトナム国内では、日本へ留学する学生の数が最多となっているため、日本語も人気のある言語と言えるでしょう。

LINE留学相談

ベトナム留学の特徴や魅力

ベトナム

ベトナム留学には、「地域によって異なる風土」、「様々な留学スタイルがある」という2つの特徴があります。

特徴(1)地域によって異なる風土

ベトナムは50以上の異なる民族から成る多民族国家であることや、南北に細長く国土が広がっていることから、地域によって風土が異なります。

ベトナム北部に位置する首都ハノイは、政治と文化の中心と言われています。また日本のような四季があったり、フランスの植民地時代の名残のあるレトロな建物を旧市街などで見ることが可能です。

ベトナム中部にあるダナンは、ベトナム第三の都市と呼ばれていますが、自然が豊かで海に面しているため、美しいビーチを楽しむことができます。気候は年間通して暖かいですが、10月〜11月ごろは台風シーズンなので注意が必要です。

ベトナム南部のホーチミンは、ベトナムで1番の大都市です。ホーチミンは年間を通して気温が高く、ベトナム国内では最も過ごしやすい気候です。高等教育も発展していて、50を超える大学があります。

特徴(2)様々な留学スタイルがある

ベトナムでは、様々な留学スタイルを取ることができます。

語学留学や大学への正規留学はもちろん、日本語教育のニーズも高いため、日本語教師アシスタントとして現地で実習することも可能。日本語教師アシスタントは特に資格なども要求されないため、日本語教師に興味がある人におすすめです。

また現地で日系企業が多く進出していることから、インターンシップにも最適です。現在ではたくさんの日本の大学生がベトナムでのインターンシップをしているため、現地の情報も手に入れやすいでしょう。

さらにベトナムではボランティアとして、チャイルドケアなどを体験することができます。それらの経験が語学留学や正規留学とは違った側面で、現地のことを知る機会になるでしょう。

ベトナム留学のメリット

ベトナム

ベトナム留学には、「学費や物価が安い」、「手軽に旅行できる」、「ベトナム料理が口に合いやすい」という3つのメリットがあります。

メリット(1)学費や物価が安い

海外留学を考える際に最もネックとなるのが、お金の問題なのは言うまでもないでしょう。欧米留学では渡航費だけでもかなりの額になってしまいますし、学費や物価も高くなりがちです。

それに対してベトナム留学は金銭面での問題は比較的少ないと言えます。

東京からホーチミンへは安い航空券を使えば往復で4万円前後で渡航可能です。

また学費も語学留学や国立大学での正規留学の場合、1ヶ月あたり2〜5万円、生活費も5万円ほど非常に安く留学生活を送ることが可能となっています。

メリット(2)手軽に旅行できる

ベトナム国内でも北部にある首都ハノイから、南部の大都市ホーチミンまで飛行機で往復1万円程度で移動でき、南北統一鉄道なども普及してきたので、安価で鉄道を楽しむことも可能です。

さらに、ベトナムは陸続きでラオスやカンボジア、中国と繋がっており、気軽に訪れることができます。LCCも普及しており、タイやマレーシア、インドネシアなどへも簡単に移動できるので、ベトナムを訪れる際はぜひ周辺国まで足を伸ばしてみてください。

メリット(3)ベトナム料理が口に合いやすい

ベトナム

ベトナム料理は、隣国である中国の食文化の影響を受けているため、日本人が好む中華風の味付けになっています。またフランスの植民地時代の名残からか、東南アジアでは珍しいマイルドな味付けも日本人に人気である理由のひとつでしょう。

さらにベトナム料理と一口に言っても、ベトナムは地域によってかなり気候や環境が異なるため、地域ごとに違った食べ物を楽しむことができます。ベトナム国内を旅行するときに少し意識して食べ比べをするのもいいでしょう。

LINE留学相談

ベトナム留学のデメリット

そんなメリットが多いように感じるベトナム留学には、当然デメリットもあります。ここでは「交通が不便」、「衛生状況がよくない」、「英語留学には向かない」というデメリットもあります。

デメリット(1)交通が不便

ベトナムでは、交通インフラが十分に整ってないため、車やバイクでの移動が基本となります。そのため交通渋滞は日常的に発生し、時間通りの移動はなかなか難しいのが現状です。

また歩行者はそういったバイクの合間を縫って移動せねばならず、慣れない人はバイクと衝突してしまう危険があるので、留学生は特に注意が必要です。

デメリット(2)衛生状況がよくない

先ほども言ったようにベトナムではバイク利用者が多く、排気ガスが多く出されるため喘息の人などには生活しづらい環境となっています。

また、屋台などで出される水の中には水道水を使っている場合があります。これを飲んでしまうと体調を崩してしまう恐れがあるので、なるべくミネラルウォーターを持参するようにしましょう。

デメリット(3)英語留学には向かない

海外留学といえば、英語留学という選択肢が思い浮かぶことが多いと思いますが、ベトナムでは英語を学べる語学学校はそれほど多くないです。

ベトナムは、日本と同様に英語教育にも力を入れていますが、英語が公用語というわけではないため、英語だけを勉強したいという人はフィリピンやマレーシアなどの語学学校に通った方がいいでしょう。

ベトナムへ留学する際に知っておきたいこと・注意点

注意点

ベトナム留学で失敗しないためにも、以下の2点に注意してください。

注意点(1)スリなどの軽犯罪に注意

ベトナムではスリなどの軽犯罪に注意しましょう。ベトナムは東南アジアでも治安は良い方ですが、中には犯罪を犯す人もいます。あくまで自分は海外で生活しているという意識を常に持つようにしましょう。

注意点(2)タクシーやシクロのドライバーからのボッタクリに注意

ベトナムでタクシーを利用する際は、メーターがきちんと作動しているか確認しましょう。

運転手によってはメーターを違法に作動させ高額な料金を客に請求してくる場合もあります。トラブルに巻き込まれないためにも、事前に確認する癖をベトナムに行く前から身に付けるようにしましょう。

ベトナム留学のまとめ

ベトナム

今回はベトナム留学について、特徴やメリット・デメリット、注意事項を解説しました。

ベトナム留学はまとめると、以下のような特徴があります。

  • ・地域によって風土が異なる
  • ・様々な留学スタイルがある

さらにベトナム留学には、学費や物価が安いことや、手軽に旅行できる、ベトナム料理が日本人の口に合いやすいといったメリットがあります。一方で、デメリットとして、交通インフラが整っていないことや、衛生面に不安要素があったり、英語留学には向かないなどの点があります。

あらかじめこれらのポイントを理解した上で、留学するかどうかを見極めましょう。

ベトナム留学に戻る

LINE留学相談

ベトナム留学ガイド

ベトナムのおすすめ観光スポット情報

ベトナム留学の特徴とメリット・デメリット

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学カウンセラーが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学カウンセラーへ相談する

03-4500-8346

お気軽にお問い合わせください。

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

無料留学相談は
こちらから

留学カウンセラーへ相談する

03-4500-8346

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。