アメリカ留学

人種のるつぼと呼ばれる世界屈指の大国

アメリカ合衆国は、アメリカ本土の48州に加え、アラスカ・ハワイの2州と首都ワシントンD.C.から成り立っている国です。多くの国からの移住者により、民族的に多様であり、多文化でもあります。世界トップクラスの面積を誇ることで、地理も気候も地域によって大きく変わります。数多くの国立公園があり、大自然をそのまま味わうこともできたり、ニューヨークを始めとするそれぞれユニークな大都市・街が存在しています。世界的に有名な大学も多くあり、世界中の留学生を魅了しています。幅広い学問領域と質の高さで世界の教育と研究を常にリードしています。「自由の国」という代名詞を様々なシーンで体験することができる国です。

アメリカ留学おすすめポイント

  • 世界の最先端のテクノロジーやエンターテイメントに触れることができる
  • 教育、医療、テクノロジー、アート、音楽、スポーツ、ファッション、数々のエンターテイメントなど様々な分野で世界をリードしてきたアメリカ。マンハッタンやシカゴの摩天楼に象徴される大都会やイエローストーンやグランドキャニオンなどの大自然まで、スケールが大きく刺激溢れる個性豊かな国です。アメリカ留学では、英語を身につける以外にもこのような各分野の一流の世界に触れることができるというメリットがあります。

  • 1つ1つの地域に特徴があり、目的や希望に合わせて留学先選びが可能
  • アメリカは50州から成り、1つ1つの州が1つの国と言われるように、ひとえにアメリカといっても地域により特徴が異なります。世界経済・トレンドの中心地ニューヨークやハリウッドやサンタモニカで有名なロサンゼルス、雄大な自然に囲まれたハワイなど様々です。大都会で過ごしたいか、自然に囲まれて過ごしたいか、はたまたビーチ沿いでのんびり過ごしたいか。自分の目的にあった地域はどこかを考え、選ぶことが重要なポイントとなります。

  • 多種多様な価値観、文化に溢れた人種のるつぼ
  • 人種のるつぼと呼ばれるアメリカには、様々なバックグランドを持った人々が住んでおり、1つの国にいながら世界中の文化に触れることが出来ます。留学生の国籍も豊かで、中南米・アジア・中東・アフリカ・ヨーロッパなど世界中からこぞってやってきます。様々な人々が作り出す文化の中で、日本では見たことのない光景、多様な価値観・感覚など、今まで出会ったことがない世界に出会うことができます。多くの刺激が溢れたアメリカ留学は、自分自分の新たな可能性を見つけるきっかけになるかもしれません。

アメリカのどこへ留学する?

アメリカ留学の人気都市ランキング

  • 1

    サンディエゴ

    サンディエゴ

    メキシコ国境に近いエキゾチックな晴天都市

    海が好きで暖かいところに行きたい方にオススメ!

  • 2

    ロサンゼルス

    ロサンゼルス

    日本の留学生に最も人気のある西海岸の玄関口

    映画やテーマパークが好きな方にオススメ!

  • 3

    ニューヨーク

    ニューヨーク

    世界で最もエキサイティングなアメリカ最大の都市

    世界の最先端の街を楽しみたい方にオススメ!

  • 4

    サンフランシスコ

    サンフランシスコ

    美しく特徴的な街並みを持つ、霧と坂の都市。

    IT関係に興味のある方にオススメ!

  • 5

    マイアミ

    マイアミ

    エキゾチックな雰囲気に酔いしれる常夏パラダイス

    海が好きで日本人の少ないところが良い方にオススメ!

アメリカ留学おすすめ人気都市ランキングを見る

アメリカの人気語学学校ランキング

  • 1 CEL サンタモニカ

    CELは1981年の開校以来、南カリフォルニアの大都市ロサンゼルスに1キャンパスとサンディエゴに2キャンパスあるカリフォルニアを代表する英語学校です。代々、ヨーロッパのオーナーが運営している学校のため、スイスやドイツをはじめとした多彩な国籍...詳しく見る

    • 1週間6.4万円〜
    • 1ヶ月25.7万円〜
  • 2 CISL サンディエゴ

    CISLは、1972年に設立された私立の語学学校グループです。30年以上の長きに渡り、海外留学生の為の語学教育指導と国際交流サービスを提供しています。厳格な教育方針の元、独自のカリキュラムと教材を用いる事で、常に留学生に対する質の高い語学教...詳しく見る

    • 1週間-
    • 1ヶ月14万円〜
  • 3 EC ロサンゼルス

    全てがたまらなく魅力的な街、サンタモニカ。ECロサンゼルス校はサンタモニカビーチまで歩いてたった5分の立地にあります。5キロにわたる白い砂浜、サードストリートプロムナードのショッピング、ナイトライフスポットにも近く、街中では映画スターや有名...詳しく見る

    • 1週間7.4万円〜
    • 1ヶ月29.7万円〜
  • 4 EC ニューヨーク

    ニューヨークの象徴タイムズスクエアに位置する絶好の立地、ECニューヨーク校。 世界中の人たちがここニューヨークでチャレンジをする、最もエキサイティングな街で留学を実現することができます。ECニューヨーク校ではブラジル、日本、スイス、韓国から...詳しく見る

    • 1週間7.9万円〜
    • 1ヶ月31.5万円〜
  • 5 EC サンフランシスコ

    自由で開放的な空気に満ちたサンフランシスコ。半島の先端にある港街で、急坂や深い霧、シーフードが美味しいことでも有名です。ECサンフランシスコ校はダウンタウンエリアのマーケットストリートのすぐそば。セントラルな広いロケーションにある現代的なデ...詳しく見る

    • 1週間7.7万円〜
    • 1ヶ月30.6万円〜

アメリカ留学費用例

General Englishコース(20コマ/週)、ホームステイ2食付きの場合 ※1ドル=110円で算出

留学期間 4週間 12週間 備考
入学金 17,600円 17,600円
授業料 167,200円 475,200円
滞在先手配料 9,350円 9,350円 ホームステイ手配
ホームステイ費 138,600円 415,800円
空港出迎え 16,500円 16,500円
海外旅行保険 18,100円 47,250円 保険加入費用
往復航空券 100,000円 100,000円
ESTA 1,540円 1,540円 電子渡航認証
お小遣い 70,000円 210,000円 個人差あり
総額 538,890円 1,293,240円

アメリカ留学に関するよくある質問

  •  時差はどのくらいありますか?

    アメリカは広大なので、一国の中でも時差があります。なので、行き先によって時差が異なってきます。東からニューヨークがある東部時間、シカゴは中部時間、山間部時間、そして、サンフランシスコやロサンゼルスがある西海岸の太平洋時間があります。日本からはおおそよ14〜17時間の時差があります。

  •  オススメの都市を教えて下さい。

    アメリカは広大な国土を持つ国などでたくさんの魅力的な都市・街があります。有数の世界都市であり、「人種のサラダボウル」と比喩される人種の多様性はニューヨークでしか味わえません。ハリウッドがあるロサンゼルスやテック産業の会社が集まるシリコンバレーと近いサンフランシスコはクリエイティブな面を持っています。アメリカで最も古く、名門大学も多い歴史あるボストン、コンパクトシティで住みやすいと称されるオレゴン州のポートランドも見逃せません。近代的な高層ビルと古き良きアメリカが残る劇場や博物館とがミックスしているシカゴ、首都であり、政治の中心地であるワシントンD.C.もあります。他にも、スポーツが盛んで、スターバックス発祥の地でも知られるシアトル。本当にそれぞれの都市によって性格も異なれば、体験できることも違ってきます。よく吟味して、自分が行ってみたいと思う場所を探してみてください。

  •  食費はどのくらいかかりますか?

    アメリカで外食をするとなると、日本よりもやや高いです。レストランなどであれば、5,000〜10,000円ほどかかります。加えて、レストランなどであれば、チップを支払う必要もあるでしょう。ファストフードやフードコートでも1,000円程度の金額になります。出費を抑えたい人であれば、自炊することをおすすめします。スーパーマーケットで野菜やフルーツを買って、料理することも一つの手です。自炊が難しいようであれば、食事付きの家を探すか、ホームステイ先などで食事をいただくのが良い方法でしょう。

  •  チップはどのくらい払うのですか?

    アメリカ社会は、受けたサービスに対して感謝の気持ちを込めてチップを支払います。基本的に合計額の15〜20%が一般的です。支払い方法としては、現金であれば、手渡しか飲食店などではテーブルに置いていきます。クレジットカードの場合は、レシートに合計金額とチップの金額を書くランがそれぞれあるので、記入します。チップが必要な場所は、レストラン、バーやクラブ、タクシーやホテルなどです。ファストフードやフードコートでは支払う必要はありません。アメリカのサービス業で働く人たちは、チップを大きな収入として生活しています。日本では馴染みのないチップですが、アメリカでは一般的な文化の一つなのです。

  •  住むところはどうしたら良いですか?

    留学中の滞在方法は主に、アパート・シェアハウス、学生寮、ホームステイがあります。アパートの部屋をシェアするスタイルやシェアハウスは、費用を抑えることができます。しかし、同居する人たちによってはトラブルが起こったり、ストレスが溜まる可能性もあります。学校によっては学生寮を備えているところもあります。学校に近い場所にあるので、交通費がかかりません。また、他の留学生や現地の学生たちと一緒に生活、交流できることも特徴です。ホームステイは、現地の家族と生活を共にすることで、ネイティブの英語に触れることができたり、週末に出かけたりしてアメリカ文化を体験することができます。

カウンセラーに相談する

毎週開催!基礎知識が知りたい方はこちら

留学説明会に参加する(@東京)

留学についての悩みやご相談はこちら

メールでの留学相談はこちら
アメリカの基本情報
国名

アメリカ

首都

ワシントンD.C.

主要都市

ニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ボストン、シカゴなど

人口

約3億1,694万人

通貨

アメリカドル

物価

タクシー初乗り 約300円
ミネラルウォーター500ml 約100円
コーラ350ml 約70円

主な宗教

キリスト教徒70%、無宗教20%

時差

-14時間から-20時間

電源プラグ

A

気候

地域により様々

ビザ

3ヶ月以上滞在の場合必要

ビザの詳細を見る

アメリカ留学ガイド

アメリカ留学に必要なビザ情報

アメリカ留学の特徴とメリット・デメリット

1ヶ月のアメリカ留学費用の内訳と総額

アメリカ留学の滞在先の種類と特徴

アメリカ留学おすすめ人気都市ランキング

アメリカ留学コース選定ガイド

アメリカの現地生活情報

アメリカ留学で失敗しないための学校の選び方

アメリカ英語の特徴とイギリス英語との違い

アメリカ留学持ち物リスト

アメリカの天気・気候と服装

アメリカ留学前の準備の流れ

アメリカ留学の出国から帰国までの流れ

アメリカの祝日情報

留学計画早見表

2ヶ国留学のススメ

英語試験対策とスコア換算表

留学申し込み特典

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。