シンガポール留学

シンガポール共和国は、東南アジアに位置する島国であり、最大のシンガポール島を始め60以上の島々から構成されています。赤道直下にあり、1年を通じて高温多湿であり、乾季と雨季がはっきりとしている気候です。多民族多文化国家であり、華人、インド系、マレー系に大きく分けられ、言語も英語、中国語、マレー語、タミール語を公用語としています。貿易、交通、金融の中心地でもあり、産業を牽引しつつ、「ガーデンシティ」と称され整備された国土に、東南アジアを結ぶハブ空港としての機能も持ち合わせ、観光地としても人気の国です。治安の良さもトップクラスを誇り、教育に力を入れており世界各地から留学生を受け入れている。シンガポール国内の教育水準も世界上位に位置しております。

シンガポール留学おすすめポイント

  • シンガポールは教育水準や学生のレベルが高い
  • シンガポールは教育水準が高い国です。そのレベルの高さからメディアで特集が組まれるほどであり、世界中から留学生が集まっています。というのもシンガポールは、義務教育が小学校までしかなく、中学入学に向けて多くの学生が熱心に勉強します。合格しなければ中学校に入学できないため、必然的にレベルが高くなっているのです。そのため、シンガポール国立大学は「世界大学ランキング」で東京大学よりも上の22位のランクイン。大学留学では、レベルの高い授業を受けることができるはずです。

  • 英語が公用語として使われている
  • シンガポールはアジアで唯一、公用語として英語を定めている国です。というのも、シンガポールは多民族国家。中華系(74%)、マレー系(13%)、インド系(9%)という構成で、言語もマレー語、英語、中国語、タミール語を使います。さらに約56人いる人口のうち、200万人近くは外国人。そのため英語を使う機会が多いのです。大学留学など専門分野の勉強はもちろん、シンガポールで英語に専念するのもおすすめです。

  • 治安の良さも魅力の1つ
  • シンガポールは世界的に治安が良い国であり、東南アジアでもトップクラスです。また、日本人留学生が多い欧米圏やフィリピンのどこよりも低い、犯罪発生率を記録しています。もちろんスリや泥棒といった軽犯罪はありますが、注意しながら生活すれば、危険な目にあうことはありません。街もきれいに整備されており、ゴミのポイ捨てといった行為には、罰金が課されているほど。その額は、内容によっては数十ドルから最大で数千ドルのものぼります。常に治安や清潔さが守られており、初めての海外や留学でも安心して過ごすことができるはずです。

シンガポールの人気語学学校ランキング

シンガポール留学に関するよくある質問

  • シンガポール人の英語になまりがないか不安です。

    シンガポールは公用語として、英語を使っています。ただし「多民族国家であること」「公用語にマレー語や中国語も入っている」ことから、国民すべてが英語を使うわけではありません。そのため、シンガポール独特のアクセントがある「シングリッシュ」というなまりがあるようです。ただし語学学校やインターナショナルスクール、大学などはネイティブに近い英語を使用しており、シングリッシュを感じることはありません。シンガポールでも十分なまりのない英語を学ぶことはできます。

  • 日本からはどのようなアクセス方法がありますか?

    日本(東京)とシンガポールの距離的は、約5,000km。フライトは平均7〜8時間で、直行便もたくさん運航されています。フライトも東京・名古屋・大阪・広島・福岡・那覇から直行便が出ており、非常にアクセスしやすいです。

  • 日本人は多いですか?

    シンガポールには約3万6,000人の日本人が住んでいます(2017年時点)。留学生や日系企業の駐在員とその家族が多く、学校に入学してからも数人は日本人に出会うはずです。日系スーパーや日本の食品を販売するお店もあり、品ぞろえも豊富です。日本人と出会えたりや日本の商品が手に入ったりするため、困ったときでも安心でしょう。

  • シンガポールの楽しみ方は何がありますか?

    シンガポールは国内の観光がおすすめ。面積が東京23区と同じくらいの小さな国のため、数日あれば国内を十分回ることができます。特に「マーライオン」や、「マリーナベイサンズ」などは定番の観光スポットです。また橋を渡ればマレーシアの「ジョホールバル」や、船を使えば1時間ほどでインドネシアの「ビンタン島」に遊びに行くことも可能。1週間あれば、国内も近隣国も楽しむことができるはずです。

  • シンガポール留学に必要なビザを教えてください。

    シンガポールは、30日以内の滞在であればビザは必要ありません。30日以上の滞在をしたいときは、現地の移民局に延長申請をしましょう。また学校に通う場合は、期間に関係なく「スチューデントパス」を取得します。滞在できる日数は、学校やコースによって異なるため、通う学校に確認しておきましょう。またシンガポールにワーキングホリデー制度はありませんが、国が独自で「ワークホリデーパス」というビザを発行しています。18〜25歳までであれば最大6カ月の滞在が許可され、就労もできます。

カウンセラーに相談する

毎週開催!基礎知識が知りたい方はこちら

留学説明会に参加する(@東京)

留学についての悩みやご相談はこちら

メールでの留学相談はこちら
シンガポールの基本情報
国名

シンガポール

首都

シンガポール

主要都市

シンガポール

人口

約561万人

通貨

シンガポールドル

物価

タクシー初乗り 約240円
ミネラルウォーター500ml 約120円
コーラ350ml 約150円

主な宗教

仏教、イスラム教、キリスト教、道教、ヒンズー教

時差

-1時間

電源プラグ

BF

気候

ほぼ赤道直下のシンガポールは四季のない熱帯性モンスーン気候。年間の平均気温は26〜27度で高温多湿。

ビザ

ビザの詳細を見る

シンガポール留学ガイド

シンガポール留学の特徴とメリット・デメリット

シンガポールのおすすめ観光スポット情報

はじめての留学ガイド

留学申し込み特典

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。