コスタリカのおすすめ観光スポット10選

観光

コスタリカは中央アメリカの南部に位置している共和制の国です。国立公園と自然保護区が国土の1/4を占め、非常に自然の豊かな環境が特徴的です。

今回はそんなコスタリカのおすすめ観光スポット10選を紹介したいと思います。これからコスタリカに行かれる方はぜひ参考にしてみてください。

(1)コスタリカ国立劇場 / サンホセ

コスタリカ国立劇場

コスタリカ国立劇場は、エコーツーリズムの発祥の地として知られるコスタリカの首都のサンホセにあります。1891年に建設が始まり、1897年に完成した新古典主義建築の建物です。

劇場周辺は文化広場になっており、観光客や地元の人などの多くの人たちでいつも混雑しています。また、コスタリカで戦争が発生しないのは、「コスタリカ国立劇場の美しい建物を壊したくない」と言われるほどコスタリカの国民に愛されていいます。

見どころ、特徴

コスタリカ国立劇場は、1965年に国の歴史的建築物にも指定されています。ヨーロッパの美しい外観の建築物には遠く及びませんが、中米では珍しい美しい外観になっています。

料金を支払えば内部にも入ることもでき、豪華な調度品やインテリアを見学したり、カフェでゆったり過ごしたりすることができます。

また夜になるとミュージカルやコンサートが開かれるため、そちらも合わせて見てみてください。

アクセス

アトランティコ駅から徒歩5分です。

LINE留学相談

(2)タバコン温泉 / タバコン

タバコン温泉

タバコン温泉は、活火山のアレナル火山の近くにある高級リゾートスパです。人の手がほとんど加わっておらず、リゾートスパ周辺はコスタリカ最大の美しいプライベート熱帯雨林保護区になっています。

タバコンの温泉の5つの温泉はアレナル火山のマグマによって地下で加熱された水源となっています。

見どころ、特徴

タバコン温泉は自然の熱で温められた温泉を楽しむことができます。ただ入浴には水着着用が必須なので、観光を予定の方は事前に水着を用意しましょう。

アクセス

サンホセから公共バスで4時間のラ・フォルトゥナからタクシーで10分ほどです。

(3)コルコバード国立公園 / コルコバード

コルコバード国立公園

コルコバード国立公園は、コスタリカの南西部のオナ半島にある自然公園です。美しい海と熱帯雨林に囲まれ、「最後の秘境」と呼ばれるほど自然にあふれるスポットです。土地面積は、横浜市ほどです。

見どころ、特徴

見どころは、人の手がついていない雄大な自然環境です。ジャガー、オオアリクイ、など、普通の動物園ではなかなか目にできない珍しい動物を観察することができます。日本では見られない熱帯の動物や植物にも見ることができるので、自然に興味がある方に特におすすめです。

また、コルバード国立公園の周辺ではシュノーケリングやスキューバダイビングを楽しめるスポットが多数あります。

アクセス

旅行者がコルコバード国立公園まで、個人で行こうとすると、なかなかアクセスが難しいです。そのため、現地の人と繋がりのある人や旅行会社に問い合わせるのが良いでしょう。

LINE留学相談

(4)マヌエル・アントニオ国立公園 / プンタレナス

 

マヌエル・アントニオ国立公園

マヌエル・アントニオ国立公園は、コスタリカの首都であるサンホセから少し離れたプンタレナスにあります。ナマケモノ、イグアナ、リスザル、アグチーといった動物が生息しています。

見どころ、特徴

マヌエル・アントニオ国立公園ではガイドをつけて公園を散策することができます。ガイドなしでも散策は可能ですが、ガイドがいると一般の人がなかなか見つけることができないような動物まで観察することが可能です。

また、マヌエル・アントニオ国立公園の付近には透明度が高いキレイビーチが広がっています。サーフィンなどのマリーンスポーツが楽しめるので、時間のある方はやってみるのもいいと思います。

アクセス

サンホセからマヌエル・アントニオのバスで約4時間30分です。

(5)トルトゥゲロ国立公園 / リモン

トルトゥゲロ国立公園

エコツーアリズムの先進国としても知られるコスタリカのなかでも、エコツアーの人気が高いのがトルトゥゲロ国立公園です。

カリブ海に面している自然が豊かな公園で、公園内にはワニ、イグアナ、ナマケモノ、ホエザル、クモザルなどのほかの地域では見ることが難しい動物たちに出会うことができます。

見どころ、特徴

トルトゥゲロ公園は内部に運河が通っている構造になっているので、公園内の移動は専用のトレジャーボードのみとなります。

トルトゥゲロ」とはウミガメの産卵という意味で、その名の通り、公園ではウミガメの産卵を見ることができます。

しかし、ウミガメの産卵期間である7〜9月は観光客で混雑するため、注意が必要です。

アクセス

フエルトのリモンという町から専用のボートで約2時間です。ボートが出るかどうかは不確実のため、旅行会社を通じて頼むのがおすすめです。

(6)ロスアンヘレス大聖堂 / カルタゴ

ロスアンヘレス大聖堂

ロスアンへレス大聖堂はコスタリカの宗教の中心地として知られるカルタゴという町にあります。カルタゴは約250年前のコスタリカの首都でしたが、二度の大きい地震の影響で古い建物はほとんど全壊してしまいました。そのため、現在では古い建物はほとんどなくなっています。

見どころ、特徴

ロスアンヘルス大聖堂は主に金を基調とした木造の教会です。また、世界的にも珍しく、ロスアンヘル大聖堂のステンドグラスは特殊な構造をしているために、立体的に見えます。

世界的も「黒いマリア」という伝説で知られており、聖堂には中米各地から人々が集います。毎年8月2日には国民が黒いマリアに関する宗教的なイベントが行われるほど、コスタリカの人々に信仰されています。

アクセス

サンホセからバスで約1時間です。

(7)ココ島国立公園 / プンタレーナス

ココ島国立公園

ココ島国立公園は、コスタリカの南約500kmの太平洋上にあるココ島内にある国立公園です。世界的にも約250万年前の火山活動の地殻変動で形成されており、1997年にはココ島とその周辺地域が世界遺産に認定されています。

人の手が加わっていないので、近年では映画や小説の舞台として有名です。スティーブンソンの『宝島』や、日本でも人気のある『ジェラシックパーク』などは実際にココ島国立公園が舞台となっています。

見どころ、特徴

ココ島国立公園は固有種を含む豊富な自然環境で、特に魚類などの海洋生物は、ハンマーヘッドシャークやネムリブカマグロなど日本ではなかなか目にすることができない珍しい種類の生物を見ることができます。

また、ココ島国立公園は世界的に見ても素晴らしいダイビングスポットとして、ダイバー憧れの地となっています。ネムリブカ、ハンマーヘッドの群れ、イルカ、マンタ、マーブルレイ、バショウカジキなどを常時観察可能です。

さらに世界でも数少ないジンベエザメも、ココ島国立公園絵は見ることができ、海洋生物好きには特におすすめの観光スポットです。

アクセス

個人で船を頼むのはほぼ不可能なので、旅行会社を通じて船を手配することをおすすめします。

(8)モンテベルデ自然保護区 / モンテベルデ

モンテベルデ自然保護区

モンテベルデ自然保護区は、サンホセの北に位置するモンテベルデという町にあります。サンホセの途中太平洋に面した港街で、コスタリカ人のリゾート地として有名です。

見どころ、特徴

モンテベルゼ自然保護区は、ほかの観光地に比べ観光環境が整っているため、気軽に散策できる観光スポットです。歩きながら自然を感じられ、体全身でエコリズムを感じることができます。
  

アクセス

首都サンホセから車で4~6時間です。

(9)チリポ山 / サン・ヘラルド・デ・リバス

チリポ山

チリポ山はコスタリカの中で一番高く標高3820mあります。チリポ山は頂上までの登山道がしっかり整備されているため、海外登山初心者でも登山が可能です。

また、登山をするには登山許可証が必要です。登山許可証はサン・ヘラルド・デ・リバスの国立公園局で手にすることができます。公園周辺にはエラドゥーラ温泉があり、登山で疲れた体を癒すのに最適な場所です。

見どころ 特徴

チリポ山は1990年に世界遺産に登録されているラ・アミスター保護区群の一部になっています。山では標高が高くなるにつれて、原生林の密集地から高山植物の密集地へと植物の様子がどんどん変わっていき、観光客はその変化を登山中に肌で感じ楽しむことができます。

アクセス

観光の拠点となるのはサン・イシドロ。サンホセからサン・イシドロまでバスで約4時間、そこから登山口のサン・ヘラルド・デ・リバスまでバスで約2時間。

(10)サンホセ中央市場 / サンホセ

サンホセ中央市場

サンホセ中央市場は、コスタリカの首都であるサンホセという町の中心の場所にあります。1980年にオープンしてから、地元の人々に生活に根付いた地域密着型の市場として発展してきました。

見どころ 特徴

常に活気があり、歩行者天国となっていることが多いです。観光客としてサンホセ中央市場を訪れると、コスタリカの人々が生活をリアルに感じることができます。

市場では200以上のお店が立ち並び、お肉、野菜、魚、果物など、日本ではあまり目にしない珍しい食材がたくさん見つかります。市場には屋台も多数あるため、観光の際は合わせて食事もしてみてはいかがでしょうか。

また、観光客のために民芸品を取り扱うお店も多数あるため、お土産の購入場所としてもおすすめです。

アクセス

コスタリカの首都サンホセのセントラル通り沿いです。

観光時の注意点

治安、犯罪などについて

近年、悪質な犯罪が急激に増加しているので、夜間の外出などには注意が必要です。特にサンホセの中心部とコカコーラ・バスターミナル周辺、カリブ海沿岸の港町プエルト・リモンでは昼間でもスリや強盗が出没するため観光局では注意を喚起しています。

大きな荷物を持ってバスターミナルに行く際には、なるべくタクシーを利用するようにしましょう。

そのほかバスターミナルやバス内では、運転手や車掌を装い荷物をだましとる手口もあるため、海外にいることを忘れずに気を引き締めて、行動できるように準備しておきましょう。

医療機関について

コスタリカの各町には病院やクリニックがあります。軽いけがや体調不良程度なら、ホテルスタッフが応じてくれることもあるので、気分が悪くなったらホテルスタッフを頼りましょう。

また、周辺諸国に比べると医療水準は高いですが、日本と比べてしまうと医療水準は遥かに低いです。深刻な病気などの場合は、無理をせず早急に日本へ帰国して治療を受けることをおすすめします。

常備薬を飲んでいる方は、日本から持っていきましょう。コスタリカで売られている薬は全般的に強いので、コスタリカで調達するのはとても難しいです。

チップについて

コスタリカには基本的にチップの習慣はありません。しかし、欧米からの観光客が多い影響を受けてチップを払ったほうが良い場合もあります。

水について

コスタリカでは基本的に、ホテルやレストランで提供される水は、飲料用の水を使用していることが多いです。しかし、観光設備が整っていない観光スポットを訪れるときは、念のためにミネラルウォーターを飲むようにしましょう。

日本の場合、氷に注意する必要はありませんが、コスタリカではレストランでも、氷は殺菌処理されていない場合があるので注意が必要です。

まとめ

コスタリカは世界一平和な国と言われ、とても自然にあふれた国です。観光地は自然公園などが中心で、南米ならではの固有種を多く見ることができます。

コスタリカに行く予定のある方は、ぜひこの記事を参考にして観光計画を立ててみてくださいね。

コスタリカ共和国留学に戻る

LINE留学相談

コスタリカ共和国留学ガイド

コスタリカ共和国のおすすめ観光スポット10選

コスタリカ共和国留学の特徴とメリット・デメリット

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学カウンセラーが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学カウンセラーへ相談する

03-4500-8346

お気軽にお問い合わせください。

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

無料留学相談は
こちらから

留学カウンセラーへ相談する

03-4500-8346

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。