あげて嬉しい、もらって嬉しいお土産はこれだ!ウィスラーでおすすめのお土産10選

ウィスラー お土産

こんにちは、海外旅行が大好きなKanakoです。

スキーなどのウィンタースポーツで有名なカナダのウィスラーはバンクーバーから約2時間とアクセスも良好です。また、世界有数規模のスキー場やパウダースノーなどで人気の観光スポットとなっています。

そんなウィスラーの大自然を楽しんだ後に楽しみなことといえば、ウィスラーならではのお土産選びですよね。そこで本記事では、ウィスラーでおすすめのお土産を厳選して10個ご紹介していきます。この記事を参考にぜひお土産選びをしてみてくださいね。

【PR】

ウィスラーのお土産(雑貨編)

お土産(1)ポストカード

ウィスラー お土産 ポストカード

最初に、ウィスラーでゲットできる雑貨のお土産からご紹介します。どこの観光地に行っても必ずと言っていいほど販売しているポストカードですが、お土産にぴったりですよ。

おすすめの理由としては、かさばらないので荷物にならないということと、ポストカードとしてカナダからメッセージを書いて郵便で出せばより特別感のあるお土産にすることができます。日頃の感謝などを伝えたい方へのお土産にいいかもしれませんね。

また、自分へポストカードを出すのも旅の思い出となっておすすめですよ。

お土産(2)ドリームキャッチャー

ウィスラー お土産 ドリームキャッチャー

2つ目にご紹介するウィスラーのお土産は、ドリームキャッチャーです。カナダのインディアンに関する雑貨で、子供を悪夢から守ってくれるという言い伝えのあるお守りのようなものです。羽が使われていたりカラフルな見た目のドリームキャッチャーは若い子へのお土産におすすめですよ。

また、手作りのものも販売されているので、ちょっとこだわりたいなという方にはそちらもおすすめです。大小さまざまな大きさがあるドリームキャッチャーですが、スーツケースに入れて持ち帰る際は潰れてしまわないように十分注意してくださいね。

ウィスラーのお土産(食品)

お土産(3)Tim Hortons(ティムホートンズ)のコーヒー豆

ウィスラー お土産 ポストカード

それでは、食品でおすすめのお土産をご紹介して行きます。Tim Hortonsはカナダ発祥のコーヒーとドーナツのチェーン店で、カナダ全土とアメリカに数店の店舗を持っています。カナダと定番とも言えるコーヒーチェーンかもしれませんね。

このコーヒー豆はTim Hortonsでの店舗でも、スーパーなどでも購入することが可能です。店舗を訪れた際は、定番のコーヒーとドーナツでゆっくりカフェタイムをしてみてくださいね。朝食やランチにぴったりな軽食の取り扱いもあり、カナダへ留学中は私のお気に入りカフェでした。

お土産(4)ケチャップ味のポテトチップス

ウィスラー お土産 ポテトチップス

次のウィスラーでおすすめのお土産は、ケチャップ味のポテトチップスです。トマトの酸味とポテトチップスのしょっぱさが絶妙にマッチしたお菓子で、ちょっとクセになっちゃいますよ。ポテトチップスは、日本でも手に入りますが、ケチャップ味を見たことがある方はいないのではないでしょうか。

しかし、カナダではこのケチャップ味のポテトチップスが定番の味付けとなっていて、多くのブランドがケチャップ味のポテトチップスを出しています。それぞれ若干味付けが異なるので、お気に入りを見つけてお土産にしてみてくださいね。

お土産(5)メープルシロップ

ウィスラー お土産 ポストカード

続いてカナダの定番ともなっているおすすめのお土産、メープルシロップです。メープルはカナダの国旗にも使われていて、カナダを代表する特産物でもあります。

お土産用の小さなかえで型のビンに入っている物から大きな家庭用の物までさまざまな物があります。お土産に困ったら、カナダで定番のメープルシロップがいいかもしれませんね。そのほかにもメープルシロップを使ったお菓子などもたくさんありますよ。

ウィスラーのお土産(アパレル)

お土産(6)Roots(ルーツ)のパーカー

ウィスラー お土産 Roots

ここからはアパレルでおすすめのお土産をご紹介して行きます。まずは、Rootsのパーカーです。カナダ発のアパレルとして有名なRootsは、世界各国に店舗を構えていますが、カナダにはやはり多くの店舗があります。

Rootsはウィスラーで人気の観光地ビレッジ内にも店舗を構えているので、そちらを散策する際についでにゲットするといいかもしれませんね。私もこちらのパーカーを愛用していますが、着心地抜群です。

お土産(7)ウィスラーTシャツ

ウィスラー お土産 ウィスラーTシャツ

次にご紹介するウィスラーおすすめのお土産は、定番のウィスラーTシャツです。どこのお土産でも定番の地名Tシャツはウィスラーのお土産としてもおすすめです。

ここのTシャツの特徴はあまり地名Tシャツ感が強くないということです。現地でお土産を購入する際はいいと思って購入したけれど、帰国してみたらちょっと派手過ぎたということはありませんか。ウィスラーはカナダで有名なビーバーなどをあしらった控えめでおしゃれなデザインのTシャツも多いのでおすすめですよ。

ウィスラーのお土産(日用品)

お土産(8)スタバのマグカップ

ウィスラー お土産 マグカップ

続いて日用品カテゴリーでおすすめのお土産をご紹介して行きます。まずは、スタバのマグです。世界中にあるシアトル発のスターバックスコーヒーでは、地域によってご当地のマグカップが発売されています。地名と共にその地域のイラストが柔らかなタッチで描かれています。

ウィスラー周辺の地域では、主にカナダ、バンクーバー、ウィスラーのマグカップを販売している店舗が多いです。人気の商品なので、1店舗目になくても何店舗かはしごしてみてくださいね。

お土産(9)防寒具

ウィスラー お土産 防寒具

ウィスラーと言ったらやっぱり冬です!そこで、お土産に防寒具なんていかがでしょうか。例えば、手袋や帽子が比較的にお手軽な価格でおすすめです。

また、スノボの板を所有している友達へのお土産なら、防寒具と合わせてスノボ板用のステッカーも一緒にお土産にすると良いかもしれませんね。防寒具は、ファションアイテムとしても利用できる上に、持ち帰る際あまりかさばらないので、そういった面でもおすすめのお土産ですよ。

お土産(10)Tim Hortonsのマグカップ

最後におすすめするウィスラーのお土産は、Tim Hortonsのマグアップです。こちらは先ほどご紹介したTim Hortonsのコーヒー豆と同じカフェのマグカップです。

大きめのサイズのマグカップには、ブランドカラーの赤にTim Hortonsの文字が入っていて、カジュアルな印象です。朝の1杯のコーヒーに使いたいお土産ですよ。また、コーヒー豆とセットでお土産にするのもいいかもしれませんね。

おすすめのショップ

ショップ

ショップ(1)バンクーバー国際空港

ウィスラーのお土産をゲットするのにおすすめスポットは、バンクーバー国際空港です。ウィスラーはバンクーバーから車で約2時間とアクセスが良いので、カナダを訪れる方の玄関口ともなっています。そこで、最後にお土産をゲットしたいという方におすすめです。

空港ではカナダで人気のものがとてもわかりやすく陳列されているので、お店の中をぐるぐると回る必要もなく、効率よくお土産を購入したい方にぴったりのスポットとなっています。

住所

3211 Grant McConachie Way, Richmond, BC V7B 0A4 カナダ

ショップ(2)ウィスラービレッジ内

次にご紹介するウィスラーのお土産をゲットするのにおすすめのスポットがウィスラーのビレッジです。ウィスラーのメインスポットとも言われるこの場所には、飲食店やホテル、ショップが立ち並んでいます。

有名なウィンタースポーツショップやお土産屋さんなども多くありますよ。

ここでお土産を購入するメリットとしては、ウィスラーのお土産が多く取り扱われていることと、滞在中に一度は訪れるだろう場所なので、食事などのついでにお土産をゆっくりと見ることができるということです。

ビレッジ内を端から端までしっかりと散策したいという方は、時間に余裕を持って訪れてみてくださいね。

住所

4154 Village Green #10, Whistler, BC V0N 1B4 カナダ

ショップ(3)Tim Hortons

カナダ発祥のカフェでは、先ほどご紹介したTim Hortonsグッズがゲットできます。

大きなスーパーであるIGAのすぐ近くにあるので、お土産を買いに行く際についでに立ち寄ることもできてとっても便利です。立ち寄った際は、カフェタイムも楽しんでみてくださいね。

住所

4330 Northlands Blvd, Whistler, BC V0N 1B4 カナダ

ショップ(4)IGA

最後にご紹介するおすすめスポットは、IGAです。こちらはウィスラーにある大きなスーパーで地元の人もお買い物をするスポットです。

大きなスーパーなので、雑貨から食品まで基本的なんでも揃っています。食品系のお土産を買うにはぴったりのスポットです。

住所

4330 Northlands Blvd, Whistler, BC V0N 1B4 カナダ

ウィスラーでお土産を購入する上で注意すべきポイント

ウィスラー お土産 注意点

ポイント(1)液体のお土産は機内持ち込みできない

まず1つ目の注意点として、飛行機の機内には液体物を基本的に持ち込めません。必要最低限の1本100ml以下、計1Lまでとなっています。

ですから、液体のお土産は基本的には機内に持ち込めません。海外土産として人気のワインや地ビールなども機内には持ち込めませんので、預け荷物の方に入れるようにしてください。その際はビンが割れてしまわないようにしっかりと梱包するようにしてくださいね。

ポイント(2)荷物の量のことを考える

旅行先でお土産を購入する際に必ず気にしなくてはならないのは、帰国する際の荷物の量です。帰国の際荷物はいくらでもあって良いというわけにはいかないからです。荷物の規定はそれぞれの航空会社や搭乗クラスによっても異なりますが、一般的に23kgの荷物を2つまで預けること可能です。

特に液体で重たいものや軽いけど壊れやすくしっかりとした梱包が必要なもののお土産を購入する際は十分な荷物の余裕を考える必要があります。

まとめ

本記事ではウィスラーでおすすめのお土産を10個ご紹介しました。お土産の紹介と併せて、お土産をゲットするおすすめのスポットや購入する際の注意点なども紹介しました。

旅行の際のお土産選びは、いろいろ迷ってしまって時間がかかるという方におすすめの記事となっています。ぜひこれからウィスラーへ旅行に行かれる方、ウィスラーへの旅行を計画中の方は、この記事を参考に楽しいお土産選びをしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

Kanako

Kanako

こんにちは!女子大生ライターのKanakoです。高校時代に1年間カナダに留学していました。最近は海外旅行と料理にハマっていて、オーストラリアやフランス、イタリア、韓国、台湾、シンガポールなど数々の国を旅しています。みなさんの留学に対するお悩みを解消し、ワクワクやドキドキで溢れた留学生活ができるよう発信していきます。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。