【お知らせ】7月〜8月は満室の学校が増えています。お申込みはお早めに!留学の相談はこちら

ビクトリアでおすすめのお土産10選!あわせてショップ情報も紹介します

ビクトリア お土産

ビクトリアから帰国する際に多くの方がするのがお土産選び。海外のお土産は日本では見かけないユニークなものが多く、日本人に人気です。

特にビクトリアでは、ビンテージトイやハンドメイドジュエリーなどがお土産として有名で、ビクトリアを訪れた多くの方がお土産として購入しています。とはいえビクトリアには、他にもユニークでおすすめなお土産が多くあります。

そこで今回は、ビクトリアに行ったらぜひ購入したいおすすめのお土産と、お土産の購入におすすめのショップ情報を紹介したいと思います。これからビクトリアに行く予定のある方、現在ビクトリアにいる方はぜひ参考にしてみてください。

この記事は2018年10月現在の情報を元に作成されています。レートは1CAD=85円で計算しています。

【PR】

ビクトリアのお土産(雑貨編)

雑貨

まずは雑貨として買っていきたいお土産をご紹介します。

お土産(1)ビンテージトイ

ビンテージトイとは昔の古いおもちゃのことです。マニアやコレクターに人気で、プレミアがついたものだと日本円にして数万円以上するものもあります。

ビクトリア市内には、アメリカの1950年代~1990年代にかけてのビンテージトイが展示・販売されているお店があり、店内に置かれているトイは、スターウォーズ、レゴ、スパイダーマンのフィギュアなどさまざまなです。

レゴのコレクターやアクションフィギュアが好きな人にはおすすめのお土産です。

価格

1~数百CAD

販売場所

店名:チェリーボムトイズ
住所:1410 Broad Street, Victoria, British Columbia V8W 2B1, Canada

お土産(2)ハンドメイドジュエリー

カナダ人アーティストによるハンドクラフトのジュエリーが人気です。

ネイティブアメリカン風のデザインやビクトリア産の翡翠を使ったものなどデザインも豊富で、ピアスやネックレス、ブレスレットなどさまざまなあり、女性へのお土産におすすめです。

価格

30CAD(2,550円)~

販売場所

店名:アーティナズ・ジュエリー
住所:1002 Government Street, Victoria, British Columbia V8W 1X7, Canada

ビクトリアのお土産(食品編)

ビクトリア お土産 チョコ

お土産(3)チョコレートファボリスのチョコレート

ビクトリアのスイーツのお土産の定番といえば「チョコレート」です。

ビクトリア市内にある赤い椅子が目印のお店、チョコレートファボリスのチョコレートはお土産に人気です。いろいろな種類のチョコレートがあり、綺麗に箱や袋に詰められたものから、可愛らしい缶入りのものまでたくさんあります。

選べないときは店員さんに聞いてみるのもおすすめです。

価格

10〜25CAD(850〜2,125円)ほど

販売場所

店名:チョコレートファボリス
住所:1010 Government Street, Victoria, British Columbia V8W 1X7, Canada

お土産(4)ロジャーズのチョコレート

ロジャーズはビクトリア発の老舗チョコレート店で、このお店のチョコレートはカナダ土産としても大変人気があります。

一番人気はピンクチェックの包装が可愛らしいビクトリア・クリームシリーズのチョコレートで、中のクリームはバニラ、ラム、コーヒーなどさまざまなな味が楽しめます。

価格

3CAD(255円)ほど

販売場所

店名:ロジャーズチョコレートダウンタウンビクトリア店
住所:V8W 1X5 913, Government Street, Victoria, British Columbia, Canada

ビクトリアのお土産(衣類編)

Tシャツ

お土産(5)ロベルタスハットの帽子

ビクトリア創業のレトロな帽子専門店、ロベルタスハットの帽子もお土産におすすめです。男性用、女性用、子供用まで幅広くあり、流行のものからアウトドア用までたくさんの種類があります。

中でも特にベレー帽は色や種類が豊富で、値段もリーズナブルなのでお土産には最適です。その他、ヴェール付きの帽子や紳士ハットなど帽子の種類も多く、サイズも揃っているのでピッタリの帽子が選べます。

価格

20〜100CAD(1,700〜8,500円)

販売場所

店名:ロベルタスハット
住所:1318 Government Street, Victoria, British Columbia V8W 1Y8, Canada

お土産(6)スモーキングリリーの洋服

「洋服に使った生地は捨てない」というとてもエコなお店で販売されている洋服は、センスが良くおしゃれな人に人気です。

虫がプリントされたTシャツなどユニークなデザインの洋服も多く、人とは違ったお洒落を楽しみたい人におすすめです。

価格

30CAD(2,550円)~

販売場所

店名:スモーキングリリービクトリア店
住所:569 Johnson Street, Victoria

ビクトリアのお土産(日用品)

ビクトリア お土産 オイル

お土産(7)アウトドア用品

ガーデニング用品や皿や鍋などのキッチン用品、ドア部品や家の修繕用具など、ビクトリアのジェネラルストアは種類も豊富で食品以外のほとんどが手に入ります。

また釣り具やキャンプ用品などのアウトドア用品の種類も多く、地元の人にも大変重宝されています。アウトドア好きな人やDIYが好きな人、ガーデニングや料理が好きな人へのお土産には持ってこいです。

販売場所

店名:キャピタルアイロン
住所:1900 Store Street, Victoria, British Columbia V8T 4R4, Canada

お土産(8)オーガニック用品

ビクトリアには環境に優しい生活用品を取り扱っているお店があります。

お店で販売されている石鹸やキャンドルは化学物質を使用しない大豆油などでできており、使用者に悪い影響を与えない体にやさしいものばかりです。オーガニック嗜好の友人のお土産には最適です。

価格

10~30CAD(850〜2,550円)

販売場所

店名:グッドプラネット
住所:764 Fort Street, Victoria, British Columbia V8W 1H2, Canada

お土産(9)本

ビクトリアの老舗本屋ラッセルブックスで取り扱っている本は、本好きな人のお土産におすすめです。

新品から古本、アンティーク古書、絶版本やさまざまなな国の本などが置かれていて、日本では手に入らない掘り出し物も多数あります。またすべての本が2割引で購入できるのでお得です。

本だけではなく、カレンダーや日記帳、カードなども扱っているので、ちょっとしたお土産にも最適です。

価格

10CAD(850円)前後~

販売場所

店名:ラッセルブックス
住所:734 Fort Street, Victoria, British Columbia V8W 1H2, Canada

お土産(10)スキンケア化粧品

化学物質、化学防腐剤、人口香料などを一切使用せず、すべて肌にやさしい天然素材のみで作られたスキンケア化粧品が人気です。とても香りが良いので、癒し効果も期待できます。特にナチュラル志向の女性へのお土産として喜ばれるでしょう。

価格

4.99~170.93CAD(425〜14,450円)

販売場所

店名:シルクロードティー
住所:1624 Government Street, Victoria, British Colombia, V8W 1Z3, Canada

ビクトリアでお土産選びにおすすめのショップ

ショップ

おすすめショップ(1)マーケットスクエア

ビクトリア市内にある古い倉庫街を利用して建てられた大型ショッピングモールで、可愛い洋服や雑貨を売っています。また周辺にはローカルデザイナーのお店があり、ここでしか買えないお土産も手に入ります。

営業時間

10:00~17:00

住所

560 Johnson Street, Victoria, British V8W 3C6

ショップ(2)Nootka Traders

カナダやビクトリアをモチーフにしたお土産、クラフト用品、木工細工など豊富に取り扱っており、困った時におすすめのお土産屋さんです。

営業時間

9:00~21:00

住所

101-808 Douglas St, Victoria, BC V8W 2Z7

ショップ(3)マーチ―ズビクトリア店

ビクトリアで有名な、品揃え豊富な紅茶の専門店です。カフェゾーンでは香りがよく、美味しい紅茶も楽しめますが、さまざまなな種類のお持ち帰り用の紅茶も置かれています。10パック、50パック、100パックなどから選ぶことができ、お土産にも最適です。

営業時間

9:00~18:00

住所

1110 Government Street, Victoria, BC V8W 1Y2

ビクトリアお土産情報まとめ

いかがでしたでしょうか。

ビクトリアにはビンテージトイやハンドメイドジュエリーの日本人におすすめのお土産がいくつかあります。

これからビクトリアを訪れる方、あるいは現地ですでに生活している方は、今回紹介したものをぜひビクトリア土産に検討してみてはいかがでしょうか。

ビクトリア留学
英国の影響が色濃く残る温暖な街
掲載学校数 10
都市の詳細を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

School With カナダ編集部

School With カナダ編集部

カナダで実際に滞在経験のあるライター、今も生活をしているライターによる編集チームです。カナダでの留学を考えている皆さんに役立つ情報をお届けします。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。