School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

メルボルンへ行ったらここで決まり!おすすめレストラン6選

メルボルンのレストラン

オーストラリアは外国からの移住者が非常に多い国です。そのため食文化でも、オーストラリア独自の食文化ではなく、他国の食文化の影響が大きいです。

特にメルボルンは肉、魚介類、野菜が豊富な地域で、フィッシュアンドチップスやミートパイ、バラマンディなど、他国の影響を受けつつも、オーストラリアの人々に好まれ、メルボルンを代表するような存在になったメニューも多くあります。

そこで今回は、メルボルンに行ったらぜひ訪れてたいおすすめレストラン6選をご紹介します。これからメルボルンを訪れれう予定のある方はぜひ参考にしてみてくださいね。

なおこの記事は2018年6月現在の情報をもとに作成されています。レートの計算は1A$=82円で行なっています。

【PR】

オーストラリア料理

(1)Funk Fish

Funk Fish

photo by: クイーンビクトリアマーケット

イギリスの植民地時代に、イギリス人のよって持ち込まれたフィッシュアンドチップスですが、今ではオーストラリアを代表する料理となっています。特にクイーンビクトリアマーケットのフードコートに入っているこちらのお店は、新鮮で肉厚な魚と、太めのポテトが評判です。

しかも、物価高めのメルボルンの中でも、お手頃価格で、ボリュームたっぷりなメニューが多いです。市場に新鮮な食材を買いにきた地元の人や、観光客でとても賑わっているお店です。

オススメメニュー

・fisherman’s basket A$15.50(1,271円)
たくさんの魚介類を楽しみたい方には、「fisherman’s basket」がおすすめです。魚、エビ、カラマリなどの魚介類とポテトがたっぷりと入っています。一度に多くの魚介類を食べられ、ボリュームもあるので、何人かでシェアして食べるのがおすすめです。

・Snack pack A$6.90(565円)
魚のフライ、ポテトフライにレモンとタルタルソースが入った定番のメニューです。カリカリとした衣とレモンでさっぱりと食べられます。

お店情報

営業時間 月〜木 8:00-14:00
金・土 8:00-15:00
日 9:00-16:00
予算 一人あたりA$10〜15
住所 Vic Market Place Food Court
電話番号 (03)-9329-9555

(2)8bit

ファミコンのゲームに出てきそうな外装で、可愛らしいお店です。名物のハンバーガーには肉汁たっぷりのお肉と、新鮮な野菜も入っていて食べ応え満点です。

サイドメニューの種類も豊富で、フライドポテト以外にもオニオンリング、丸いポテトフライ、濃厚で甘いミルクシェイクなどがあります。

テイクアウトも可能ですが、内装にもこだわっているお店なので、時間がある方には店内で食事されることをおすすめします。

オススメメニュー

8bit

photo by: 8bit

・Chilli cheese fries A$8.50(697円)
たっぷりのフライドポテトの上に、チリソース、チーズ、ハラペーニョ、ネギがかかったサイドメニューです。チリソースとハラペーニョの絶妙な辛さと、チーズのマイルドさでポテトをどんどん食べてしまいます。

トッピングされたネギも、意外にもチリソースと合い、口の中でネギの旨味が広がります。

・1 UP MUSHROOM BURGER A$12.00(984円)
日本では珍しい、お肉の代わりにマッシュルームが入ったベジタリアンメニューです。しっかりと味付けされた肉厚のマッシュルームで、野菜メインでもボリュームがあります。

お店情報

営業時間 11:00-23:00
予算 一人あたりA$15
住所 231 Swanston Street, CBD, Melbourne, VIC
電話番号 (03)-9687-8838

(3)Seven Seeds

Seven Seeds

photo by: seven seeds

メルボルンではカフェ文化が発達した地域で、街には多くのカフェが軒を連ねます。その中でも特に人気のカフェが「seven seeds」です。

店内では、評判のコーヒーと、充実のお食事メニューを求めて、朝から多くの人で賑わっています。

お店は世界大学ランキングでも上位に入り、オーストラリア国内では、トップ3にも数えられるメルボルン大学のすぐそばにあることもあり、店内では勉強している学生も多いです。

オススメメニュー

Seven Seeds

photo by: seven seeds

・ラテ A$4.5(369円)
とても細かく描かれたラテアートは、飲むのがもったいないいくらいの繊細さです。しかし、味もしっかりしているため、見てよし、飲んでよしのおすすめメニューとなっています。

・BLT A$15(1,230円)
スモークされたベーコン、レタス、トマトなどの具がたっぷりと入った、ボリュームたっぷりの分厚いサンドイッチです。

お店情報

営業時間 月〜土 7:00-17:00
予算 一人あたりA$20〜25
住所 114 Berkeley Street, Carlton, Melbourne
電話番号 (03)-9347-8664

日本料理

(4)WABI SABI SALON

WABI SABI SALON

photo by: wabisabi salon

メルボルン在住の日本人の間でも、本格的で美味しいと評判を集める日本料理屋「WABI SABI SALON」。日本で修行したシェフの作る魚料理は、日本国内の日本料理屋と比べても遜色ないほどのレベルの高さです。

メニューにはカレーやラーメン、夜には居酒屋メニューもあり、何度行っても飽きません。特に御膳は、肉、魚などのメインに、多様な惣菜が少しずつ入っており、たくさんの料理を少しずつ食べたいという女性には特におすすめです。

スタッフの接客もとても礼儀正しく、丁寧だと地元の人からも高評価を得ています。

オススメメニュー

・Seafood Gozen A$18(1,476円)
メルボルンでは珍しい、煮魚、焼き魚が入ったお弁当です。メインの魚料理に、煮物、サラダ、おひたしなどの惣菜が入っています。一つで、何種類ものおかずを楽しめる、おすすめメニューです。

・Vegan Gozen A$16(1,312円)
日本料理店では珍しいヴィーガンメニュー(菜食主義者用のメニュー)を提供しています。

お店情報

営業時間 月〜土 12:00-15:00(ランチ)、18:00-23:00(ディナー)
予算 一人あたりA$20〜30
住所 94 SMITH STREET, COLLINGWOOD VIC 3066
電話番号 (03)-9417-6119

(5)Don Don

丼物専門のお店です。安くて美味しいので、留学生から地元の学生、若者に人気のお店です。特にお昼時には、お腹を空かせた若者で大変賑わっています。

牛丼は、日本食が美味しくなった日本人留学生にも美味しいと評判です。丼メニュー以外にも、カレー、うどん、お弁当などもあります。

メルボルンでは、日曜日は閉店しているお店が多い中、「Don Don」は夜遅くまで開いており、夜お腹が空いたときなどに重宝できるお店です。テイクアウトもできるので、お一人様も入りやすいです。

オススメメニュー

・sashi don A$9.8(803円)
厚切りのサーモンの刺身の乗った丼です。日本では見ないような厚みに加え、たっぷり脂ののった新鮮なサーモンがたっぷりとのっています。野菜もたくさん入っていて、量は多めですが、さっぱりと食べれるメニューです。

・Sukiyaki don A$6.9(565円)
Donの看板メニューです。お肉がご飯の上にたっぷりとのっています。スライスされた牛肉が甘辛く味付けされて、臭みもなく食べやすいです。

お店情報

営業時間 月〜日 11:00-21:00
予算 一人あたりA$10
住所 198 Little Lonsdale Street, CBD, Melbourne, VIC
電話番号 (03)-9670-7113

おすすめのrooftop bar

メルボルンの人々は、外に出るのが大好きです。特に夏にはイベントや、コンサートが開かれたり、バーベキューなどアウトドアイベントが多く開催されます。外で食べるレストランやバーも一気に人が増え、特に週末は夜遅くまで多くの人で賑わっています。

(6)Corner Hotel

Corner Hotel

photo by: corner hotel

メルボルンの音楽業界御用達のライブハウスでもあり、屋上は開放感のあるバーにもなります。お酒の種類も豊富ですが、パブ飯とも言われる食事メニューも充実しています。

特にチキンを使ったメニューは、本格的な味付けで美味しいと評判です。週末には、ジャズなどのライブも開催され、生バンドの演奏を聴きながら、お酒や食事を楽しめる場所になります。

屋上には、開放感のあるパブが広がっています。歴史のあるパブで、外国人アーティストがコンサート後にこっそりと訪れる場所としても、密かに知られています。

オススメメニュー

Corner Hotel

photo by: corner hotel

・Corner parma A$24(1,968円)
焼いた厚めのチキンに、レッドオニオンとチーズをのせたメニューです。サイドにサラダと、フライドポテトがトッピングされています。メルボルンの代表的なパブ飯でもあるParmaですが、corner hotelのParmaは、薄めの味付はで、ソースのくどさがないのが特徴です。

・Korean fried chicken A$45(3,690円)
大勢でシェアするメニューです。韓国風のピリ辛のフライドチキンに、キムチのトッピング付きです。唐辛子の辛めの味付けで、特にビールとの相性がいいメニューです。

お店情報

営業時間 月 11:00-21:00
火〜木 12:00-5:00
金・土 12:00-3:00
日 12:00-5:00
予算 一人あたりA$40〜50
住所 57 Swan Street, Richmond, Melbourne
電話番号 (03)-9427-7300

メルボルンのレストランで食事する際の注意点

チップは必要?

メルボルンのレストランでは、高級レストラン以外では、チップは基本的に支払う必要はありません。しかし、レジ横などにガラス瓶や缶が置いてあり、気持ちとしてチップを入れる人は多いです。

高級レストランでは、料金の5%〜10%が平均的なチップの相場であり、クレジットの支払い欄の隅にチップの金額を記入できる欄があります。

入場制限に注意

お酒を提供しているお店では、入り口のセキュリティーが立っており、年齢確認を行っている場合もあります。身分証の提示が必要で、持っていないと中に入れないので要注意です。

治安について

メルボルンには、オーストラリアの他の都市に比べて、夜遅くまで開いている店も多いですが、バーやナイトクラブ周辺では酔った勢いで喧嘩になったり、ひったくりの被害に遭ったりと、昼間とは雰囲気も変わるので気をつけないといけません。

まとめ

人口の多いメルボルンには、世界各国からの移民も多く住んでおり、多様なレストランが並んでいるのが特徴です。学校が多く、留学生や地元の学生も多く住んでいることから、高級店よりもお手頃な価格で、ボリュームのある食事を提供する店のほうが賑わっている傾向があります。

流行りの店も次々に開店するので、店の入れ替わりも激しい地域です。カフェ文化が盛んな街で、個性豊かなカフェも多く、バリスタの勉強にわざわざ来る人も多い街です。

メルボルンを訪れる予定のある方は、ぜひこの記事を参考にしてメルボルンを楽しんでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

School With オーストラリア編集部

School With オーストラリア編集部

オーストラリアで実際に滞在経験のあるライター、今も生活をしているライターによる編集チームです。オーストラリアでの留学を考えている皆さんに役立つ情報をお届けします。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(土曜定休)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。