School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

留学後に本気で英語を身につけたいなら「英語を使う仕事」に就くべき!

「せっかく留学したのに、帰国して英語を使わなくなったらすぐに英語を忘れてしまった!」なんて話、よく聞きませんか?

「留学してレベルアップした英語力を維持したい」

「今後も英語学習を続けていきたい」

と思っても英語本を毎日読んだり、継続的に英語を勉強する環境を自分で作り出すのは思った以上に大変ですよね?そこでオススメするのが、

「英語を使う仕事」に就いてしまうこと!

仕事となれば、否が応でも英語を学び、使わざるを得ませんよね?本気で英語力を上げたいなら、英語漬けの環境に飛び込んでみましょう!

【PR】

まずはTOEICを受けて自分のレベルを知ろう

TOEIC

英語を使用する仕事に就くためには、留学中または帰国後にTOEICを受ける必要があります。というのも、日本ではTOEICのスコアで英語のレベルを判断されるからです。英語関係の仕事の応募条件には必ず「TOEICスコア何点以上」という記載があります。

一般的にはTOEICスコア500点から750点が「中級レベル」と言われています。ただ多くの企業は日常会話レベルとして700点前後を基準にしているのが事実です。

「中級レベル」のスコアで探せる仕事も様々で、「英語を使ったサポート業務」などが多くありますが、その多くが読み書き中心の仕事になります。会話に自信のない人には好都合ですが、英語を話したい!という人には少し物足りないですね。

スコアが800点から900点になると「上級レベル」と判断され、業種の幅もかなり広がります

このレベルになると読み書き以上に「高いスピーキング力」が求められます。「英文事務」や「会議通訳、翻訳」、「外国人上司の英語アシスタント」などで多く募集があります。このレベルでは面接も外国人上司による面接になる場合がほとんどです。

私が選んだ英語関係の仕事

ホテルの受付

私が1番はじめに選んだ仕事は、「ホテルの受付」でした。外国人客が多いのが明らかな成田空港周辺のホテルに絞って仕事を探しました。

その時に求められていたTOEICスコアは確か750点ほどだったと思います。そのホテルは外国人客の他に外国人のエアクルーが多く泊まっていたため、業務以外にも楽しく英語で会話する機会も多くありました。

また受付の9割は留学経験者で、皆英語に関してそれぞれの目標を持っていたし、流暢な英語を話す同僚や上司もいたので、とても刺激になりました。

2度目に帰国した時に選んだ仕事は、「翻訳アシスタント」でした。この時に求められていたTOEICのスコアは850点でした。英語は通訳よりは翻訳の方が多かったものの、全面的に英語を使う仕事だったので専門分野の語彙も増え、とても勉強になりました。

3度目は日本に戻らず、現在住むメキシコで英語教師の仕事を見つけました。英語レベルを落とさないように、これまで日本に帰国するごとに英語を使う仕事に就き、再度留学したのは自分の目指す最終ゴールにたどり着く近道だった気がします。

まとめ

英語を使う職場

英語が大好きでもっと上手くなりたい方は、帰国後とにかく日常的に英語を使う環境に身を置くことが大切です。是非英語を使う仕事に就くなど、英語に触れることを忘れないでくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

Yu Larraz

Yu Larraz

英国に4年ほど留学していました。留学前も後も、英語教師を6年間経験した現在でも、常に英語力UPのためにできることをしています。英語を上達させるのって楽じゃありません。でも、ちょっとしたコツでどんどん理解できるようになったり、どんどん話せるようになったりします。そんな英語学習のコツや留学に関しての情報をお伝えしたいと思います。

カテゴリーから記事を探す

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。