School Withとは

School With は留学・語学学校の今がわかる留学情報メディアであり
一人ひとりの留学に向き合う留学エージェントです。

無料会員登録して使ってみる

  • 留学経験者の口コミが見れる!

    世界32カ国の語学学校を約4,000校掲載。
    最新の学校のカリキュラムや料金表や
    留学経験者の最新の口コミ評判も充実。

  • 見積り、申込の手数料無料!

    School Withでは、留学のお手続きは
    全て無料でサポートしています。
    ご安心してご利用ください。

× 次回から表示しない

School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

ワーホリ in Australia◉

フィリピン人の高い英語力は分かりつつ・・・。やっぱり本場の英語を経験したい!!と思う方、たくさんいらっしゃると思います。年齢制限というハードルはあるものの、まだ間に合う方に取ってワーキングホリデー程お得なプログラムもないと個人的には思います。

 

私はオーストラリアの「Melbourne:メルボルン」というところでワーキングホリデーをしました。メルボルンは「学生の町」とも呼ばれ、とても若々しく元気でオシャレなところでした。なにより素敵なカフェがたくさんあることでも有名なのでカフェ好きの方には本当にオススメです。 

 

06fc97e4c220d564f8d93fc8aed491ff.jpg

 ↑トラムを乗って市内を見るのも中々素敵でしたね〜♪

 

私がメルボルンで初めてした仕事はカフェのスタッフでした。カフェを選んだ理由は店がメルボルン市内の中心街にあったので毎日メルボルンの人たちの生活を見ることができる点でした。大学生、キャリアーウーマン、お年寄りの夫婦など毎日色々な方に会えました。そして、カフェの前に広場があったので毎日アーティストたちの共演を聞けることもよかったです。 

 

22793ca0d2643510b8b9804e4f1162ec.jpg

 ↑カフェがたくさんあるメルボルンではスタバを始めチェーン店のカフェが不人気でした。

 

時給は13ドルを貰っていました。1300円くらいですね。(しかし、物価もおそろしく高く、今日本でも少しはブームになっているVitamin Waterなどが当時自動販売機で4ドルくらいしてた気がします。。)仕事は正直日本の接客と比べて楽チンでした。お客様も皆フランクであまり日本での「お客様様」って感じの人はいなかったです。

 

一見、「こいつ・・・・。アーティストの音楽聞きながら、適当にコーヒー作って、優しいオーストラリア人と話しているだけじゃん!」と思う方。当たりでーす❤

本当におっしゃる通りですが、一つこの全てに関係する大事なポイントがあります。

 

それは、オーストラリアに行く前の英語の事前学習です。もちろん、「オーストラリアへ着いてから語学学校を行きながらアルバイトをするー!」と言う方もいらっしゃるかも知れません。しかし、個人的にはそれは少しもったいない気がしますね。一見そっちの方が、フィリピンでの事前学習費用がかからない分、安く感じれるかもしれませんが、英語をある程度しゃべれる人と全くスタートのステージにいる人に与えられる仕事の選択肢は大幅に異なります。

 

フィリピン留学で英語を学んだ後ならば、オーストラリアのワーキングホリデーである程度良い仕事につけるので、すぐにフィリピン留学費用分を稼げることが事が出来ます。1年。長いと言えば長いですが、海外での1年は決して長くありません。その時間をマックスに生かすためには、着いてからすぐでも、ある程度スタートする準備が出来た状態で行く事をお勧めします。

 

全く同じ時期にメルボルンへ着いてワーキングホリデーをしていた他の日本人の友達は何もしゃべれない状態で来ていたために、結局はワーホリが終わるまでずっといわゆるファームで「Carrot Picking」(人参を拾う仕事)などをしました。ファーム、もしくは日本人経営のお店で安い時給で働きながら、結局はずっとオーストラリアで日本人とのみコミュニケーションを取る日々になる。。。やっぱり事前学習は大事です。 

 

お仕事のみならず、やはり英語をしゃべれる方がすぐヨーロッパやアメリカなど世界各国から来ている人たちとコミュニケーションが取りやすいので・・・。「オーストラリアさえ行けば何とかなるでしょう。」と思っている方には本当にもう一度行く前のフィリピンでの事前学習を検討させて頂きたいと思います。

 

4fcd7f7ac0aa80cb1e9c08834da27c77.jpg

 

オーストラリアでのワーホリは自分次第で本当に素敵な経験になると思いますので、是非検討してみて下さい〜♪

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

留学の準備で役立つ「留学のしおり」を無料でプレゼント!

留学のしおり(準備編)欧米Ver.

欧米留学をお考えのみなさんが、 事前に知っておくべきことを「留学のしおり」としてまとめました。

  • VISAや保険、お金周りなど事前の注意事項とは?
  • ワーホリするなら必見!各国の就労・就業条件
  • 日本で準備しておくべき持ち物リスト
  • 知っておくと安心!出発当日確認すべきこと

など、役立つ情報が満載!
是非チェックしてみてください。

無料ダウンロードする

※ ダウンロードには会員登録(無料・30秒でかんたん)が必要です。

この留学ブログを書いた人

Stacy Kim

Stacy Kim

釜山生まれの韓国人。高校時代は寒過ぎる中国ハルピンとニュージーランドの田舎町で羊と馬を見ながら登下校する毎日を過ごす。長期間の旅を経て、なぜか日本の大学に進学。次は交換留学生としてスペインかタイで住んでみたい。千葉県民ながら東京タワーが大好き。

この記事に関連するタグ

こちらの留学ブログもいかがですか?

カテゴリーから記事を探す

みんなの留学相談サービス「留学アンサーズ」
School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。