School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

見落としがちだけど、あると便利な持ち物リスト

めっちゃ重要というわけではないけれど、あったら助かる。

そんな見落としがちな持っていくべきものたちを紹介します!

これからフィリピン留学に行く予定の方は参考にしてみてくださいね!!

【PR】

■のど飴

フィリピン留学では、1日に何時間もマンツーマンレッスンを受けるため、

今までの人生ではありえない量の英語を話します。

そうすると、1,2週間経つと喉が痛くなってきます。笑

英語は日本語とは使う喉の位置が異なるので、いきなりたくさん使うことで痛めてしまうようなのです。

そんなときに役立つのがのど飴(またはトローチやのど薬など)です!

せっかく留学しているのだから、のども万全な状態を保ちたいですね。

■かゆみ止め

これを忘れると悲惨です。笑
フィリピンは南国ですし、さらに雨季の時期ともなると蚊がすごいです。

しかも、日本の蚊より強力な気がします。(腫れがすごい)

もちろんかゆみ止めはフィリピンでも手に入りますが、日本のものの方が効くような気がしなくもないです。

ということで、日本から1つは持っていくことをオススメします!

■胃薬

薬系が続きますが、これも大切です。
私は幸いお世話になったことは1度もありませんが、お腹に自信がない人は絶対に持って行きましょう。

また、韓国系の学校を考えている方は、学校のごはんが韓国料理のところも多いので、辛いのが苦手な方も必要かもしれません。

■クロックス

フィリピンはあまり道が整っていません。ガタガタです。なのでヒールなんて履いていられません。

私は留学の行き帰り以外は基本、日本の300均で買ったクロックスみたいなやつで生活していました。すごくだらしない格好ですが、フィリピンではあんまり目立ちません。笑

また、安いので留学終了時に捨てられるのも◎です。フィリピンで買えばいいのでは?と思うかもしれませんが、これに関しては300円相当で同じクオリティのものはなかなか見つからないので、日本で買った方がお得です。

数百円のことなので、荷物を減らしたい方は現地購入でも良いかもしれないんですが、フィリピンにいると物価が安い分、すごくケチになってしまいます。笑

■日本語の英語教材

意外と使うことは少ないかもしれませんが、自分の英語レベルと相談して必要なものは持っていった方が安心です。

当たり前ですが、日本語で英語の説明をしている教材はフィリピンでは購入できません。なので、基本的な文法知識や発音方法に不安がある方は、先生の言っていたことを再確認&復習するために、
日本で使っている教材を1,2冊持っていくのがオススメです。

■ガイドブック

留学に行くのであって遊びに行くわけじゃない!と思うかもしれませんが、

週末は結構みんな観光に行ったりします。

友達と途上国を旅するなんて、すっごく楽しくて良い経験です。

そんなときに、やっぱりガイドブックは役立ちます。

英語教材と同じで、日本人向けのガイドブックというのはフィリピンでは手に入らないので、

ぜひ日本から持っていきましょう。

ただし、留学先の生徒が誰かしら持ってきているものなので、

忘れてしまっても慌てなくて大丈夫です。


以上、あると便利な持ち物リストでした!
ですが、ほとんどの物は現地で購入出来たり、友達が貸してくれたりするので、あまり神経質にならなくてもなんとかなりますよ。
これから留学に行く方は楽しんできてくださいね :)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

西野 理央

西野 理央

2度のフィリピン留学、アメリカ留学を経験。

カテゴリーから記事を探す

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。