マニラの医療事情まとめ!日本人におすすめの病院もあわせて紹介

マニラ 病院

マニラで生活する上で備えておきたいのが、具合が悪くなったときの対応方法。

日本と比べて医療レベルがいまいち、というイメージをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、信頼できる医師もたくさんいます。

ここでは、マニラの医療事情と日本人が受診しやすい病院、緊急対応をまとめます。

マニラの医療事情

マニラ 病院

公立病院と私立病院の差が激しい

大都会マニラではたくさんの病院がありますが、地域によって、また公立や私立の違いによって、医療設備や費用に大きな差があります。

日本人が多く住むマカティ市、タギッグ市(BGC:ボニファシオグローバルシティ)、マンダルヨン市・パシグ市(Ortigas:オルティガス)、モンテンルパ市(Alabang:アラバン)などは大きな私立病院があります。

私立病院の一部は日本の大学病院にも引けを取らない最新の医療機器を備え、国内外でトレーニングを積んだ医師が診療にあたるなど、安心して受診できる環境を備えています。

アメリカや日本から最新の治療法を学び、取り入れている先進的な病院もあります。

ただし、医師の診療費(プロフェッショナルフィー)は自由に設定されるため、私立病院のほうが治療費は高額になる傾向があります。

さらに、衛生材料だけでなく使用器具(まくらや洗面器など)もディスポーザブル(使い捨て製品)だったり、個室代が1日3,500ペソ(約7,350円)〜になるなど、入院費そのものが高額になる病院も。

日本で加入する海外旅行保険では病院による対象の制限がないものが多いと思いますが、フィリピン現地で加入するローカルの医療保険では一部の私立病院はカバーされないこともあるため注意が必要です。

一方、公立病院は診療費を低く抑えられます。公立のGeriatric Hospitalなど、シニアシチズンを取得した人は利用料やお薬の費用が無料になるなど、条件によって無料になる病院もあります。

医師は複数の病院に登録しており、公立病院と私立病院で医師の技術が特別違うというわけでもありません。ただし、施設面では衛生面や資源不足による弊害、プライバシーの問題など日本人にとって厳しく感じることもあるかもしれません。

信頼できる医師を探し、公立病院の外来を受診するという方法を取る日本人の方もいらっしゃいます。

医師が病院から独立している

マニラの多くの病院では、医師と契約を結び、診療設備を共有するというオープンシステムをとっています。

医師は複数の病院と契約しクリニックを構えることが多く、曜日や時間に応じて病院を移動します。医師によってプロフェッショナルフィーを自由に設定できるため、同じ処置を受けても費用が異なることがあります。

患者側としては、医師が合わないなと思ったときにセカンドオピニオンを受けやすい、症状に応じてクリニックと大きな病院を両方利用できるといったメリットがあります

一方、クリニックと検査部が独立している大きな病院では検査を受ける際に検査ごと、クリニックとは別に予約を取らないといけなかったり、初診で症状から何科を受診すべきか判断しづらいときに医師を探しにくかったりといったデメリットもあります。

医師のあてがなく初めて受診をするときには、総合内科のある小さなクリニックを受診したり、大きな病院のコンシェルジュを利用すると良いでしょう。

都心の病院では英語で受診することが可能

マニラの特徴のひとつとして、多くの医療者は英語で医学を学んでいるという背景があります。そのため、基本的には医師も看護師も英語を使うことができます。

特に、外国人のよく行く私立病院では聞き取りやすい英語を話すスタッフが多い印象です。

日本語サポートのある病院を受診できたら安心ですが、それ以外の病院でも英語で意思疎通を図れるのはマニラの大きなメリットです。

LINE留学相談

マニラのおすすめ病院

マニラ 病院 おすすめ

病院(1)St. Luke's Medical Center(セントルークスメディカルセンター)

St. Luke's Medical Centerはタギッグ市とケソン市にある、5つ星病院といわれる私立病院です。

医療認定機関JCI(Joint Commision International)の認定を受けており、2016年にはアメリカの権威ある医療ネットワークひとつ、Mayo Clinic Care Networkのメンバーとなるなど、国内外で信頼を受けています。

次にご紹介するマカティメディカルと並んで、セントルークスは日本人が多く出産する施設としても馴染みのある病院です。多いときには年間10名以上の日本人妊婦さんがこの施設での出産を選んでいます。

費用は国内随一の高さなので、外国人や富裕層向けの病院ともいえます。

*以前は専属の日本人の通訳士がいらっしゃいましたが、現在日本語対応はジャパニーズヘルプデスクのみとなっています。

詳細情報

営業時間 救急は24時間、外来は医師による
電話番号 【BGC】(+63)2-789-7700
【Quezon】(+63)2-723-0101
住所 【BGC】Rizal Drive cor. 32nd St. and 5th Ave., Taguig

【Quezon】279 E Rodriguez Sr. Ave. Quezon City
公式サイト https://www.stlukes.com.ph/

病院(2)Makati Medical Center(マカティメディカルセンター)

Makati Medical Centerは日本人が多く住む街のひとつ、マカティ市にある私立病院です。

最近新しい入院棟も完成し、設備や医療レベルは申し分なく安心して受診できる病院のひとつです。ジャパニーズヘルプデスクのクリニックがすぐそばに開院し、そこでは日本語対応の医師が常駐するなど日本人が利用しやすいのも特徴です。

詳細情報

営業時間 救急は24時間、外来は医師による
電話番号 (02)888-8999
住所 No. 2 Amorsolo Street, Legaspi Village, Makati City,
公式サイト http://www.makatimed.net.ph/

病院(3)マニラ日本人会診療所

マニラ日本人会診療所はマニラ日本人会所属の診療所で、会員以外でも追加費用を支払うことで誰でも受診できます。

日本人の内科医師と事務スタッフがいるため日本語で受診をしたい人に好まれます。内科のほか、産科、小児科があります。

詳細情報

営業時間 内科:月〜金曜 8:30〜11:00, 13:30〜16:00、土曜 8:30〜11:00
産科:火・木曜 9:30〜11:00
小児科:水・金曜 13:30〜16:00
(いずれも予約不可、重症度や先着順で受診)
電話番号 02-818-0880
住所 23 Floor, Trident Tower, 312 Gil Puyat Ave., Salcedo Village, Makati City
公式サイト https://jami.ph/clinic/

病院(4)Tokyo Health Link(東京ヘルスリンク)

Tokyo Health Linkはマカティ市とアラバンにある日系の大型クリニックのひとつです。

診療以外にも、検査などで利用しやすい病院です。日本人の通訳士が常駐しており、診療サポートを受けることができます。

詳細情報

営業時間 月〜土曜 8:00〜20:00
日曜 9:00〜18:00(要問い合わせ)
電話番号 【Makati】02-819-2010 / 02-819-1161 / 02-819-5816
【Alabang】02-772-2678 / 02-772-3315 / 02-772-2679
住所 【Makati】Sunnyvale Building (KODAK Building), 2247 Don Chino Roces Avenue, Makati City

【Alabang】Unit R-2 El Molito Building Madrigal Avenue, Ayala Alabang, Muntinlupa City
公式サイト http://www.tokyohealthlink.net/

病院(5)The Medical City(メディカルシティ)

The Medical Cityは日系企業が多く進出するエリアのひとつ、オルティガスセンターにある総合病院です。

規模は国内最大級で、最新の治療にも力をいれています。本院以外にフィリピン各地にサテライトをもち、身近なショッピングモールでもクリニックを見かけることがあります。

詳細情報

営業時間 救急は24時間、外来は医師による
電話番号 02-988-1000 / 02-988-7000
住所 Ortigas Avenue, Pasig City
公式サイト http://www.themedicalcity.com/

病院(6)Asian Hospital(アジアンホスピタル)

アラバンにある大きな病院といえばアジアンホスピタル。

周辺施設と比べると診療費は高めといえますが、安心できる設備と医師がいるという評判で日本人の利用者が多い病院のひとつです。

詳細情報

営業時間 救急は24時間
電話番号 02-771-9000~2 / 02-876-5755
住所 2205 Civic Drive, Filinvest Corporate City, Alabang, Muntinlupa City
公式サイト http://www.asianhospital.com/

緊急の場合は救急車を活用しよう

マニラ 病院 救急車

緊急番号は「911」

2016年ドゥテルテ大統領の就任後、フィリピン全土の緊急呼び出し番号が「911」に統一されました

これは、全国どこからコールしてもエリアごとに設けられている管轄の緊急対応システムに転送されるというもので、大きく警察部門(the Philippine National Police :PNP)と消防部門(the Bureau of Fire Protection :BFP)に分かれています。

救急車が必要な場合、誘導に従い消防部門へ救急要請します。

英語で対応する必要はありますが、土地勘のない場所で救急車を呼ばなければならなくなったときなどのために覚えておきたい番号です。

救急車(ambulance:アンビュランス)と緊急事態(emergency:イマージェンシー)という単語だけでも日頃から練習しておくと安心です。

滞在地域に救急車があるか確認しておく

マニラの救急車は、病院が持っているもの、自治体が管理しているもの、民間会社のもの、赤十字が持っているものなど、何種類かあります。

種類によって搭載設備にも差があります。

たとえば私立病院所属の救急車は生態監視モニターや高度な医療設備が整っていたり、場合によっては医師が同乗することもあるため、他の救急車に比べて搬送中に行える医療処置の範囲が広いという特徴があります。

また、渋滞の激しいマニラでは、上記の911で要請するよりも直接病院や自治体の救急ナンバーにコールして、救急車を要請したほうが早い場合があります

長期滞在の場合などは、滞在先の自治体や近所の病院が救急車を持っているかどうかや、呼び方と電話番号を確認しておくことをおすすめします。

例)
Taguig市:0917-821-0896(Doctor-On-Callという緊急医療サポートの番号)/Emergency Hotline 165-7777
Makati市:02-895-8243, 02-899-8928, 02-896-2828(Makati Rescue)

日本語サポートを利用する

マニラに滞在するとき、海外旅行保険や会社のヘルスケアサービスを備えている人は多いと思います。そのサービスの範囲で日本語サポートを利用できる場合は、代わりに救急車を要請してもらうことができます。

代表的なところでは、ジャパニーズヘルプデスク(緊急24時間ホットライン:02-817-1289)やWellbe(日系企業が契約するかたちで医療サポートなどを提供している会社)などがあります。
参考記事:マニラで具合が悪くなったときに頼れる医療サポートサービス5個

各社対応している医療保険が異なりますので、健康なときに自分の保険ではどのサービスを利用できるのか確認しておくことをおすすめします。

なお、海外旅行保険そのものにも電話でのサポートがついている場合がありますので、その場合は利用方法を確認しておく必要があります(対象、連絡先、コレクトコールが必要かなど)。

フィリピンの電話番号の国番号は+63番、日本は+81番です。

救急車は一部有料

マニラにはさまざまな救急車があり、種類や搬送範囲によって有料となることがあります。明確な基準は設けられていないため、思わぬ高額になることもあるかもしれません。

公的な救急車(自治体保有や国の管轄)は無料であることが多い印象です(地域にもよるので詳細は確認してください)。

私立病院保有の救急車の場合、1,000〜6,000ペソ(約2,100〜12,600円)程度の搬送費用がかかると言われます。

ただし、近隣エリアは無料など規定を設けている病院もあります。
例)タギッグ市のSt. Luke's Medical CenterはBGC内の救急車の搬送は無料、など

民間のEmergency Response Serviceも多数あります。

イベントごとに救急車を配置できたり、会員登録をすることで無料でいつでも救急搬送を依頼できたりします。マカティ市のRockwell(ロックウェル)地域など、自治体で民間サービスと契約している場合もあります。

例)LIFELINE:個人でも年会費2,000ペソ(約4,200円)〜の会員登録をすることで、いつでも救急車を無料で呼ぶことができます。

Load(ロード)を忘れずに

プリペイドで利用する際の携帯電話料金のことを「Load(ロード)」と呼びますが、緊急時に備えて常に通話できるようにしておくことが重要です。

具体的には、ロードカードの予備を用意しておく、スマートフォンからWeb経由でロードできるような手段(Grab Payなど)を確保しておくなどです。

緊急番号911の通話料は無料ですが、病院の救急車を要請する場合やヘルプデスクのサポートを依頼する場合は通話料が必要になります。

LINE留学相談

マニラの病院を利用する際の注意点

マニラ 病院

注意点(1)保険証もしくはデポジット・クレジットカードを用意する必要がある

マニラの病院、特に私立病院では、支払い能力がないとみなされる患者は受診を断られることがあります。

緊急時の対応のため、海外旅行保険の保険証は必ず持ち歩きましょう。

また、保険が対象外になることに備えて、クレジットカードを持ち歩くか20,000〜30,000ペソ(約42,000〜63,000円)程度の現金(デポジットに利用する)をすぐに引き出せるようにしておくと良いと思います。

注意点(2)付き添いが日常生活の介助をする

マニラに限らず、フィリピンでは付き添いの家族や友人が入院患者のお世話をすることが前提になっています。

日本では看護師の役割とされる食事の介助や清潔保持の介助は、マニラでは基本的に家族がサポートするものとされます。私立病院ではたいていのことは頼めば融通をきかせてくれますが、依頼しないと動いてくれません。

体を拭きたい、テーブルの位置を動かしてほしいなど、細かいことでも配慮を期待せずに、前もって依頼することが大切です。

まとめ

マニラの医療事情と日本人が安心して受診できる病院、緊急時の対応をまとめました。

アメリカ式の医療が入ったフィリピン、特にマニラでは信頼できる医師がいる病院もたくさんあります。医療費は公立と私立で差があり、日本と比べて必ずしも安いわけではないので、保険で備えておくと安心です。

具合が悪くなってからいろんなサポートやかかる病院を選ぶのは大変ですので、元気なうちに第一優先の病院や保険の種類をご家族や同僚の方と確認してくださいね。

マニラ留学の詳細はこちら

LINE留学相談

マニラ留学ガイド

マニラの地区・周辺エリア情報

マニラ留学の特徴とメリット・デメリット

マニラへ渡航する前に知っておきたい両替情報

マニラの治安情報

マニラのおすすめ観光スポット情報

マニラの空港情報と市内へのアクセス方法

マニラの現地生活情報

マニラの天気・気候と服装

1週間のマニラ留学費用の内訳と総額

1ヶ月のマニラ留学費用の内訳と総額

3ヶ月のマニラ留学費用の内訳と総額

半年のマニラ留学費用の内訳と総額

1年のマニラ留学費用の内訳と総額

マニラ留学の失敗事例と後悔しないためのポイント

マニラの病院情報

マニラの交通事情まとめ

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学カウンセラーが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学カウンセラーへ相談する

03-6416-0980

お気軽にお問い合わせください。

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

無料留学相談は
こちらから

留学カウンセラーへ相談する

03-6416-0980

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。